スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

ジジさん、イタプーに出会う

一週間前のお話しです。
お買い物へ行ったアーバンドッグで僕らは、見たことのないワンちゃんに出会ったのです ...



toyosu_16.jpg母は考えました。
(私の)お買い物ができて
(ジジが)暇をつぶせるのはどこだ?
と。
(私的には)United Arrowsとか、
ZARAとか、ナントカ、があるところで。
(ジジ的には)歩き回れて眠れて
すれ違う人に褒めてもらえるところで。
(運転手兼連れ添いの)ジジ父が
珈琲でも飲めるところ ...


toyosu_22.jpg豊洲だ~ ♪
というわけで。やって来ました
ららぽーと豊洲。
アーバンドックのタウンネームを持つ
このショッピングモール、目の前には
海と広場とカフェがありますから、
母のお買い物も、ジジさんの暇つぶしも
父の一服も、すべてが叶うというもので。

toyosu_23.jpgさて、母のお買い物が始まる前に
ジジさんの暇つぶしを用意しなくては
なりません。3つのポートと4つのシップ
から成る ららぽーと豊洲 のうち、
ship I 1F 店番号117番の ILIO へ入店。
ジジさんが食べても良さそうなオヤツを
選ぶ母と、それはたぶん自分のものだと
期待しながら舌を出すジジさんです、が。
なにかが、気になるようです。

toyosu_24.jpg脇見する視線の先を追えば
そこにいたのは、プードルさん ...
にしては体型がイタグレさん ???
なワンちゃんです。
あれれ、なんだろう?
僕の顔に浮かんだ ??? を察した
お連れのママさんが、教えてくれました。
イタグレとプードルのミックスなんです

なるほどぉ、だから。プードルさんのようなイタグレさんのような ...
だったわけですね。
ミシェルちゃんという女の子は、イタグレのお母さんとプードルのお父さんとの
間に生まれたそうで、細い足と深い胸はお母さんから、金髪のような美しい毛並みを
お父さんから、それぞれ譲り受けたんですね。

toyosu_25.jpg
ジジさんも心惹かれたミシェルちゃん

toyosu_26.jpg
まるで。タカラジェンヌのような気品があったりします

イタグレ × プードルなので、イタプーさんになるのかな?
初めて見たイタプーさんはとても美しく、そこはかとない気品があって、記憶に残る
ワンちゃんなのでした。


toyosu_28.jpg思わぬ出会いに楽しいひと時を過ごした
ILIOを出ると、夕闇が迫っていました。
お買い物が済んでいないジジ母は
店番号155番および156番を目指し、
SOUTH PORTの中へ吸い込まれます。
中庭に残された人間とイヌは仲良く
テラス席でティータイム。
おひとつ、いかがでしょう?
いぇいぇ、けっこうでございますぅ
秋の日差しが水平線に沈む頃、SOUTH PORT を回ってきたジジ母が戻ってきました。
手ぶらなところを見ると欲しいものはなかった、ようです。
闇が迫る東京湾に灯火が揺らめきはじめ、大人の時間がやって来たようです。

toyosu_27.jpg
帳が降りてきた豊洲ではイルミネーションが輝き始めました

toyosu_29.jpgtoyosu_30.jpg
豊洲を象徴するクレーンと跳ね橋のライトアップが華を添えます


toyosu_33.jpgジジさん、3歳と8ヶ月。
人間に例えれば、30歳くらい。
大人の時間が訪れた豊洲にそのまま
居続けても問題はない、お年頃。
アーバンライフの(さわりだけでも)
楽しんでみましょうか、と。
犬と一緒が幸せな時もある をうたう
海を望めるドッグカフェ Les Deux Bleue
で、ディナーを頂くことにしたのでした。

お品書きは説得力があり、
ロケーションも素晴らしく、
多くのお客さんで賑わっているカフェ
ですが、でも。なんでしょう ...
肝心のお料理が(人間用もイヌ用も)
ちょっと違うような感じもしたのでした。

下町人(と犬)にはアーバンライフって
敷居が高いものなのね~

toyosu_31.jpgtoyosu_32.jpg
綺麗に盛りつけられたワンメニュー、一皿 \700なりぃ(は、高くないか?)



スポンサーサイト
tags: 豊洲
16:24 | ジジの散歩 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑

豊洲で遊ぶ

gigi_257.jpgれれっ、おとうさん。お仕事は?
今日はお休みでーす
じゃあ。タマゴちゃん投げする?
いいけど ... 。でもそれ、
タマゴちゃんじゃないっすよ

あ~、しまったぁ

目覚めたら、おとーさんがコーヒーを
飲んでいた月曜日。
ということは ...
今日は遊べるのかなぁ?

小さな頭に思いついた疑問を
確かめるために持ってきた、オモチャ。

もちろん、遊べるけれど。
今日はお出かけ、を予定しています。
えっ? オモチャで遊ばないの?
toyosu_02.jpg
オモチャで遊ぶよりもっと大事なことが
ありました。
手作り食と併用しているドライフード、
アレルギー持ちゆえに限定される中で
食べても大丈夫な、ピナクルが。
残り僅か、なのでした。
だから今日の予定は、
ピナクルを買いに行こうじゃないか?
というわけですが、我が家の近所に
売っているお店はありません。
少し足を伸ばして、
豊洲まで行こうねぇ~

元々は造船所のあった、江東区豊洲。
その跡地に
巨大なショッピングセンターができたのは
2年と少し前のことです。
gigi_258.jpg
アーバンドッグ ららぽーと豊洲
寛ぐ・潤う・遊ぶ をテーマに創られた
新しい都市空間には、あの
キッザニア もあったりします。
190店舗のショッピングゾーンを中核に
ヒトとモノと文化の交流を目指している
らしい、のですが ...
アタシの関心は地面だけぇ~
どこへ行ってもニオイチェックは欠かせぬジジさん、なのでした。
寛ぎ、潤い、遊ぶ ためのスペースとしてデザインされた庭園は、イヌにとっても
楽しい場、なんですねぇ。
まぁ、地面はそこそこにして。海辺へ行ってみましょうよ。

階段を下りりればそこは、東京湾。
あれれっ、(あるはずの)水がないですよ~
葛西臨海公園とは違ってここ豊洲に、砂浜はありません。
gigi_259.jpggigi_260.jpg

でも、におう。どこかにあるはず。あの塩辛い水が ...
潮風が持ってきた海の香りを鼻で確認するジジさん。もしかして ...
この塀の向こう、かなぁ?gigi_262.jpggigi_261.jpg
toyosu_04.jpg
そこにあったのは、
係留中のクルーザーでした。
豊洲とお台場(もしくは芝浦)とを
水上で結ぶ
アーバンランチなんですって。
イヌも乗れますかぁ?
さて。どうなんでしょう?

海沿いの散策はこれくらいにして、丘に戻りましょうか。
高台からの眺めも綺麗ですからね。
gigi_265.jpg
gigi_263.jpggigi_264.jpg
スカイラインを横切る晴海大橋と対岸の晴海埠頭に群生する高層ビル。
造船所だった往時の記憶を語る、クレーンと錨。
海水浴場や海浜公園とは印象を異にする豊洲の海の、人工的な風景。
確かに。アーバンドッグなり。
toyosu_03.jpgtoyosu_05.jpg

gigi_266.jpg
そろそろ本日のお題、
ピナクル、を買いましょう。
目的のお店は、ららぽーと1Fの
ILIO さん。
ショップ内のお洒落で清潔な
雰囲気に促されて店内散策。
あっ、ボーロだ
甘いものが大好きなジジさん
さすがに、目ざとい。
でも。アレルギーは大丈夫?

そんなワンちゃんのために
と僕は思うのですが、ここの
ボーロは量り売り、なのです。
グラム単位で買えるから、
アレルギー反応を試すには、
具合がよろしいわけで。
結局、
ミルク、やさい、マロン、
ブルーベリー、さつまいも、の
5種類を買ったのでした。

ピナクルも購入し、これにて
本日の用事は無事に終了。
ではあるのですが。
僕らには、ドッグラン 30分 無料券 があったのでした。
ららぽーと豊洲に設置されるドッグランは(この時期、冬枯れしてはいますが)
総天然芝の、足に優しい遊び場です。
とはいえ、イヌ嫌いなジジさん。
先客が遊ぶドッグランにはあまり、入りたくないようです。
gigi_269.jpg
gigi_268.jpg
案の定、敷地の隅で固まるジジさん。
ビーグルさんが挨拶に来ても、
ミニピンちゃんが誘いに来ても、
尻尾を丸めて素知らぬ顔。
友達はできませんねぇ
アタシの性格ですっ
まぁ、いいか ...
gigi_267.jpg
ところが ...
乗り気でないジジさんに愛想を尽かしたビーグルさんやミニピンちゃんが離れると、
急に元気になったりするわけで。
本当は走り回りたいのにイヌがいると足が震える内弁慶な性格は、誰に似たのやら。
gigi_271.jpg
gigi_256.jpg

そんな、こんなで。 30分は、あっという間に過ぎていきます。
もうドッグランを出る時間ですが、遊ぶ本人は如何でしょう?
(さっき買った)ボーロは、まだいただけませんかぁ?
おやおや。食い気の方が勝るようですね
gigi_270.jpggigi_272.jpg

Ship Ⅱ と称される、フードコートへ。
基本的には人間様のお食事コーナーですが、外に置かれたテーブルなら犬も可!
のようです。数あるお店の中から、パンダンリーフの香りが異国情緒あふれる
カヤトースト を頂きました。
お砂糖が入っているからジジさんは食べれません、けどね

お日様が西の空へ大きく傾く、午後3時過ぎ。
それまで閑散としていた広場は、どこからともなく湧いてきた子供達が走り回っています。
どうやら、キッザニアの営業(第一部)が終了したようです。
就業時間を終えた疑似労働者たちの、喜びの歓声が海に木霊する、豊洲なのでした。
アタシは働くより寝てる方が嬉しいですけどねぇ
まぁ、ぐ~たら娘だけにお昼寝してるのがお似合い、かも
gigi_273.jpg


tags: 豊洲
20:29 | ジジの散歩 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。