タグ:稲毛
| ホーム |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

稲毛海浜公園

inage_002.jpg幕張の先(東側)にも海浜公園があると
気付いたのは、春の連休のこと。
いつか行こうね~ と言いながら、
わざわざ行くほどでもないような気がして早、5ヶ月あまり。
ぶらり旅好きのジジさんとしては
やっぱり、訪れてみないとね。
というわけで、ちょっと千葉へ行った
帰りに寄ってみたのでした。

夕日に染まる稲毛海浜公園は週末というのに閑散としてました。
季節は秋、時刻は夕方の4時、ウワサのお食事処もない、とくれば
海にいるのは熱心なウィンドサーファーと釣り人くらいのもの、でしょうかね。

inage_001.jpgジジさんのプライベートビーチ! 稲毛海浜公園の砂浜は広いのでしたぁ~


昼間の暖かさがほのかに残る砂浜は素足に気持ちいいのかジジさん、どんどん歩いて
波打ち際までやって来ました。
一段と強くなった磯の香りに夢中のあまり、押し寄せる波にも気付かぬ様子で ...
inage_003.jpg
inage_005.jpg
inage_004.jpg
inage_006.jpg
ザザァ~ッ、と。押し寄せる波が(ちょっぴり)怖かったジジさんなのです


inage_007.jpgその昔、男と女 というフランス映画が
ありまして、-(それはそれは凡庸なお話しなんですが)女優〔アヌーク・エーメ〕の美しさと映像の印象深さと音楽の華麗さが絡まって記憶に残る作品 - その中に
海岸を散歩する老人と犬を見た女が
いいわね って言うシーンがあります。
その海岸、ドーヴィルは
← こんな感じの光景だったわけでして
稲毛海岸もちょっとロマンティックに
思えてきました(笑)

ドーヴィルといえば、これまたフランス
映画ですが、老ジャズマンに
世界はからっぽだ と言わせた海岸でも
あります。〔round midnight〕

海と砂浜と桟橋。確かに
絵になる組み合わせかもしれませんね

inage_008.jpg
このさきには なにがあるの?  行ってみればわかるよ~

inage_010.jpgジジさんの歩く桟橋は砂浜を護るように
右方向へ大きく湾曲しています。
その突端まで行けば、海から浜を
見ることができそうですよ。
釣り人が立てかける竿を器用に避けて
先へ進むジジさんですが、桟橋に漂う
釣り餌のニオイが気になるようでして
まっすぐ歩いてくれないのでした。
食いしん坊にも程があるよねーーー

inage_012.jpg
桟橋の突端から浜辺を振り返った、の図。左方向には幕張の高層建築群が ...


inage_011.jpg稲毛海浜公園は、千葉市街地中央部より
西に約5km、海浜ニュータウンの前面の
東京湾沿岸に位置する83.1haの公園です。
人工海浜いなげの浜は、埋め立てによって
失われた、かつての白砂青松の砂浜を
蘇らせようと、昭和50年から埋立地の
沖合3kmの海底から砂を浚渫し、
海岸線に沿って全長1,200m、幅200mに
渡って造られました。... 公園HPより


帰宅してからわかったことですが実は、この稲毛海浜公園。水元公園に匹敵する広さ(!)
だったのです。
ということは、1日あったとしてもすべてを回りきることはできない広さでして、
1時間あまりしかいなかったこの日の僕らは稲城海浜公園のさわりを見たに
過ぎなかったようです。今度は朝から、来てみようね。
inage_013.jpg
再開を約束するように夕日が見送ってくれた稲毛海浜公園だったのでした



スポンサーサイト
16:29 | ジジの散歩 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。