タグ:富岡八幡宮
| ホーム |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

魔女ランダの陰謀?

barong_01.jpg神輿深川、山車神田、だだっ広いが山王様
江戸の三大祭りといえば、
神田明神の神田祭、日枝神社の山王祭、
そして、深川の八幡祭。

神田祭は5月15日、山王祭は6月15日、
ひと月あけて、深川祭が8月15日、と。
えっさ、えっさ の掛け声もにぎやかに
江戸の夏は大きなお祭りが続きます。

barong_21.jpgその中のひとつ、深川八幡祭が行われる
門前仲町あたりは(我が家から)自転車で
30分ほどの距離です。
スリングバッグで!という条件付きながら
今年から自転車に乗れるようになった
ジジさん、
江戸三大祭りを見に行ってみましょうか?

しか~し、御輿が練り歩く日中の暑さは
尋常ではない今夏、人間二人とイヌ一匹の
自転車で行くお祭り見物隊は、日も落ちた夕暮れ時に出発したのでした。
(日中はジジ父が仕事、ジジ母は用事があった、というのが本当の理由なり)

barong_20.jpg
道中の木場公園で小休止。闇に沈む公園はちょっと怖い?


barong_02.jpg深川の八幡さまである富岡八幡宮では
祭礼の期間中、能の舞台や太鼓の宴、
お茶席が設けられたり、ジャズの演奏が
あったりで、境内は活気に満ちてます。
そんな奉納演芸のなかに、
ガムラン演奏とバリ舞踊があります。
日本の神に捧げしバリヒンドゥーの舞、
神秘的で幻想的な光景が展開する真夏の
ひと夜です。

barong_04.jpg
寺院を訪れる神々を護る戦士の入場 バリス・グデ(Baris Gede)

barong_08.jpg
神々を迎え もてなす、歓迎の舞 パニャンブラマ(Penyembrama)

barong_10.jpg
森の王(バナスパティ・ラジャ)にしてバリ島の聖獣 バロン(Barong)の登場

barong_14.jpgbarong_16.jpg
そして、魔女ランダ(Randa)現る!  バロンとの終わりなき戦いが続く ...


barong_11.jpg演奏と舞は、地元ゆかりの
ガムラングループ 深川バロン倶楽部 さん。
頂いたプログラムによれば、富岡八幡宮の
奉納演奏は1993年より始まり、今年で
17回目を数えるんだそうです。
歴史があるんですね~

それにしても不思議なのは、
バリの伝統的な宗教儀礼である舞踏が
日本のこれまた伝統的な祭祀施設の中で
行われていても違和感がない、こと。
神は国を選ばないというか、国は神を
(なんでも)受け入れるというか ...

なんて考えてたら、同じく不思議を
覚えるイヌが脇に一匹。
あのいきものは なんですかぁ?
どれどれ、確かめに行ってみましょう。

barong_12.jpgbarong_13.jpg
ってんで、バロン様の側で記念撮影(のつもりが、人だかりで断念)


barong_18.jpg下町の神社で繰り広げられた異国情緒が
幕を閉じた時、時計の針は夜9時を
まわっていました。
江戸の三大祭り(の、ひとつ)を楽しんだ
ジジさんも眠そうです。
さぁ、帰りましょう!
と、ここで。大きな問題が ...

実は、来る途中でジジ父の自転車は
パンクしていたのでした。どうやら
ガラスの破片を踏んでしまったようです。
すっかり空気が抜け、ただのゴム帯と
なってしまったタイヤでは、満足に走る
ことができません。
かといって、この時間帯。
営業している自転車屋さんは見当たらない
門前中町あたり。ここ(富岡八幡宮)から
我が家までの距離はおよそ、7km。
さて。ど~しましょう?

barong_19.jpg
帰宅手段を失ったことを知ってか知らずか、心持ち足取りも重いジジさん

どうしよう、こうしよう、と考えたあげく結局、
ジジ父はひとり、パンクした自転車を押しながら歩いて帰ることにしたのでした。
快足チーム(ジジさんが乗るジジ母の自転車)とは、別れを告げて ...

予定ではこの後、どこぞのドッグカフェでひと休みするはずだったのに
中途半端な終わり方となってしまった、ジジ家の深川祭。
パンクしたのは魔女ランダの陰謀?
でも、無事に帰れたのはバロン様が守ってくれたから?
バリの神々に翻弄された(?)、8月15日、終戦記念日の夜だったのでした。

barong_22.jpg
暗闇に浮かぶショーウィンドゥ、眠りを忘れたマネキン
見つめるジジさんはなにを想うや?




スポンサーサイト
17:00 | ジジの散歩 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。