スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

初売り

拡大する?特殊体型犬種の専門店ピムリコさんから
初売りのご案内を頂いたので、三が日の
最終日は代々木詣でと予定を立てたものの
寒い外には出たくな~い ...
  と駄々をこねる我が家のイヌ
のせいかどうか、家を出る頃にはお日様も
だいぶ西寄りになっていたんであります。
ハガキによれば正午から始まる初売り、
開店前から行列ができるピムリコさんの
新春バーゲンですから、今から行っても
たいしたモノは残ってないんじゃなかろうか? 
いやいや、残り物にあり!って言うじゃありませんか。

拡大する?
てなわけで行ってきた、大波が去ったあとの静けさ漂うピムリコさん
隙間の目立つ商品棚は開店時の混雑模様を物語るわけですが、それでも
ジジさんに似合う(服)を見つけてラッキー♪な記念の一枚なり~

お店を出てきたジジさんが着ているこの一品、ジジ母が色に惚れて選んだものです。
というのも ... 前日に近所のカフェでお茶したティアラちゃんとバブルくんの
身につけるジャケット(もちろん、てぃばぶさんお手製)がパープルでして
そのお洒落さに甚く感心したジジ母の頭の中は紫色に染まっていたから
...
なんであります。
拡大する?
ティアラちゃんが着ていたパープルジャケットを着てみたジジさん
シールの毛色にも紫は合う、んですなぁ

実を言えば、レインコートとか、キルティングスーツとか、その他いろいろと
気になるモノはあったんですが、サイズ(IS)がない、色がない、予算が足りない等々で
帯に短したすきに長し ... やはり初売りは開店前から並ぶ根性がないとダメですね。

せっかく代々木まで来たんですから帰る前にちょっと公園でも散策と、ドッグラン付近へ
歩いて行くと見慣れたイタグレさんが♪
ティアラ先生だぁ~
拡大する?拡大する?
広い東京の空の下で偶然に出会ったティアラちゃん
原宿のお買い物途中に公園へ立ち寄ったんですって

拡大する?
出会いも偶然ですが着ている服も同系色という奇遇さ
気が合うもの同士仲良く ... のはずが
微妙な距離感を保つジジさんのせいで、うまくまとまらず

出遅れた割には良い品を買えて良かった良かったの、ピムリコさん初売りセール
お友達にも会えたし大満足の一日だったのでした~

が、しかし。
何度も服を脱がされ着させられ、で。ご機嫌斜めのジジさん。
近頃お気に入りのぬいぐるみに八つ当たりする夜だったのです ↓
拡大する?
チーム墨田のクリスマス会で当たった えりーさん からのぬいぐるみ
遊びすぎで原型が崩れつつある今日この頃 ...



続きを読む
スポンサーサイト
15:30 | ジジの服 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑

代々木公園冬景色

yoyogi_001.jpg今シーズン一番の寒さ
が、連日のように更新された東京です。
雪こそ降りませんが、関東特有の
乾いた北風が身にしみる今日この頃。
寒波襲来の知らせは
我が家の ぐ~たら娘 が 巣ごもり娘 に
変身する合図でもありまして、いよいよ。
冬本番なんですね。

巣ごもり娘になるとやっかいなのは
気力体力を持て余すせいか
夜になると元気になっちゃうこと
でして、所狭し(実際に狭い)と
部屋中を駆け回っては、
同居人の邪魔をするわけです。
冬の夜長に、
ゆっくりテレビも見れないってのは
ちょいと困りものです。
そこで ...

yoyogi_007.jpg今日は、代々木公園にやって来ました。
広い草地で走り回れば夜もグッスリ
... という魂胆です。

冬への衣替えが進行中の代々木公園は
あちらこちらに落ち葉の吹きだまりが
残されていました。
秋の忘れ物を見つけたジジさん、
寒さを忘れて大ハシャギです。

yoyogi_002.jpg
yoyogi_003.jpg
yoyogi_004.jpg
yoyogi_005.jpg

yoyogi_006.jpg地面に降り積もった
冬の日差しに染まるイチョウの葉。
歩くイヌの足下で、
フワッと舞い上がる黄色い葉。
走るイヌの後を
カサカサと追いかける扇形の葉。
落ち葉の絨毯は、
遊ぶイヌに面白く
見守る人間に美しいところ、
だったんですね。

緑濃い夏とは異なる景色で
来園者を迎える代々木公園の冬。
都会のど真ん中にも四季を伝える
自然はありました。

例え人の手が入っているとしても
樹木のある空間はいいもんだ、と
思うのでありました。

季節の風物詩を見学するために表参道へと足を伸ばした後、
パーキングまで戻る道すがら再び園内に入ると、キャリーバッグから顔を覗かせる
愛らしいイタグレさんに遭遇しました。
ルナちゃんとリケくん
お話を伺えば、お住まいも同方向で、さらに。
ティアラちゃんとバブルくん、ともお知り合いだったのでした。
冬の代々木公園、こんな偶然もあるんですねぇ~ ♪



21:55 | ジジの散歩 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

うぶすな

ubs_02.jpg渋谷、原宿から流れてきた老若男女で
賑わう代々木公園を後にし、
公園を東西に貫く井の頭通り沿いに
まっすぐに西へと歩いて行くとやがて、
山手通り(環状6号線)に出会います。
首都高速 中央環状新宿線 の工事が
急ピッチで進められる富ヶ谷交差点付近は
殺伐とした光景ですが、高級住宅街への
入り口であったりするのです。

ubs_03.jpgそんな場違いなところになぜ
僕らがいるの? と言えばそれは
ランチを食べるため、だったのです。
代々木公園周辺にはイヌも入れる
沖縄料理のお店がある
、らしい。
調べた地図をプリントアウトし
代々木上原1丁目までやって来ましたが、
どうも場所がハッキリしません。
路線評価額で倍も開きのある街では
地図も読めなくなってしまう
下町の住人や、いと哀し ...

いや、ありました。
イヌも入れる沖縄料理のお店
うぶすな、が。
高級住宅街にはそぐわない、だけども
親しみのわく外観が見過ごさせたので
しょうか、迷い始めた最初の地点の
すぐ脇にあったのでした。

ubs_04.jpgubs_05.jpg

ubs_06.jpg店先にテラス席が用意されています。
店内でも犬連れ可なんだそうですが、
気持ちよい秋晴れの日だったので
テラス席で頂くことにしました。

三線の音色が耳に心地よい昼下がり、
透かしブロックの模様がなんとも
南国な雰囲気を伝える塀に囲まれて
しばし、旅気分を味わいましょうね。

ubs_08.jpgさて、何を食べましょう?
ゴーヤチャンプルも食べたいし、
沖縄すば(彼の地では そば を すば と
呼ぶらしく、メニューにもそう書かれて
おりました
)は外せないし ...
悩んでいたら、土日祝祭日でもやってる
ランチセットを発見、しかも。
500円ですとぉ~
京島もビックリの下町価格です。
いったい、どういう代物なんでしょう?

ゴーヤチャンプルランチと
焼きすばランチを頼んでみました。
お吸い物代わりの うちなーすば が
両方とも付きます。
美味いっ! です。
沖縄料理はそんなに知りませんが、
間違いなく美味しい部類に入ると
僕は思うのです。
これでワンコインは、安すぎないかぁ~
しかも、珈琲かさんぴん茶ならプラス 100円で飲める、んだそうで。
ファッショナブルで、セレヴリティで、エモーショナルな渋谷、青山、原宿のすぐ
近くなのに、僅か 600円で飲食できるランチなんて。
歩いてみるもんですね、街というものは。

ところで、イヌ用のメニューですが。
沖縄らしくミミガーなんてありました。
ジジさんにも食べさせてあげたかったけれどアレルギーの不安もあり、今回は
やめておきました。
もう少し(胃腸の状態が)信頼できるようになったら、頼んであげるからね♪


ubs_01.jpg



20:50 | ジジの散歩 | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑

シンチャオ! ヴェトナム

ve_001.jpg9月の代々木公園は毎週末がお祭りです。
第一週にブラジル フェスティバル、
第二週はスリランカ フェスティバル、
第三週がベトナム フェスティバル、
第四週でインド フェスティバル、と。
4回の週末で4カ国のエスニックを味わえる
嬉し楽しなスケジュールが組まれている
のでありますが、知った時は既に
ブラジルは終了していたのでした。

ve_002.jpgならば。
スリランカから参加してもよかった
のですが、その国がインド洋に浮かぶ
島とはわかっても具体的な食文化が
連想されず、行くのを躊躇ったのでした。
セイロンと名乗っていてくれれば
お茶を飲みに行ったのに ... 、なんて
気付いたのは後のことでした。

というわけで、越南 - ベトナム - です。
薫り漂う代々木公園イベント広場には
異国情緒あふれる屋台の数々。
フォー、生春巻き、バインセオ、チェー
などなど、なにがどうなんだか
門外漢にはさっぱりわからない文字が
踊っているのでした。
だからこその、コンニチワ ベトナム。
知ってる料理ばかりでは異文化は
体験できませんもの。

ve_003.jpgとりあえず、料理名と味が一致する
生春巻きを食べて、それからフォーでも
と、考えたのですが。
シルバーウィークまっただ中のこの日、
美味い(と想定される)屋台には
日が暮れそうなほどの長蛇の列です。
閑古鳥が鳴いてる屋台もあるのですが、
そういうお店はなぜか不味いような
気がしたりして ...


ve_004.jpg
なにか、たべさせてもらえるんですか?

ve_005.jpg
そうですか、イヌのたべものはないんですね。そうですか ...


結局、生春巻きだけで終わってしまった僕らの、コンニチワ ベトナム。
食文化は体験不足でしたが、トルン(ベトナムの打楽器。竹製)の生演奏を聴いたり、
生臭い魚醤の香りを鼻に含んだり、飛び交うベトナム語を受け止めたり、で
ちょっとした異国情緒は味わえたのでした。

ve_006.jpgそうそう、
この日ジジさんは大人気だったのです。
イタグレはベトナム人の、
心の琴線に、
触れるんでしょうか?
どこからともなく伸びてきた手が、
ジジさんの頭、背中、尻へ。
突然、大勢の人に囲まれたジジさんは
逃げ場を失って少々、
パニック気味となりにけり。
触る前に、サワッテモイイデスカ? と
問いかける習慣は残念ながら
持ち合わせていないようです。
これも、異文化体験かな?

食い損ないの触られ損でご機嫌斜めの
ジジさんでしたが、この後、大好きな
プサコキッチンさんへ連れてって
もらい、ご満悦だったのでした。




20:00 | ジジの散歩 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

代々木公園で、春

gigi_274.jpgあれぇ、今日もお休みですかぁ
このご時世ですからねぇ ...
では。クルマでお出掛け?
行き先は---
たまには違う場所がいいなぁ~
と申される、おかーさんの意見で
代々木公園に決定。
暖かな水曜日の出来事です。

gigi_275.jpg城東地区の我が家からは西南方向に
位置する、都立代々木公園。
江戸城(皇居)の脇を抜け
都心を横断する 18Km 程の旅。
(渋滞込みの)所要時間は約、1時間。
15分で到着できる水元公園とは
乗車時間が違うのであります。
まだ、着きませんかぁ ...
飽きっぽい性格のジジさん、
表参道を埋め尽くす動かぬ車列にシビレをきらし、運転手にガンツケるのでありました。

でもまぁ、なんとかなだめすかして到着した、代々木公園。
園内は春の陽気と平日ののどかさで満たされ、寒がりのジジさんも真っ裸でお散歩。
gigi_278.jpg暖かいって。幸せぇ~
久々に見る、裸族なジジ散歩。
ん~、まるで裸の大将放浪記ですねぇ
テッテケ、テッテケ、,,,
調子良く歩くジジさんですが。
気配を感じて行動停止。
この先に。なにかありませんかぁ?
そのなにかは、犬の社交場。
フラットな敷地に、ウッドチップ。
代々木公園のドッグランは素晴らしい ...
けれども、ジジさんには関係ない模様。
あそこへは行きませ~ん
引いても押しても動かぬ犬のムスメ、
なのでした。
gigi_276.jpggigi_277.jpg

ドッグランを嫌うのは想定内のこと。
方向を転じて、54ヘクタールの園内を散策してみましょうか。
存在を昔から知ってはいますが、実は全貌を知らない、代々木公園。
(生キャラメルの)花畑牧場より倍も広い敷地には何が、あるのでしょう。

gigi_281.jpggigi_280.jpg
gigi_279.jpg遊歩道沿いに春の証拠を発見!
なんて喜ぶのは、僕ばかり ...
ジジさんは?
見慣れぬ池に興味津々のようです。
なんかはねてますよぉ
だって、噴水ですもの。

少し先に、大好きなものを発見したジジさん。
早速、ニオイチェック。 って、アナタ。
そこは電柱じゃないよぉ~
日本航空発始之地 を語る、石柱。
時は明治43年、一機のフランス製複葉機が
爆音と共に空へ飛び立ちました。
日本で初めて飛行機が離陸した地は、
ここだったのです。そんな
歴史的な場所に粗相をしてしまっては
先人に申し訳が立ちません、ものね。

gigi_282.jpg引きずるようにその場を離れ、
さらに奥へと歩きます。
おやっ、ちょっとした広場がありました。

おかーさん、やる? ねぇねぇ
ん~、どーしようかな
え”~、やらないのぉ

目つきの悪さは、ご機嫌斜めでござる
という意思表示。
じゃぁ、やろっか
おかーさんが取り出したのは
ジジさんの野外用オモチャ、
フリスビーでした。
空に舞うディスク、地を駆け抜けるイヌ。
フリスビードッグもどき、のジジさん。
絶好調であります。

gigi_283.jpggigi_284.jpg
gigi_285.jpggigi_286.jpg
gigi_287.jpg
エンジン全開のイタグレは宙へ飛びます。
このジャンプ力が魅力であります。
でも、骨折の危険性も高いわけで。
もっと高く飛んで欲しいような、
飛んで欲しくないような ...

それにしても。
いつの間にジジさんは、
こんなハイジャンプができるように
なったのでしょう?
膵炎や肝炎を患っていた頃、
体が痛くて歩くのもやっとだった時も
あったのに。
飛び跳ねられる嬉しさを
純粋に表現するジジさん、
夢中でシャッターを切る僕なのでした。

sakura.jpg
カラスばかり ... そんな噂も
あるバードサンクチュアリを
右手に園内散策を続けると、
目にも鮮やかなピンクが
お出迎え。
桜が咲いていました。
寒桜でしょうか?
春はすぐそこ、に。
あるんですね、きっと。
gigi_288.jpg

ユニクロの水元公園に対し、アディダスの代々木公園。
同じ都立公園でもちょっとアダルトな感じを受けるのは、歩く人々が放つ
雰囲気のせいでしょうか。
例えば、週の真ん中の今日。
スーツ姿ではない働き盛りの人たちを、たくさん見かけます。
サラリーマンでないことは確かですが、いったい、何者なのでしょう?
デザイナー、フォトグラファー、シンガー、アクター?

そんな感じのオジサンと出会いました。
ダックスフンドを連れた、長髪の、(どっちかといえば)胡散臭い方。
この前ねぇ、コイツを独りで留守番させたら、布団の上にウンチしたんですよ ...
おとうさんは哀しかったなぁ

見た目とは大違いのユーモアあふれるオジサン、組織人とは異なる自由な発想が
言葉の裏にあったような。

gigi_289.jpg
面白い出会いに思い出し笑いしながら歩いていると
いつの間にやら、ドッグランに戻っていました。
フェンスの中では、ドーベルマンやサルーキが
走ってたりしています。これでは、完全に。
ジジさんは近寄れませんなぁ

というわけで。
代々木公園に別れを告げ、参宮橋門から
横断歩道を渡った、僕ら。
帰るんじゃないの?
帰る、前に。
ジジのお洋服を見てみよう、ネ
※ grindog 春の新作物語はまたの機会に



20:00 | ジジの散歩 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。