スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

疑惑の水元

拡大する?空間線量の値が高いぞ~ などと
ささやかれていた都立水元公園。
ん~、ホントかね? なんて思ってたら
都が除染作業に乗り出すようで
ウワサは真実と知れた頃、
ジジさんが遊んでいたのはその(!)
疑惑の草むら、なんでありました。
そんなところに鼻面突っ込んでも
大丈夫なの~?

拡大する?
鼻面どころか背中スリスリまで始めてしまったジジさん
ちと不安 ... なんて思ってしまうところが哀しい水元なり


拡大する?報道発表によれば線量の高い場所は
駐車場の植え込み辺りで毎時1.2μSv!
除染作業が必要とされる値を上回って
いるんだそうです、が。その他の場所は
東京 - NYを往復する機内で浴びる線量
(0.19μSv)よりも低い毎時0.16μSv。
駐車場で遊ぶことはないですから
1~2時間、園内にいるぶんにはまぁ
問題ない(って言えば問題ない、か)

拡大する?
ここはいつ来ても気持ちいいなり~

拡大する?そもそも放射線の量と体への影響が
よくわかっていない素人に、公園で
測定された値が危険かどうかの判断も
つかないわけでして。
半日いたからってどうなることもない
ような気もするし、でも、それは
大いなる間違いなのかもしれないし。

ジジさんにしてみれば
数ある公園の中でも別格の水元公園。
尻尾を跳ね上げ楽しそうにスキップするその楽園でこんなことを考えてる事実が
罪深いトーキョーの今、なんであります。

拡大する?
安心して遊べるようになるといいネっ!


スポンサーサイト
17:00 | ジジの散歩 | comments (3) | trackbacks (0) | edit | page top↑

一期一会

201109_001.jpgなにやらのスポーツイベントが
水元公園であるらしいと聞いた9月11日、
出場するわけではないけれど見物がてら
行ってみたのでした。
もしかしてジジさん、水元は3ヶ月ぶり
早々にゴロ~ンと転がる様子からして
水元公園の草地は別格なんでしょうかね。
まっ、それもいいけど。早いとこ
スポーツイベント会場を探しましょう。

201109_002.jpg
置いてくよ~ と言われ、渋々立ち上がるジジさんなのでした

201109_003.jpg201109_010.jpg
なにもやってなかった広い広い中央広場から南の方角へ探索開始
メタセコイアの森も小合溜へ至る畦道にも秋の気配が漂い始めました


201109_005.jpgポプラ並木の先、涼亭(食事処)の手前。
拡声器から流れるアナウンスの声、
木立の隙間に見えるオレンジ色のネット。
イベント会場を見つけました。

Dog Event Club 主催 Run! Ran! Race!
既に2つの種目を終えこれからは
大型犬と遊ぼうワン友チーム戦
2レースが開催されるんだそうです。
201109_009.jpg
DECと言えば思い出すのはイタグレ祭り
あれから2年も経つんですねぇ ...

あの時の盛況ぶりからするとこの日の
イベント会場は少し閑散としてまして
参加者はいるんだろうか? などと
先を案じてしまったんですけど。
そんな心配は無用だったようです。


201109_011.jpg201109_012.jpg
ワン友チーム戦からのショット。イタグレさんと競争するのはボルゾイさん

2本に分かれた直線50mのコースを体高40cm以上の大型犬が駆け抜ける
大型犬と遊ぼう は、何よりもその迫力が印象的で、小型犬の保護者としては
デッカイって素敵だなぁ ... と。
加えて、イタグレと暮らす者としては(当然)同じサイトハウンドに属する
ボルゾイさんに目が行ってしまうのでありまして ...
201109_013.jpg優雅に走るボルゾイは華音さんでした。
初対面でしたが華音一家にはとても親切に
して頂き、ボルゾイの傍らで時を過ごす
贅沢を味わえたのでした。
   華音さんと暮らすウィペットの
   六花ちゃん。似て非なる種族に
   一応は近寄ってみるジジさん →

華音一家はこの日、もう一頭のボルゾイ
風雅さんとウィペットの六花ちゃんを
お連れになってました。で、まぁ。
この六花ちゃんが素直でかわいらしくて、走れば速くて。
ちょっとばかり(?)ウィペットに惹かれてしまったジジ家なんでありました。
201109_014.jpg
レース出場前の待ち時間、落ちてた枝でひとり遊びに興じる六花ちゃん


そうこうしているうちに会場も賑やかになってきました。
出場犬や見学犬にもお友達の姿がチラホラ ... ワン友チーム戦 の始まり始まり。
201109_007.jpg
お友達でチームを組めるなら犬種を問わず .... のガチンコレース
となれば、やっぱり。イタグレやウィペットの出場が多いようです。

201109_006.jpg
飛ぶように走る、イタグレさん
気持ちよさそうな表情が羨ましい~

201109_008.jpg
お友達のロンくん登場です
オヤジ嫌いなロンくん、コース脇の(僕を含む)ギャラリーが気になるようで

201109_017.jpg
ロンくんとは久々の再会ですが
恥ずかしがって目線をそらすジジなのでした~

201109_016.jpg
お友達応援団のマキネッタちゃんと遭遇
2週間前は知らんぷりだったジジもこの日はご挨拶できたようです

201109_015.jpg
こちらもお友達応援団のポッチ一座
チャイニーズクレステッドの ちゃびん が加わってますます楽しそう
初めて触ったチャイグレは熱かった(40℃で平常時の体温だとか)のでした



【おまけ】
それから一週間後の水元公園、同じ場所、同じDEC主催のイベント一期一会レース
出走したジジがいました。
イタグレは速い犬とされているため、6mのハンデ(相手が6m先からスタート)付き
ですが、ジジの場合は逆ハンデが欲しいくらいの 走らんイタグレ です。
でもまさか、ほんとーに走らないとは思わなかった ...
ホルダーを務めたジジ母に追い立てられてテクテクと50mを歩いたんだ、とさ。
201109_018.jpg
走らないイタグレもいる、ということをギャラリーに知らしめたジジ
なぜかゴールライン手前で立ち止まるオプション付き



23:00 | ジジの散歩 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑

デカグレさんと一緒に

201106_007.jpgいつもの公園にやってきましたぁ~
なんか、デッカイのがついてきたけど
まぁ いいっかぁ

はるくんと一緒のジジさんです。
犬が苦手なイヌですから、デートと
呼べるようなもんではありませんが、
並んで歩くくらいはできたようですよ。
ジジさん早速、園内をご案内~

201106_009.jpgあれれ!
もっとデッカイのに会っちまったぁ
お相手はアンタに任せるわね
アタシは隠れるから ...

勝手知ったるジジさんの先導で
歩いていたら、ボルゾイさんに遭遇!
大きいイヌはもっと苦手なジジさん、
全てをはるくんに任せ姿を消すのでした。

201106_008.jpgそこの、でっかいの!
ここを渡れなくっちゃ
山には行けませんことよ~♪

クリークの渡り石です。
先ほどの面目躍如とばかり
とっとと沢を渡る山ガール ジジさん、
はるくんを忘れてますよ~
   石橋を叩いて渡る、はるくん →

201106_0014.jpgそんなこんなでやって来た
いつもの公園の、いつもの草原。
ジジさんには いつもの でも
はるくんにすれば はじめての 草原です。
どうですかぁ、ここは?
夏が香り始めた広い広い野原。
大きなカラダを大きく跳躍させて
走り出す、はるくんなのでした~

201106_013.jpg
駆け抜ける歓び!

201106_015.jpg
はるくん、楽しすぎて顔が笑ってます

201106_006.jpg
奇跡の一枚! とっても仲良しに見えるジジさんとはるくん ...

201106_017.jpg
... と思ったら。そんなことはありませんでした (T_T)

201106_0013.jpg
でも。オヤツはお裾分けできるレディな(?)ジジさんです


201106_002.jpgひとりっ子同士のジジさんとはるくん、
近ず離れずの微妙な距離感を保ったまま
過ごした公園の一日は、
微笑ましく過ぎていったのでした。
走ったり、お相撲したり、ができなくて
はるくんはつまんなかったかもしれない
けれど ...
また遊んでねぇ~



21:00 | ジジの散歩 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑

背中スリスリ大連発

mizumoto_087.jpg水元公園へやって来ました。
この前遊んだのは確か6月の半ばころ
ってことは ...
およそ3ヶ月ぶりの、水郷の里です。

過ぎゆく夏を惜しむように、
来るべき秋に備えるように、
園内の草木は種や実をつけ始めています。
木立を抜ける風も爽やかに乾いています。

mizumoto_088.jpg9月第3週の日曜日。
ジジさんの行きたいところへ連れてって
あげようと考えたジジ父は、
ご近所さん集合で錦糸公園へ行った時
ことを想いました。
ジジさんは背中スリスリがしたいんだね~

(背中スリスリ)ベストポイントを
知っているジジさん、水元公園の地図は
頭の中に入っているようです。
我先に目指す、クリーク近くの大草原。見渡す限りの草むらの中で今日は
思う存分、やってやるぞぉ~なんて、考えてるみたいです。

mizumoto_085.jpg
お気に入りの草原で、まずは周囲にイヌの気配がないかを探知するジジさん

mizumoto_086.jpg
危険度ゼロとわかれば ... もう遠慮はいりませんねぇ

mizumoto_090.jpg
頬で芝の感触を確かめて、ひっくり返ります。(左上から時計回りに)


mizumoto_092.jpg
場所を変えて、また、ひっくり返るジジさん。芝の違いがわかるのか?


mizumoto_093.jpg解き放たれた願望は留まるところを
知りません。
あっちへ行ってはスリスリ、
こっちに戻ってもスリスリ。
時を変え、場所を変えても
やってることは同じ。
ナニが彼女をそうさせるんでしょう?
こんな楽しそうなジジさんを見ると
庭付きの戸建てが欲しくなります ...


mizumoto_094.jpg
ふと立ち止まり やっても いいですかぁ? と問いかけるジジさん

mizumoto_095.jpg
同じ草原でも、茂る草や土の湿り具合なんかが違う模様 ...

mizumoto_096.jpg
天に向けて四肢をばたつかせるこの瞬間が最高のようで ...

mizumoto_097.jpg
(たとえて言うなら)満面の笑みを浮かべて起き上がるところ ...

mizumoto_098.jpg
もういっかい やっても いいですかぁ? とねだるジジさん


mizumoto_091.jpgこの日、背中スリスリ大連発を見てて
気付きました。
ジジさんの場合、
右肩から入って右回りに一回転
なんですね~
ってことは、右利きなんでしょうか?

それにしても、いつ頃から
ひっくり返るようになったんだろう?
まだ1歳だった頃は、こんなことしてた
記憶はないんだけどなぁ ...

さて。
スリスリ連発で満足しきったジジさん、
早くも帰り支度。3ヶ月ぶりの水元公園
なのに、お散歩も省略のようです。

再び、頭の中の地図を頼りに駐車場へ
急ぐジジさんですが、ちょっと待て!

顔は草木の種だらけ、背中は枯れ草だらけ、足は泥だらけ、ではないですか。
このままクルマには乗せられんなぁ~
駐車場へと戻る途中のベンチ、取り出されたタオル、身構えるジジさん。
草木の種を払い、枯れ草をつまみ、でも。泥だけは取れません。
ん~、こりゃ、ダメだ
もしかして。かえったら(大ッキライな)フロですかぁ ... ???

mizumoto_089.jpg
嫌な予感通り。帰宅早々、風呂に入れられたジジさんなのでした~




13:00 | ジジの散歩 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ジジの社会化体験 ... 後編

mizumoto_076.jpgなんかいましたぁ
ポプラ並木で歩みを止めたジジさんの
視線の先には、サイトハウンドの大群が ...
(場所変えした)チーム水元の
ピクニック隊に再び、出会ったのでした。
しかも、2時間前よりメンバーが増えてる?

本日2回目のご挨拶をし、ちょっと
お邪魔させてもらうことにしました。
最初の遭遇でウィペットのピノくんに挨拶しかけたジジさんです、
再開した今ならもっと親密に挨拶できるんじゃなかろうか、と。思ったりして ...
mizumoto_075.jpg
ピノくんに接近中のジジさん。見つめる視線に恐怖心なし !?

mizumoto_077.jpgいい感じだったんですが、なかなか
挨拶ができません。
ピノくんはセラピー犬の異名を持つほど
優しいウィペットで、これまでにも
内気なワンちゃんの心を開くお手伝いを
してきたんだそうです。
だから、ジジさんも近寄れたんですね。
あと、もう少し ... 、なんだけどなぁ。
そ・こ・で
同じ釜の飯作戦(ムッチさん命名)です。
オヤツを一緒に食べれば仲良くなれるかもぉ~ ???

mizumoto_078.jpg
ご協力頂いたのはジジと同じ年頃の男の子、ポッチくん

mizumoto_079.jpg
まずはジジさんから。ポッチくんは静かに待ちます。

mizumoto_080.jpg
今度はポッチくんの番。食べ終わったジジさん逃げもせず、その場に。

mizumoto_081.jpg
これは大成功♪ じゃあ、ポッチくんが引き連れてきた弟分とでは どうかな~?

mizumoto_082.jpgおよよ~
数に圧倒されたジジさん、ジリジリと
後ずさり。
気付けば、トレーニングリードが許す
遙か彼方の安全地帯でそしらぬ顔。
社会化への道は険しいのぉ ...

イタグレさんに、ウィペットさんに
ミニピンさんに、ビーグルさん。
チーム水元の皆さんの、懐の深さに甘えてやってみたジジさんの社会化体験会は、
こんなふうに過ぎていったのです。
仲良しさんにはなれなかったけれど、逃げなかっただけでも収穫でした。
社会化に失敗した育ての親としては、こういう機会を利用させて頂いて
少しでもイタグレらしいイタグレに近づいて欲しいな、と思うのでした。
チーム水元の皆さん、ホントにありがとうございました~


mizumoto_083.jpg
水元イタグレ三兄弟。左から、でんすけくん、かんたろうくん、ポッチくん。



17:06 | ジジの散歩 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。