スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

before after

shiseki_001.jpg幼い頃から
歯磨きのキライなジジさんです。
デンタルケアなんて言葉は知らぬままに
育ってしまったもので、輝くばかりに
白かった歯も今では黄色く薄汚れ、
そこはかとなく口臭もするんでした。
歯の抜け落ちた姿は見たくないっ
人間とは違って
虫歯になりにくい(らしい)けれど
だからといって永久歯が文字通り
永久にあるわけでもなくて
イヌだって歯は抜け落ちるんだ、とか。
   なんで?
   歯周病で!
えぇ~、イヌにもあったか、加齢の証
   歯周病
白いはずの歯が黄色くなり、臭わないはずの口が臭う ... つまりは、歯周病の始まり?
3歳以上の成犬の8割は歯周病 なんて説もあり、3歳と10ヶ月のジジさんはこれに
該当するお年頃でもあります。
善は急げ

shiseki_005.jpgちゃんと見てもらお~ とやって来たのは
駒沢公園にある動物病院です。
唾液が少なくマズルの細いイタグレは
歯周病になりやすい犬種なんだそうで、
多くのイタグレさんが名医を求めて
やってくるここは、歯科治療に定評ある
動物病院なんです。
麻酔をかけずに歯垢や歯石を除去する
らしいんですが、本当にそんなこと
できるんでしょうか?
まずは問診から診療開始。
3歳ですか、若い若い 目元の優しげな先生が言ってくれました。
ん~、ちょっとオーバーショットかなぁ  オーバーショットォ?
あぁ、出っ歯です  え”~、ジジって。出っ歯だったんだぁ
指摘されてみればその通りのジジさんの前歯。上と下が合わないようね、確かに ...
shiseki_006.jpg噛み合わせには若干難ありのジジさん
でしたが幸い、歯と歯茎の状態は良好で
レントゲンは撮らなくても大丈夫でしょう
とのこと。
歯の汚れもまだ歯垢の段階で歯石までは
進んでおらず、軽い超音波で落とせる
範囲のようです。
治療時間は約10分、麻酔もなし。
あっという間の歯垢除去だったのです。
処置室から戻ってきたジジさんの歯は、
昔日の輝きを取り戻した真っ白なエナメル質が誇らしげでありました。
いい子にしてましたよ。歯周病というほどではないですね。ただ ...
ただ ... 、に続く説明を忘れてしまったのですが、なんでもジジさんの歯茎の位置に
ズレのある場所があって、そこの歯周ポケットはうまく掻き出せないとか、ナントカ。

shiseki_008.jpg
処置前。前臼歯(赤丸で囲んだところ)は茶色い歯垢でバッチイ、バッチイ

shiseki_009.jpg
処置後。前臼歯(赤丸で囲んだところ)は白く輝いているのでした


shiseki_007.jpg歯垢を落とした口の中を保護すること、
プラークを付着させないことから、
抗菌薬(クリンダマイシン)と
口内洗浄液(マウスウォッシュ)を
処方されました。
少し大きめなカプセルの抗菌薬は3日間、
洗浄液はできればずっと、です。
歯周病で歯を失うと思えば指を噛まれる
くらいナンノソノ
、と。食後のマウス
ウォッシュを心に誓うジジ母なのでした。

ついでに、耳も診てもらいました。主治医のもと、一度は治った外耳炎ですが、
近頃またぶり返したようなのです。
セカンドオピニオン的診断でしたが、やはり結果は マラセチ性外耳炎 なり。
まぁ、水虫みたいなもの ... ですな

shiseki_004.jpg
でっぱ で おみみがみずむし ですが なにか?




スポンサーサイト
17:00 | ジジの日常 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑

犬のデリカテッセン

駒沢公園の西側を南北に走る 、駒沢公園通り。
ワンちゃんストリートの俗称を持つ、愛犬家のためのストリートです。
両側に建ち並ぶお店はどれもこれも犬連れで
お茶を飲める、ランチを食べられる、買い物ができる、らしいのであります。
ドッグカフェとはあまり縁がない下町暮らしの僕たちですから、
わんちゃんOK!店 の連なるこの通りには圧倒されるばかり、です。
選択肢が多いと逆に、物事を選べなくなってしまうのでした。
ジジさんの駒沢カフェデビューはまたの機会だね~
しかし、しかし。ひとつ、気になるお店を発見。
犬のデリカテッセン、kuma kitchen さんです。

gigi_373.jpg


gigi_374.jpg犬のごはんやさん kuma kitchen は
僕たちが食べるものと同じ食材を
レストラン(tsukiji kitchen)のシェフが
手作りで仕上げた、犬のお総菜屋さん
なのだそうです。どうでしょう?
僕ら(つまりは、素人)の作った
ごはんしか知らないジジさん、
たまにはプロの料理したご馳走を
食べてみたい?
たべてみたいですぅ  で、すよね
胃腸の弱いジジさんにとって、1. 使われている食材がわかる、2. 100%手作りである、
3. そして、なによりも。お店の方が犬好きである、というのは実に
ありがたいわけです。

こぢんまりとしたお店の中に並ぶ、見るからに美味しそうなデリ。
悩んでしまった人間のおかーさん、お店の親切なお兄さんのアドバイスの元
チキンクリームシチューとクマッキー(クッキー : きなこ味)を選んだのでした。

gigi_375.jpg新しいものを食べる時。
ジジさんが気をつけるべきは、
少しずつ試すことです。
でも、食いしん坊な彼女にとっては
シチューだけというのも酷な話しです。
そこで。
買い立てのシチューを
炊きたての白米にかけて、
試食してみました。

gigi_376.jpgイヌ、むちゅうぅ~
鼻先にお弁当(米粒)つけて
一気に食べるジジさんです。
プロの作ったお料理、
お味は格別みたいですね。

さて、このクリームシチュー
豆乳ベースで仕立てられて
いるそうです。
大豆にはアレルギーはない
ジジさんですから問題なく
頂けました。
でも、角切りのニンジンと
コーンは消化できなかった
のです。
オレンジと黄色の粒が
美味しそうな彩りを人の目に
添えるのは事実ですが、
胃腸の弱いワンちゃんのために
もう少し小さく刻んであれば
よかったかな? と思います。
犬にとってニンジンやトウモロコシは
消化の難しい食材ですから


gigi_377.jpg
ジジさん大興奮の美味しさで
あっという間に平らげた
kuma kitchen の
チキンクリームシチュー
100g 也。

お行儀よく切実な顔で
おかわりをせがまれても
残りはもうないのでした。

ではでは。
クマッキー、をデザートに?
でもなぁ ...
一度に複数の新しものを
試すってのはダメだよなぁ
いやいや ...
1枚くらいなら、いいかなぁ

食べられる幸せを噛みしめる
犬のムスメと人間の
おとーさん、おかーさん
なのでした。


20:00 | ジジの食 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

駒沢公園で見つけたもの

gigi_363.jpgサスペンスにならなかった城ヶ島の翌日、
黄金週間の民族移動はさらに勢いを増し
東西南北へと向かう高速道路はまるで
巨大な駐車場へと様変わりしたような
2009年5月の、4日です。
前日の強風により心身共に疲れ果てた
ジジさんでありましたが、どこか外へは
行きたい様子。
渋滞知らずに軽くドライブできる地域は?

pim*lico で。GWセールだってよぉ~ん
家人が手にするDMは、
あてどのない休日に行き先を告げる
羅針盤のようでもあり。
黄金週間の正しい過ごし方として
ジジさんの夏服を新調する(?)のは、
悪くない選択肢です。
でも ...
pim*lico さんだけで過ごすには今日という休日は長すぎます。
店舗のある千駄ヶ谷を拠点にどこか、例えばすぐ隣の代々木公園なんかは?
とも、考えたのですが。せっかくのゴールデンウィークです、ここはここはもう少し
足を伸ばし駒沢公園まで、行ってみることにしました。
お出掛けはいいけど、お洋服はいりませ~ん
夏の訪れと共に、裸族への憧憬深まるジジさんではありますが
ここのオシャレ着はセールの時ぐらいしか買ってあげられませんので。
わがままは言わんでよろしい
gigi_372.jpg在庫するデザインとサイズ、そして
主にお財布の関係から、大いに悩んだ末
ボーダー柄のTシャツを1枚新調し、さて。
次なる目的地、駒沢公園へと出発です。

正しくは、駒沢オリンピック公園と称される
駒沢公園は、1964年の東京オリンピックで
第二会場として使われた由緒正しき都立公園。
その敷地面積 41.3ha は、
僕らがよく行く水元公園の約半分、
同じオリンピック施設だった代々木公園より
2割ほど狭い敷地のようですが、
そうは言っても東京ドーム10個分の面積です。
かなり大きな公園なんですが ...

名は体を表す、んです。
オリンピック が意味するようにここは
体育思考の公園。
陸上競技場、球技場、野球場、体育館、テニスコート、プール、などなど。
充実したスポーツ施設が主役であり、自然の土は脇役といった感じなのでした。
ということは。
草むらで走り回りたかったジジさんにとって遊ぶ場所は限られてしまうわけで ...
gigi_371.jpg


だったら。そろそろアレを ...
そうそう、オヤツ。でしたネ。
ドライブ = 楽しい の関連付けに一役買っている、オヤツ大作戦。
着いた場所であまり楽しめそうもない時こそ、食べ物の出番です。
gigi_364.jpggigi_365.jpg
gigi_366.jpgあれぇ、またいつもの?
それは、しょうがないよね~
アレルギー持ち、だもんね。
だから、食べていいオヤツは
副食として食べてるドライフード、
ピナクルだったりするんです。
でも、近頃ではちょっと。
飽きてきたような感じも、あったりして。


gigi_368.jpggigi_369.jpg
gigi_370.jpgそれでも青空の下で食べるオヤツは
美味しいのか、舌を出しておかわりを
ねだるジジさん ... 、と思ったら。
プードルさんとにらめっこの最中でした。
ベンチを挟んで、ご対面。
初対面のイヌは苦手でも、
緩衝地帯(この時はベンチ)があれば
逃げずに挨拶ができるようです。
身の保身は大切だもんね。

スポーツする公園、駒沢オリンピック公園。
体に汗したい人たちだけではなく犬と戯れたい人たちをも惹き付けるのは、ここが
東京の愛犬家にとって記念碑的存在にあるからかも、しれません。
それは、東京における最初の、公共(公営とも言えるでしょうか?)ドッグランが
生まれた地であるからです。
駒沢公園ドッグランの誕生がなかったら、
代々木公園にも、辰巳の森公園にも、水元公園にも
ドッグランは存在しえなかった、かもしれません。

大都市の大型公園に開放型(ノーリード型)の犬用運動施設を造る試みは
平成14年、(都の)予算がない中、愛犬家の強い意志で実現したそうです。
ドッグランが普通のものとなった今、犬のための施設としては
- 例えば、足に堅いコンクリートの敷地など - 見劣りする部分もあります。
でも、それは。
無から生み出され、手探りで育ってきた公設ドッグランの、歴史の足跡なのだ、と。
僕は思ったのでした。

というような駒沢公園ですから、周囲のお店も犬に優しいところばかり。
ドッグカフェは当然として、イタリアンに、中華に、お好み焼きに、と。
犬も入店できる食べ物屋さんの多いこと、多いこと。
さらには、犬と一緒に財務相談のできる銀行とか、犬と鑑賞できる画廊とか。
犬と暮らす都市文化が整備された、素直に羨ましい街なのであります。
16:43 | ジジの散歩 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。