2009年 01月
--日(--)
21日(水)
20日(火)
12日(月)
12日(月)
07日(水)
12 | 2009/01 | 02

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

ジジ散歩 ... 浅草編

gigi_221.jpgう~ん、やっぱり行きたくないですぅ
だったら、置いてくよぉ~
え”~、じゃあ。行きますゥ
そうだ、そうだ。いい子ねぇ~
でも、寒そうなだなぁ ...
gigi_222.jpg
西からやってくる低気圧が東京に雨を降らすまで
あと半日。(予報では)夕刻より傘が必要らしい。
出かけるなら今をおいて、他にない。
行く先は、浅草。
お参り? それもあるけれど ...
僕らには買いたいモノがあったのです。
それは浅草でしか手に入らない代物。
毎年、買い求める、江戸の小玩具。
縁起物でもあるから、(陰暦の正月である)今月中に
買い求めたいと思っていたのです。
というわけで、浅草。
gigi_223.jpg
我が家からは片道、3Kmほどの距離。
すっかり出不精になってしまったジジさん、
久しぶりの長距離散歩。大丈夫かな?

西に向かって押上の街を、歩きます。
新しい東京タワー が急ピッチで造られるこの辺り
地上600mの電波塔と競い合うように天へと伸びる
41階建てのタワーマンションも、その全貌が
あらわになってきました。
アタシの関心は地面だけよん
そうそう、そうでした。
(マーキングされた)電柱が大好きなジジさん、
空を見上げても臭いはない、もんね。

gigi_238.jpg
押上を抜け、向島に入ります。
お散歩は快調です。が、ここでちょっとお買い物。
レトロモダン ... 、っていうか、本物のレトロな喫茶店
カド があるからです。
イヌは入店できないのでお茶を楽しむことはできませんが
名物のくるみパンをテイクアウトすることはできます。
とっても美味しいので、通りかかるとつい、買ってしまう
僕たちなのでした。
さあ、ここまで来れば。
隅田川はすぐそこ、です。
gigi_224.jpg
gigi_225.jpg
はしけを曳いて川上へ向かうタグボートの
力強いエンジン音がのどかに響く昼下がりの
隅田川。
僕らが歩く川沿いの遊歩道には、
丘からやってきた鳩と
海から飛んできたカモメが
微妙なテリトリー意識の元でくつろいでいます。
鳩は地面、カモメは欄干。
1羽1羽は可愛らしいのですが、集団となると。
ヒッチコックの を想い出す
ちょっと怖い感じの光景だったり。
でも、そんなことは。
ジジさんには関係ありません。
目の前にある、鳥の群れ。
それは、サイトハウンドの本能が目覚める瞬間。
gigi_226.jpg
視線は前方に固定され、
後ろ脚に力が漲るの、この感じ。
あぁ、ここではやめてぇ~
案の定。鳩の群れへ突っ込んでいくジジさん。
平和なひと時を楽しんでいた鳩の群れは一瞬で
乱れ、その余波は欄干で休んでいたカモメ達にも
及びます。
奇声をあげながら飛び立つカモメ、カモメ、鳩。
スクリーンの中にあった、そのシーン ...
鳥の群れにいるのは金髪ではなく茶髪の我が
妻ではありましたが。
ちょっと思ったのですが、ヒッチコックって。
ブロンド美女が恐怖に顔をゆがめる姿を
好んで撮っていたように思いませんか?


gigi_227.jpg

gigi_228.jpggigi_229.jpg
 もーーー。飛びついちゃダメ、でしょう
 だって血が騒ぐんですもの~
 そんな会話をしたとか、しないとか ...

gigi_230.jpg
隅田川沿いの散歩道に別れを告げ、
江戸通りを横断し、馬車道通りを渡ります。
そこはもう、浅草寺。伝法院通りの東の外れ。
ここから先、馬から下りるように、との札。
社寺の境内へ入るには馬に跨っていてはならない
武家時代からの礼儀作法が今に残っていました。
(車両進入禁止ってことですね)
gigi_231.jpg
平日であるにもかかわらず、多くの人で賑わう浅草寺。
ここは毎日が、お祭りなんですね。
人で溢れる12m幅の仲見世通り、
ジジ散歩は踏みつぶされる危険性大、です。
仲見世の裏道を歩いて宝蔵門へと向かいましょう。

本堂手前の、宝蔵門。
小舟町と書かれた大提灯が目印のここには
その昔、仁王門と呼ばれた浅草寺の山門とのこと。
でも、確か。ここは浅草二丁目。
小舟町ってナニ?
gigi_232.jpg
調べました。
どうやらこの大提灯、
四代将軍 家綱公 の時代に
日本橋は魚河岸の信徒から
奉納された、のが始まり
なんだそうです。
以来、350年。
受け継がれる、歴史と伝統。
浅草寺と日本橋小舟町の
粋な関係。
なるほどねぇ
そんな歴史小話を背景に
ジジさん、記念撮影。
あ”~、ジジがピンボケぇ
小舟町の民がピントを
引き寄せてしまった、
のでしょうか?

その頃、人間のおかーさんは
仲見世でお買い物。行くは、
江戸趣味小玩具の 助六 です。

gigi_233.jpg江戸の昔は、
八代将軍 吉宗 の時代。
質素倹約を重んじる吉宗公が
発令した贅沢禁止令。
庶民の玩具は華美な装飾や
大きさなどを制限されたのだ
そうです。
その頃の趣を今に伝える
小指サイズの玩具が所狭しと
並べられる助六さん。浅草は
仲見世らしいお店、です。
gigi_234.jpg
お目当ての小玩具を買うことができた
人間のおかーさん、気分は上々です。
お腹も空いてきたことですし、どこかで
ランチでも ...
ワタシもっ!

再び、伝法院通りへと戻り、お腹を減らした
犬のムスメもご一緒できるお店へ向かって
浅草六区方面へ歩いていきます。
をっ、鼠小僧次郎吉?
どこぞで掠めてきた千両箱を小脇に辺りを
見回すは、呉服屋の、瓦の上。
十手持ちを探しているのでしょうか?
それとも。盗んだお金をばらまくところ?
gigi_235.jpg
イヌが入店できるお食事処は少ない浅草です。
イヌもご相伴できる居酒屋(但し、店先の長テーブル限定)
なら、あるにはあるのですが。この寒さの中、
外で食事するのはご勘弁願いたいところ。
そこで、僕らが行ったのは浅草唯一のドッグカフェと噂の
Cafe Rest' Cuzn でした、が。
行った日が悪かったのか、時間帯が良くなかったのか。
印象としては、ど~も、いまひとつでした。
少しばかり
気分を損ねてしまったので食事も早々に店を出て、
かっぱ橋道具街の方向へと歩きます。
gigi_236.jpg
気になるお店があったのです。
ペットのためのアジアンスタイル
そんなコンセプトが素敵な asiwan さん。
実は今までにも何度か、
行ったことはあるのですが、
お休みだったり、店主不在だったりで、
振られっぱなし。今日は ...
よかった。やってました。

初めて入る店内は、見事なまでのアジアン・ティストです。
チーク材、バンブー、ウォーターヒヤシンス、,,, 。
純朴な素材に癒されるのは人間、ではなくて、イヌであるところが凄い!
ハウスにベッドに、クローゼット。 ん~、ムスメに買ってあげたいモノばかり♪
とりあえず、今日は。ぬいぐるみを買って帰りましょう

浅草まで行って帰った往復6Km超のジジ散歩は、無事に終了です。
途中、抱っこされることもなく自分の足で歩ききったジジさん。
家に着くなり夢の中、のようです。
gigi_239.jpg

ところで、僕らが買い求めた江戸の小玩具は今年の干支、丑の置物なのでした。
豆粒ほどの大きさですが、手の込んだ造りに職人技を覚えてしまいます。
gigi_237.jpg
隣のタマゴちゃんと比べると驚異の小ささがわかる助六の丑


スポンサーサイト
tags: 浅草
20:20 | ジジの散歩 | comments (5) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ジジの記録 ... 再び

冬の足音が聞こえ始めた、11月。
寒さの嫌いなジジさんにとっては、つまらない季節の到来ですが ...

gigi_177.jpg2008年11月初旬
食べたかったものが期待通りに美味しかった時の
幸福感は犬にもあるようで、ジジさんの食欲は
留まることを知らない。
ごはん、お肉、ヨーグルト ... 。
食べものに関連する単語への反応は鋭く、
台所ダッシュという的確な行動で自分の気持ちを
表現するのである。
そんな、花より団子な犬のムスメの食い気に
してやられた僕らの(食事を管理する)意識は
徐々に薄れつつあり、体重と頭の大きさから
求めた1日あたり 200g の給餌量は日に日に
増えていったのであり。
慎重に試すはずの食材もあれやこれやと足して
みたりで、食管法なんて言葉は忘れてしまった
ような、日々。
gigi_187.jpgでも。怖いくらいに調子のよい、毎日。
手作り食生活4ヶ月目に入った頃、のことである。

2008年11月12日
朝からお腹がゴロゴロ鳴る。少し、元気なし。
ここ2、3日、急に冷えてきたからだろうか?
或いは、食べ過ぎだろうか?
(昨日の給餌量は250gをオーバーしていた)
gigi_179.jpg午後、病院へ行く頃には元気を取り戻す。
体重 4.15kg へ。 特に問題なし!とのことで
朝晩2回だった胃薬が日に1回の服用となる。
先月末に続く、減薬。いいぞぉ~♪

2008年11月15日
朝 130g、昼 15g、夜 135g
この日、ジジさんが食べた量は 280g !
gigi_181.jpgあきらかに、1日の量を超過している ... けれど。
ジジさんはもっと食べたそうである。
底なしの食欲と、胃腸への負担。
相反する事柄に悩む、悩む ...

2008年11月下旬
サンプルにもらったユーカヌバ皮膚アシストを
おやつ代わりにあげてみたが ...
gigi_182.jpg1週間で飽きる。
やはり、療法食は美味しくないみたい。

2008年12月1日
今日は週一回の通院日なり。
健康的な毎日を送るジジさんだから先生も、
ついに決断する。
今日から、1日おきにしましょう
gigi_193.jpg毎日飲んでいた胃薬は、2日に1回となる。

2008年12月3日
この頃より、朝ご飯を残すようになる。
昼食、夕食は綺麗に食べてくれるのだけれど、
なぜか朝だけは食欲が乏しいようである。
単に飽きただけならいいのだけれど、
胃薬が1日間隔になったため、だとしたら ...
薬の助けを借りず自力で消化できるほど
治ったとは、言えないわけだね。

2008年12月11日
朝ご飯に見向きもしない。お腹は鳴っているが、
いつもと変わらぬ元気が少々、不気味なり。
gigi_189.jpg13:30 鶏肉おじや 50g を完食。
14:00 食べたものを全て戻す。最後は胃液。
   ゼリー状のうんちを出す。
20:30 ずっと寝ていたが、自分の意志で起きる。
   セレクトプロティン 40g を食べる。
23:00 食べ物をねだる。再び、セレクトプロティン
   40gを与える。
朝の不吉な予感は当たってしまった。
gigi_194.jpgゴールデンウィーク以来の、ということは
半年ぶりの嘔吐である。原因は、なんだろう ... ?

2008年12月12日
あまりにも調子良く過ごしてきたせいか
昨日のゲロ事件は(症状の割に)ショックが
大きかった僕らである。食材、量、回数 ...
手作り食への妙な過信を改めるべき、なのかも
しれない。とりあえず今日は、
セレクトプロティン(ウェット 100g)と
ピナクル(ドライ 15g)で様子を見る。

2008年12月14日
手作り食を控え療法食を中心とした生活も
わずか2日で終わり。
セレクトプロティンをまったく食べない。
gigi_220.jpg鶏肉、ジャガイモ、お米を煮込んだおじやを
100g 程与えたところ、ペロリと平らげる。

2008年12月15日
週一の通院日。体重 4.2Kg。
嘔吐の件と近頃の食生活を先生に報告する。
食べ放題ですねぇ ...
少し。あきれたように言いつつ対処方を指示。
また薬を朝晩2回に戻しましょう。それと ...
再び、療法食を勧められたのである。
しかしジジは、それを食べない。
医学的に推薦される(?)療法食と
生活的に実証される手作り食とを天秤にかける
先生の表情が、何かを物語っているような ...
ある程度、食材を固定しましょう
しばらくは、鶏肉とジャガイモの生活が続きそう。


3種類もの薬を飲んでいたジジさんに最後まで残された胃薬。
その胃薬も、日に2回から1回へ、毎日から1日おきへ、と徐々に減り
やがては薬を飲まなくても良い生活になるはずだった、年の瀬。
先生や僕らの予想とは裏腹に、再び元の状態へと、戻ったのでした。

嘔吐は1回。黄色い胆汁液ではなく白い胃液を吐き出したことから症状としては
さほど重いものではないのですが、ジジさんの場合は少し、真剣に捉えた方が
良さそうです。
主治医は療法食と胃薬で状況をリセットしたかったようですが、
肝心のジジさんが療法食を拒否するわけで、僕らとしては。
手作り食を継続しながら状況を改善したい .. と。そこで、
療法食と(素材限定)手作り食とのコンビネーションを試してみることにしました。

新しい年を迎えるまで、あと二週間。
アレルギー性消化器系疾患との闘いも早いもので、1年と6ヶ月。
ジジさんは、がんばっています。
20:00 | アレルギー性疾患 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

寒いのはイヤ

gigi_216.jpgぐ~たらし過ぎたようです。
穏やかに晴れ渡っていた空はいつの間にやら
雲に覆われ、急に寒くなってきました。
雨でも降りそうな勢いです。
でも、水元公園へ行く! と。
そう宣言した僕の決意に変わりはありません。
寒い寒い外は好きでないけれど
独りぼっちで留守番するのはもっと嫌なジジさん、
小さな頭で悩んだ結論は ...
一緒に遊んで~
というわけで、ようやくお出かけです。
我が家から水元公園までは車で15分程の距離。
途中、パラパラと雨が降ってきました。
これは ... 、しくじったか?
でもまぁ、目的地まで行ってみましょうネ

gigi_209.jpg
雨は一瞬でやみました。
公園に着けば、うっすらと日が差すくらいに
天候も回復。

ほらほら、来て良かったでしょう?
ん~、寒すぎますぅ

落葉したメタセコイアの巨木がこの季節らしい
冷え冷えとした雰囲気を演出する水元公園は
見た目以上に寒かったのです。
ジジさんに限らず僕らも歩く気力を失うほど
園内は冷たい空気に満たされていましたが、
それでも冬の休日を楽しむ犬連れの方々は
多いのでした。

gigi_215.jpg
歩けば少しは暖かくなるかもしれません。
とりあえず、ドッグランのある方向へ
お散歩を開始。
(こんな日は)空いているだろう ...
と思われたドッグランでしたが、
フェンスの中はたくさんのワンちゃん達で
にぎやかです。
内弁慶のジジさんとしては遊べる密度にはない
ようで、足を止めます。
あそこは行きたくない
いつもより頑固な、意思表示。
ドッグランを楽しんだ日々はあっても
その記憶は北風と共にどこかへ
吹き飛んでしまったようです。

gigi_213.jpg
ドッグランを素通りし、
大きな原っぱへと向かいます。
ここはジジさんの大好きな
草原、どことなく不機嫌だった
ジジさんもちょっとは、
やる気が出てきたようです。
はしる?
期待のこもった眼差し。
そうだねぇ、走ろっか
gigi_212.jpg人間のおかーさんが
フリスビーを取り出しました。
空飛ぶ円盤を追いかけるのは
得意です。落下点をめがけて
華麗にジャンプ!
ディスクを咥えて、得意顔で
こちらを見るのはいいですが
でも、それって。
地面に落下したディスクを
拾っただけ、なんですけど ...
gigi_214.jpgそれはそれとして。
いぬはよろこびかけまわるぅ~
的、光景をやっと見ることが
できました。
ドッグランとかでもこんな風に
遊んで欲しいのですが、周囲に
犬の気配があるとダメ
なんですよねぇ~

遊んではみたものの寒いことに
変わりなかった、この日。

gigi_205.jpg
そろそろ、帰りましょうか ...
さんせ~い
足早に歩く、水郷地帯のあぜ道。
青々としていた葦もすっかり色を落とし、
綺麗に刈り取られていました。
どことなく寂しげな風情だけど妙に懐かしい、
gigi_207.jpg日本の原風景。
でも、そんなことは。
先を急ぐジジさんには関係ないようで。
侘び寂びを理解しろ、って方に無理があるかな?
今の彼女の頭には
暖房の効いた車しかないのかもしれません。
ではでは。駐車場へ戻りますかね。
gigi_206.jpg


滞在時間、1時間。
僕らの水元公園、最短記録となった、この日。
ねっ! お家にいたほうが良かったでしょう
我先に車へ乗り込んだジジさんが、そう言ってるように思えた、真冬の、
とある休日なのでした。

gigi_203.jpg


21:00 | ジジの日常 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

日向ぼっこ

gigi_217.jpg昨夜のウェザーニュースが予報した通り
穏やかに晴れた、冬の、とある休日。
低く上った太陽は徐々に高度を上げ
南西向きの我が家に日が差し込んだのは、
9時を少しまわった頃。
窓を通して暖かさを感じられるように
なる、と。 我が家で一番の
寒がりやさんがやってきます。
うぇ~い、幸せぇ~

gigi_218.jpgだけども ...
その幸せは、長続きしません。
だって、こんな日は。
絶好のお掃除日よりですから。
掃除機を手にしたおかーさんに
追い立てられて渋々と特等席を
離れたジジさん。行く先は ...
ベランダくらいしかないわねぇ。
ちと、寒いが。まぁいいか
でもそこ。避難通路ですよ~

gigi_219.jpgさて、掃除もいいのですが
こんな日はやっぱりどこかへ
行ってみたいですよね。

どこって。どこへ?
いつもの水元公園はどう?
寒いから寝てるぅ~

10℃を下回ると外への興味を
失う、まるで。
猫のような犬、なのでした。

一緒にお昼寝しましょっ
掃除が終わって一休みする
おかーさんの足に絡まって
動こうとしないジジさん。
このぐ~たら加減はナンダ
あまりに怠惰な風情を嘆く父は
決めたのでした。
今日はなにがなんでも。
水元公園へ行くぞーーー!


(続く ... )
20:00 | ジジの日常 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

福袋

gigi_195.jpg年の暮れ、ジジさんにとっては2回目の大晦日。
唯一の犬友達、ハチ姉さんのお家で年越しです。
鍋をつついて、紅白を楽しんで、除夜の鐘。
ゆく年に感慨を覚え、くる年に夢を期待する ...
のは、人間のお話し。
イヌにとっては関係のないことではあります。
ど~でもいいから寝かせてくれぇ~
そんな感じの、ハチ姉さんとジジさん。
年越しの一瞬を切り取ろうにも、レンズに向かって愛想を振りまく元気はなかったみたい。
でもまぁ、仲良く新年を迎えられて良かったね。

年明け早々、僕は仕事上のトラブルに見舞われてしまいました。
217.9Km先の栄光を目指し、23校もの大学駅伝チームが大手町よりスタートを切る頃、
事務所で孤独なリカバリィ作業に取り組む自分がいたりしたわけです。
正月気分はどこかへ行ってしまった、2009年の幕開けでした。
家主からして、のような状況に陥れば我が家の松の内もあってないようなもの。
正月を味わえぬジジさん、これでは申し訳ないなぁ ... 、とばかりに
おかーさんが買ってあげたのは、犬のムスメ専用 福袋
イタグレ服の hound#tooth さんから、です。
実はジジさん、hound#tooth の服は初めてです。
サイズに不安があったりしますけど、福袋だけに試着なんて贅沢は言えません。
その名の通り、福が来ますように。(鬱袋や不幸袋ではないことを祈るばかり)

代引きで福袋が届いたのは、5日の月曜日。
さて。袋の中身は ...


その1 : レザー(もどき)パンツ
最初の一品は、黒い(ビニール)レザーのパンツです。
ん~、女王様気分だよねぇ ...
gigi_196.jpg

しかしそれは、正面からのお姿。
横に回ればなにやら、釣りに出かけるおっさんみたい?
gigi_197.jpg


その2 : ウィンドブレーカー
ピンクのモールがチャームポイントなウィンドブレーカーです。
メッシュの裏地が付いてて着心地も良さそう。
gigi_198.jpg

先ほどの胴付長靴ではなかった、レザー(もどき)パンツとセットアップすれば ...
ちょっとワイルド、でしょうか?
gigi_199.jpg


その3 : ダウンジャケット
3着目は黄金(!)の、ダウンジャケットです。
輝くゴールドが目に痛い ...
レザー(もどき)パンツと合わせて着ればまるで、ゴージャス松野?
gigi_200.jpg


その4 : パーカー
とっても可愛らしいピンクのパーカーです。
頭巾部分は、耳が凍えるイタグレに嬉しいスヌードの役割も?
とは言ってもジジさんの場合、すぐにプルプルしてフードを取っちゃうんですけどね。
gigi_201.jpg


そんなわけで我が家の福袋、4枚もの福が入ってました。
色合いもサイズもジジさんにはピッタリで、さすがは
IG ブランドの hound#tooth ですね。

にしても。
ワードローブが増えるのは犬のムスメばかり ... 、というのが、なんともねぇ。

18:00 | ジジの服 | comments (8) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。