スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

改善傾向

pk_33.jpg1ヶ月と3週間。
これは、病院へ通わずに過ごせている
ジジさんの日々
でありまして、
生後6ヶ月で膵炎を発症して以来の
新記録なんであります。

突然の入院以来、毎週のように通院した
月日は、実に2年。
時が経つのは早く、病の治りは遅く ...
ではあるけれど、なんとな~く
アレルギー性疾患は影を潜めつつあるように、思える時間が続いています。
というのも。薬を飲んでいないのに下痢も嘔吐もしていないから、なんです。
胃の薬、腸の薬、吐き気止め、ステロイド。その時、その時の症状によって
種類は変われど、ほぼ毎日、なんらかの薬を飲んでいたジジさんですが
9月第2週より減薬(2 ~ 3日おきの投薬)を開始し、9月27日が最後の投薬となりました。
ということは、3週間も薬を飲んでいないのでありましてこれまた、新記録!なんです。

pk_32.jpgもちろんジジさんの頑張りが一番なん
ですが、食生活の見直しもこの嬉しい
記録の背景にありそうです。

腸炎を患った7月下旬より主治医命令
療法食 i/d を主食としたジジさんは、
その味気なさを補う意味もあって
プサコキッチンさんのディアワン
20g 程、お昼に食べていました。
i/d + ディアワンの組合せで、1ヶ月。
その後、i/d を手作りごはんに戻しディアワンと組み合わせて、1ヶ月と2週間少々。
素材にこだわり手作りでドライフード化したディアワンと
僕らが食べてる食材を僕らが調理した手作りごはんのコンビネーションで、
ジジさんの口に入るものに可能な限り不透明な部分をなくそう、という作戦です。

pk_30.jpgサプリメントもお試し中です。
栄養補助食品というジャンル、個人的には
あまり肯定的ではないのです。
でも、ジジさんの腸では悪玉菌(腸炎発症
の元凶)が活発に働いているようでして、
これをなんとかするには善玉菌に頑張って
もうらうよりほかない、のでありまして。
そこで。
乳酸B なる(少し)怪しげな商品を
試すに至ったわけです。
8月21日より 0.1cc を目安にほぼ毎日、与えているジジさんサプリ。
お肌まで綺麗になりそうな乳酸B、でしょうか?

pk_31.jpgオメガ3脂肪酸、という成分があります。
この成分、ステロイド剤と作用が似ている
とする説があるようなのです。

一般に処方されるアレルギー・炎症治療薬の多くは、アラキドン酸に由来するアレルギー促進分子の活動を弱めることによって作用を示します。オメガ3脂肪酸も、アラキドン酸由来の生理活性分子の活性を弱めます。
医薬品の場合は対処療法的であって、リノール酸を多量に摂取して身体をアラキドン酸で満たしている限り、薬剤投与を止めると再び激しい炎症が起こり得ます。
これに対して、リノール酸(オメガ6)の摂取を減らしてオメガ3脂肪酸の摂取を増やすことは、身体内の細胞を構成するアラキドン酸をオメガ3系列脂肪酸で部分的に置き換えることになり、アレルギー症状が出にくい体質につながります。
商品紹介サイトより)


宣伝文句ですから話半分に理解するとしても、アレルギー症状が出にくい体質に ...
という部分が大いに気になります。
アレルギー対策ドッグフードの成分表でもよく見かける、オメガ3脂肪酸。
ディアワンにも入っている、ω3。
そこで。
オメガ3脂肪酸が多く含まれるグリーンナッツオイルというものを購入してみました。
不定期ながら少量をごはんに混ぜて与えています。


素材にこだわる手作りフード、乳酸菌サプリ、そして、オメガ3。
薬を飲まなくても元気に暮らせている今、
これらの3要素がアレルギーを封じ込めつつある。 と考えるには、
まだ早計かもしれませんが ...
そうであって欲しいと願う僕たちなのでした。


gigi_473.jpggigi_472.jpg
gigi_470.jpggigi_471.jpggigi_469.jpg

おかげさまで、元気に走り回ってますぅ



スポンサーサイト
22:00 | アレルギー性疾患 | comments (5) | trackbacks (0) | edit | page top↑

small step

pk_22.jpg大人の雰囲気が漂う青山へのクロスロード
人生ならぬ、犬生の。
食の岐路は、ここにある?

療法食とは別の食べものも欲しい
ジジさんのためにやってきたのは、
東京都道418号北品川四谷線のごく一部
青山霊園から仙寿院交差点へと至る区間の
通称、キラー通り。
('70年、コシノジュンコ命名とのこと)
... を外れ、熊野神社方向へ少し歩を進めた
閑静な商店街の一角なのでした。

過去の経験からすれば、
口にするもの全てが療法食というのは
医学的には正しくとも、生活面では
食への興味を失う道を歩んでいるような
ものであり、あまりよい傾向ではないと
思われるのです。

pk_25.jpg

pk_23.jpgましてや一泊二日の夏旅行を1週間後に
控えた、8月9日のこと。
(現在の)主食たる i/d 缶の箸休めに、
旅行時の晩御飯に、
ディアワンは、いかがかなぁ?
それ。さんせいで~す
とっとと横断歩道を渡り、
一直線に入り口を目指すジジさん。
美味しいものには鼻がきくんです。

ふた月ぶりではありますが、
優しかったプサコキッチンの記憶は
ジジさんの頭の中に今もあります。
開けるドアの時間ももどかしく
鼻先を突っ込めば ...
わんわんっ  ・・・・・
お姉さんならぬイヌのお出迎えは想定外!
入店を躊躇うジジさん、引き返す?

pk_27.jpgしかし、美味しさ漂う誘惑の前では
そんなのは小さな障害に過ぎません。
勇気を持ってガラス戸の向こうへと
足を踏み入れたジジさん、曰く ...

That's one small step for a dog,
one giant leap for dogdom.


これは一匹のイヌにとっては
小さな一歩だが、
愛犬家にとっては偉大な飛躍である

... なんだそうです。

手作りごはんの趣を持ったドライフード
ディアワン が giant leap であるのは
図らずも我が家で大量在庫となっている
件のフードが証明しております。
国産手作りにもいろいろ、あるようです。

さて、ディアワンには、鶏、豚、馬と3つのお味があります。
ジジさんと一緒にどのお味にするか悩んでいたら、イタグレさんのご来店~
ディオティムスくん、8ヶ月(?)の、元気いっぱいな男の子。
さっそくご挨拶に来てくれましたが、そこはシャイなジジさん。
案の定、ジリジリと後ずさり ... 。 したところで、プサコ・オヤツが登場しました。
(お店の)お姉さんから渡された 細切りささみ を(我が家の)おかーさんが
手にすると、隅に退避していたジジさんがさり気なく近寄ってきました。
(あの子が)こわいけれど。それ、食べさせてぇ~
pk_24.jpg

なるほどぉ、そんな手もあったのねぇ---
美味しいオヤツに含まれる、恐怖心を克服させるパワー。
同じ釜の飯を食った仲間 なんて諺も古来よりあるわけですし、
お相手(の飼い主)さんに了解して頂けるなら、
友達作りのキッカケに オヤツ作戦を試してみようか、と心にメモするのでした。

gigi_479.jpg腸炎事件以来、手作り食を中止され
療法食 i/d で暮らす、ジジさん。
その味気ない生活に潤いを与える
小さな一歩は、
チキン味のディアワン 600g でした。
手作りごはんへ戻るための small step 、
青山へのクロスロードで踏み出した
小さな一歩が大きな飛躍となるならば
安いもんだよ、これくらい

主食は i/d 缶のジジさんなので、ディアワンは補食という位置付けになります。
オヤツ感覚で与えるディアワンは一日あたり 20g くらいとしたので、
1ヶ月は持つはずだったのですが ...
2週間を過ぎたら残りは僅か、となっていました。
計算がおかしいけれど、残り少ない事実は現実。
また買えばいいけれど、懐に痛い事実も現実。
でも、ディアワンを食べていたこの二週間。
ウンチが柔らかくなったり、出されたものを残したり、吐いたりすることもなかったし。
ジジさんに合っているドライフードであることは紛れもない、事実。

というわけで、2週間後の8月23日。
小さな一歩を踏みにまたまた、青山へのクロスロードへやって来たのでした。

pk_26.jpg





11:38 | ジジの食 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ドライフードを探して

その名を知ったのは、ジジさんが毎週のように病院へ通っていた頃なので、
案外と前のことです。
動物病院の待合室に置かれた雑誌、interZoo だったか、Peppy だったかで読んだ
国産・手作りフードの、誌面。
なるほどぉ~と思わせる説得力が記事(広告?)にはあったのですが、なにせ
療法食生活を送っていた当時のこと。ジジには関係ない話、で終わったのでした。

gigi_159.jpg時は流れ、療法食から手作りごはんへと
ジジさんの食生活も変化しました。
素人の手作りごはんだけでは心許ないので
補食として市販のフードをあげることにし、
探し始めた良質のドライフード。
思い出すのはあの、国産・手作りフードです。
でも。試すには、至りませんでした。
店頭に並ばない通販専用だったから ... 、
かもしれません。

僕らの選択は、お店で買えるピナクルでした。
能書きも良いし、評判も悪くないし、なにより
100g づつ小分けされたパッケージが、
(ドライフードの消費量は少ない)ジジさんの
食生活にあっていたから、です。
ところが、近頃。ピナクルは店頭より姿を消しているようなのです。
いつも買っていた(近場の)浅草や豊洲のショップでは 在庫限り とかで、
再入荷の予定はないそうな。
なんか、問題でも起きたのかしらん?
小心者の消費者はちょっとしたことでも疑ってみたりするのです。
まぁ、ジジさんにしてもピナクルは飽きていたようなタイミングだったので、
代わる何かを探し始めたわけです。

gigi_451.jpgそこで再び、国産・手作りフードです。
記憶にあったあの名前、吉岡油糧 には、
惹かれるものが確かにあったのです。
だけどもどうしたって、通信販売。
初めてのお客様は専用フォームにて
なにやらの書き込みが必用らしい。
これはやっぱり、ハードルが高い。
で、結局。僕らは、お店で買える
プサコキッチンさんを選んだわけです。

pk_21.jpg人が食べる素材を丁寧に加工し
保存料や着色料や不純物を加えることなく
そして、なにより。
作る人の顔が見えるプサコキッチンの
ディアワンは、あげる人も食べる犬も
大満足のフードであります。
ただ一点、その価格を除いては ...
1kg で 5,000円にならんとする
ウルトラ・プレミアムなフード、って。
下町ムスメにはどうなのぉ~
良質な素材と手間を惜しまない、素晴らしい(いや、ホントに)クオリティの代償は
あまりにも現実的でございまして、
継続的な医療費を盛り込まなくてはいけないジジ家計は、青色吐息~
食育とは、難しいものよのぉ

gigi_444.jpgディアワンが残り少なくなってきた
今月初旬。僕らはまた、考えました。
ジジさんも大好きなディアワンをこのまま
続ける前に、知っているもうひとつの
国産手作りフード を試してみようか、と。

通販専用らしく、しゃれたパッケージで
届いた 吉岡油糧の、お試し体験セット
興味津々の人間とイヌはさっそく
新しい味覚を試してみたのでした ... 。





20:00 | ジジの食 | comments (3) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ジジのスペシャル豚雑炊

pk_04.jpg材料は。いつものように ...
・穀類 : 白米
・肉類 : 豚もも肉
・野菜 : じゃがいも、大根、カボチャ、など
そして ...
写真左側のクリーム色の物体が今回の主役、
豚エキス(豚骨スープ?)です。
プサコキッチンさんで見つけました。
  冷凍、店頭販売のみ、1袋 \150 - 也
pk_05.jpg豚をじっくりと煮込んだ旨味成分の固まり
みたいなもの、でしょうか。
これを使って、豚雑炊を作ります。
さて、ジジさんは喜んでくれるでしょうか?

刻む包丁の音もリズミカルに、
あっという間のひと口サイズ野菜。
続けて少量の水で野菜を煮込みます。
最初っから豚スープを使わないのは
pk_06.jpg解凍するのを忘れていたからです。
野菜を煮込む水が解凍を促すと思うので
たぶん(?)冷凍のままでも大丈夫でしょう。
それに。アク取りの問題もありますし ...
美味しい(であろう)豚スープを
アクと共に捨てるなんて、もったいない。
一滴でも無駄にしたくない貧乏性の調理人
なのでした。
それにしても、アク取りってやつは。
pk_07.jpg地味な作業ですなぁ ...

野菜が少し柔らかくなってきたら、
別の鍋で茹でておいた豚肉を刻んで
入れます。
再び湧き出るアクとの闘いが終わると
煮汁も澄んできて、あとはこのまま
しばらく煮込むだけ、なんですが。
今日はここからがいつもと違うのです。
pk_08.jpg豚スープを塊のまま入れてみます。
すぐに溶け出して、煮汁が白濁してきました。
キッチンに漂う、食欲をそそる香り。
ちょいと、味見してみましょう。
おぉっ、コクがあるぞ♪
もちろん味は、ないのです。
でも、醤油を垂らすだけで
ラーメンスープに使えそうな深みが、
オタマの中にはあったのでした。
pk_09.jpg
あれっ、ジジさん。寝てたんじゃ?
確かに、寝ていました。
野菜を刻んでいる時も、
豚肉を茹でている時も、
あくを取っている時も。
お気に入りの寝袋の中で丸まっていた
というのに。
溶け始めた豚スープが放つ旨そうな香りが
目覚めさせてしまったようで。
いま舐めたものをワタシにもくだされ
いつになく切実な表情が
真剣なお願いであることを物語っています。
でも。ダメ、です。つまみ食いはいけません。
後で、おかーさんに怒られるよ~

普通なら素直にあきらめる
pk_10.jpgジジさんなんです。ところが、今日は。
キッチンから去ろうとはしないのでした。
未練タラタラと鍋を見つめ続けるジジさん、
今日はナニカが違う って
気づいているんですね。
では、鍋の番をジジさんに任せて
調理人はベランダで一服しましょう。
とろ火で10分も煮込めば出来上がりですから。

胃腸の弱いジジさんなので野菜は柔らかめ、
ジャガイモが煮崩れする寸前が頃合いです。
調理人としては出来たてを食べてもらいたい
ところですけれど。
イヌは熱いものを食べれないのでした。
人肌になるくらいまで冷まします。
この間、ただひたすらに時を待つジジさん。
一点集中型、なんですかね。

pk_11.jpgpk_12.jpg

pk_13.jpg
ちょうど良い温度まで冷めてきました。
ジジさん愛用の食器に盛り付けましょう。
野菜に絡む豚エキスが食欲をそそります。
量は、100g ジャスト。
足りなかったら後でおかわり、ね。

指定席(と言っても床の上ですが)に、
ランチョンマットを敷き
ジジさん専用卓袱台をセットすると。
待ちくたびれましたぁ
とばかりに、席に座るのでした。
こんな時だけは。
とってもお利口さん、なんです。

今日はご馳走だからねぇ~
pk_14.jpgまだっ?
まだっ?
まだっ?

耳を大きくし、いただきます の挨拶を待つ
夏の夕べなり
pk_15.jpg
よしっ!
やったぁ♪
素晴らしい、勢い。
この食べっぷりが調理人には嬉しい瞬間です。

どうですか? おいしいですか?

pk_16.jpg
うまいっ!

うまいっ!

うまいっ!

うまいっ、んですねぇ。
食べ方が違うのです、いつもとは。
いや、ただの豚雑炊でも うまいうまい
食べてくれるんです。
でも。
この豚スープ入りスペシャル版は、
一心不乱度が違うというか、なんというか ...
pk_17.jpg
調理時間 40分 の豚雑炊 100g は瞬く間に
胃袋へ。
そして、食べ終わった食器を舐めてます。
なにも入っていないボウルを舐め回す、
その舌の回転スピードたるや。
1/20s シャッターでは捉えきれない速さ
だったのでございます。
pk_18.jpg舐める領域はボウルの外側へ。
盛り付けた時にこぼれた汁までをも
腹の足しにするつもりのようです。
ふと、思いました。
ここまで舐め回すのは、ふだんは
あまりない行為です。
この、豚スープ。
そんなに美味しいのでしょうか?
pk_19.jpg
内側を舐めて、外側を舐めて、もう一度
内側を舐め直す、ジジさん。
確信しました。
この、豚スープ。
とっても美味しいのだ、と。

このスープに含まれる旨味成分は、
イヌの嗅覚を刺激してやまない
のでしょうね。
ゼラチン質でもあったことから
コラーゲンがたっぷりと入っているようです。
走ることが大好きなイタグレですから
脚や関節は丈夫であって欲しいし、
その栄養補給に最適だったりして。

美味しくて栄養満点の、豚スープ。
ジジさんのソウルフードに、決定!
pk_20.jpg
気の済むまで舐め続けられた
まるで洗ったかのようにピカピカの
ボウルを前にして、
片足をあげながら催促のポーズ。

おかわりは?
おかわりは?
おかわりは?

はい、はい。
じゃあ、あと 60g ね。

スペシャルな一品料理で大満足の
一夜だったのでした。




20:00 | ジジの食 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

プサコさんのディアワン

gigi_422.jpgドッグフードのおかげで犬は長生きになった

初めて犬を飼うことになった僕たちが
集めた情報では、そうなっていました。
ペットショップのアドバイス然り、
飼い方マニュアルの記述も然り、
ネット検索した結果のランク上位も然り。
人の4倍くらい速いペースで時を刻む
小さな相棒と少しでも長く一緒にいたいから。
ジジの食事はドッグフード が当たり前だったし、疑うこともなかったのでした。
ところがジジさんは、そうは思っていなかったのかもしれません。
無言の反乱を起こした2年前の夏以来、ドッグフードが正しいとは限らない?
犬常識に疑問を持った我が家では、食に関する新たな知識を求めたのでした。
試すフードを数えれば数えるほど、
フード業界の内情を知れば知るほど、
ジジさんの食欲が減退すればするほど。
ドッグフードへの信頼は薄れていったのです。
手作りごはんをメインにしたジジさんの食生活にはそんな背景があります。

pinacle_02.jpgいま、ジジさんの食事量は一日あたり
260g ~ 280g ですが、そのうち
20g ~ 30g が市販のドライフードです。
なんだかんだ言ってもドライフードには
携帯性、保存性、簡易性の三拍子が
揃っていて、例えば
公園でのお昼、お留守番の暇つぶし、
(考えたくないけれど)入院時の食事など、
手作りごはんには難しい状況でも確実にジジさんの空腹を満たせる魅力があったりします。
僕らの手作りごはんだけでは栄養の偏りも気になるし ...

pk_01.jpgとなれば、どんなフードがいいのだろう?
ジジさんが食べるは Breeder's Choice 社の
低アレルギーフード Pinnacle です。
小麦から生成されるタンパク質、グルテンに
アレルギーを持つワンちゃんのために ...
メーカーの主張には 成る程 と思わせる
なにかがありました。
実際、長らく食べているジジさんに
これといった反応がないことから
良質のフードとは、思うのです。
けれども、ジジさん。
近頃ではあまり、食が進みません。
さすがに飽きてしまったのかなぁ?
そろそろ違うお味を~
と、申される犬のムスメのために
胃腸に優しくて美味しいドライフードを求めて
行ってきた、プサコキッチンさん。

pk_02.jpg手作りドライフード ディアワン には
チキン、ポーク、馬肉と、3つのフレーバー。
違いは直接、ジジさんに確かめてもらう
ことにして、一番小さな 60gパッケージを
3つ買ってきました。

封を開けてビックリ。
ほんのり、ハーブの香りです。
愛らしい、不揃いな粒々です。
つまんだ指に、サラッとしたドライ感です。

まずは食べてみました、僕らが。
奥歯で粒をカリッと噛み砕いた瞬間、
口に広がる素朴で豊かな風味。
もうひとつ、食べてみましょうか ...
塩でも振りかけたなら、
人間用のおつまみとして成立してしまうほど
きちんとした食べ物だ、と思います。

pk_03.jpg主たる食事犬のジジさんは、どうですか?
うまいーーー
新しもの好き、という点を割り引いても
ディアワンに対する興味は相当なものです。
フードの袋を持っている限り、
くれ、くれ 攻撃は終わりを見ないのでした。

1日のドライフード 20g のうち
半分をピナクル、半分をディアワンとして
約2週間。
両方を混ぜ混ぜしてあげると選り分けて
ディアワンを先に平らげてしまうジジさん、
ピナクルよりも美味しいんでしょうね。
消化もちゃんとできているし、
ニキビやハゲなどの症状もなし。
アレルギー体質のジジさんはついに
素晴らしいドライフードと出会えたようです。


なんでもそうですが。
作っている人の顔が見える製品には、とても大きな安心感を覚えます。
命の源である食べ物は特に、そう思うのです。
店内で手作りしているプサコキッチンさんはその意味での信頼感もあって、
ジジさんのドライフードやおやつはここから ... に、したいんですけれど。
問題は、甲斐性のないおとーさんの懐具合でして。
ん~、(自分たちの)食卓から一品削りましょうかねぇ




20:11 | ジジの食 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。