2009年 11月
10 | 2009/11 | 12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

イタグレ祭り

イタグレ祭り というものを知ったのは、ミラン & アトム母さんが入れてくださった
コメントからでした。
改めて調べてみるとそれは、Dog Event Club なる団体が主催する大がかりなイベントで
正式には DECチャンピオンズリーグ イタグレ祭り と、言うんだそうな。
dec_017.jpgむむっ、チャンピオンズリーグ?
それって、ドッグレース?
ミランちゃんは俊足のイタグレさん、
レースに出るんですね~
対してジジさんは
レースを知らないイタグレ、
チャンピオンズリーグとはまったく
関係ないイヌだったりします。
ということはイタグレ祭り、
行ってもしょうがないんじゃ ...
なんて一瞬考えたのですが、さらに情報を集めると当日は 100頭以上もの
イタグレさんが集まるんだとか。
そんなにたくさんのイタグレを僕らは見たことがありません。
群れるイタグレ達に会ってみたいし、
レースに出るであろうミランちゃんを応援したいし、
ご近所のてぃばぶさんも 行くわよぉ~、などなどで。
よく晴れた勤労感謝の日、祭りの会場である 秋が瀬公園 まで行ったのでした。

dec_003.jpgdec_002.jpg

dec_004.jpg示し合わせたわけでもないのに
お揃いの装いで会場入りとなった
ティアラちゃん、バブルくん、ジジさん、
の3ワン組。
てぃばぶさん特製の長袖トレーナー、
みんな似合ってるよ~ ♪

チャンピオンズリーグの冠が
付いてはいますが、イタグレ祭りは
レースに出なくても楽しめるように
洋服やアクセサリーのお店が軒を並べてたり、カレー屋さんや牛串屋さんがあったり
広いドッグランが設営されてたり、するのでした。

徒競走はしない3ワン組ですので、まずは、ドッグランへ入ってみました。
フェンス内にはイタグレしかいない、専用のランです。
イヌ苦手のジジさん、だいじょうぶ~?
dec_005.jpgdec_006.jpg
案の定、固まって動かないジジさん。おやっ、バブルくんがやって来ましたよ。
いつもなら逃げちゃうところですが、最近、仲良しになってきたバブルくんの
お誘いなので、頑張って対応するジジさんなのでした。

dec_009.jpgdec_010.jpg
優しいバブルくんに勇気づけられて少し歩いてみたジジさんですが、
まわりを走り回るイタグレさんの迫力に怖じ気づいて、機能停止です。

で、バブルくんは ... 、というと。
dec_007.jpg
おっかけられてますぅ~

dec_008.jpg社交家のバブルくんはすぐにお友達が
できちゃうんです。
← 同じ色と服なのでジジのようにも
見えますが、イヌ違いでした。
こんな状況ではバブルくんみたいに
堂々としていられないんですよね ...
ジジさんにも少し見習って欲しいところです。
あ~、羨ましぃーーー


dec_001.jpg走らない組がドッグランで遊んでいる間に
チャンピオンズリーグは次々と進行し
あとは勝者による決勝リーグを残すだけと
なっていました。
そのレース再会までのちょっとした時間、
コースが一般に開放されたのでした。
走らない組も走ってみていいそうです。
公認レースの正式なコースを体験する
またとないチャンス到来!
みんなぁ~、走ってみようねぇーーー


一番手は、ジジさん。
ジジ母に抱えられてゲートインし、ゴール地点に立つジジ父が呼ぶのですが ...
ジジさん、走りません。
初物への対応力のなさがこんなところで披露されてしまいました。
動こうとしないジジさんに一計を案じたジジ母が後ろから追い立てます。
こうして、なんとか 50m を走りきったとさ。
dec_011.jpgdec_012.jpg
はしるってことがわからなかっただけですぅ

二番手の、バブルくん。
てぃばぶさんと一緒にゲートイン、同じくゴール地点に立つジジ父の元へ ...
さっすが、バブルくん。状況を良く理解しています。
フェンスに囲まれた一本道をまっすぐに駆け抜けてきました。
dec_013.jpgdec_014.jpg
ご褒美のオヤツはありませんかぁ?

三番手に、ティアラちゃん。
お知り合いに手伝ってもらい、てぃばぶさんがゴール地点に立ちます。
すると、どうでしょう?
甘えん坊で抱っこ姫なティアラちゃん、大好きなママの元へまっしぐら。
そのスピードは、ジジよりも、バブルくんよりも、速かったのでした。
dec_015.jpgdec_016.jpg
おか~さんめがけて、走ってきましたぁ


初めて走ってみた DECチャンピオンズリーグ のレースコース。
スタート地点で集中力を高める役、ゴール地点まで呼び込む役。
愛犬を、コンマ1秒でも速く走らせるための工夫はいろいろあるようでして
観戦しながら、なんとなくわかったような気になっていたのですが。
見るとやるとでは大違い。
ゴール地点で呼び込む役をやった僕の ジジ~ という声、
スタート地点ではほとんど聞こえなかったそうです。
ジジが初物に弱いのって実は、飼い主の性格を反映しているのかもしれませんね。
まぁ、なんにせよ、イタグレ祭りでのドッグレース体験会。
興奮したのは走ったイヌよりも走らせる側の人間にあったようでした。
dec_019.jpg
体験走行とはいえ 50m を完走したご褒美に表彰台で記念撮影




スポンサーサイト
22:32 | ジジの日常 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ジジ母の作品

てぃばぶ先生を我が家に迎えミシンのうなり声と共に始まった、ジジ服制作の日。
体型がほぼ同じティアラちゃんの型紙をベースにジジさんのパーツサイズを
考慮して切り抜かれた生地は、徐々に。
立体的なカタチへと姿を変えるのでありました ...
fleece_001.jpg寒がりな犬のムスメに贈る
母からのプレゼント。
それは厚手のフリース地で、
長い首筋や細い前足を暖かく包み込む
ハイネック・長袖トレーナー。
さて。その出来映えは ... ???

← お~、服になってるではないですか ♪
※左上のグリーンの服が今回の作品!
 赤チェック服はてぃばぶさんのお土産~

僕は正直、ここまで服になるとは思っていませんでした。
初めて作ったとは思えぬ出来映えは、てぃばぶ先生の的確な指示があったからこそ
なんだそうで、これはもう先生どころか てぃばぶ師匠 ですね

そんなジジ母の、初の作品を着たモデル嬢を、左、前、右からご覧くださいませ。
fleece_002.jpgfleece_003.jpgfleece_004.jpg

楠田絵里子風の着こなし、マダムな感じに気取ってポーズするジジさん、です。

fleece_005.jpg
ありがと~ かーちゃん


このフリーストレーナーの制作時間は約、6時間だったそうです。
てぃばぶ先生なら2時間で完成させるところですが、なんせ作業したのは
右も左もわからぬジジ母なもので、予定時間を大幅にオーバーしてしまいました。
お昼も食べずに教えてくださった てぃばぶ さん、本当にありがとうございます。

そして、制作費はたったの、500円。
しかもこの生地、あと2着は作れるくらい残っているんだそうで手作り服って
とってもリーズナブルなんですねぇ~

fleece_006.jpgところで。
お土産に頂いた赤いチェックのトレーナー
は、ティアラちゃん & バブルくんとお揃い
なんです。これを着てみんなでどこかへ
行きたいなぁ~と思っていたら、
意外に速くその時は訪れました。
  ... という話しを次回は
  まるで兄妹みたいな3イタグレ →



22:00 | ジジの服 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ジジと母のお散歩 ... おしなり編

oshinari.jpgフリスビー遊びもお昼寝もできる河原とは
反対の方角、
旧中川と隅田川を結ぶ北十間川のほとり、
押上と業平の間、東西に約 500m は
東京スカイツリーの建設地です。
住宅街を縫って我が家からはおよそ、1.5Km。
メタボジジさんのお散歩にはちょうど良い距離と
考えたおかーさんは、ある日
タワーの根元まで行ってみることにしました。

スカイツリーのゆるキャラ、おしなり くん →
名の由来は、押上の おし と業平の なり から
業平と言えば 在原業平 なので平安朝の絵柄?


gigi_504.jpg
え”~ あそこまであるくんですかぁ?

歩きますよ~
というわけで、北十間川沿いの裏路地をテクテク ...
高さ 634m 目指すスカイツリー、てっぺんはもう 200m を越えたそうです。
gigi_506.jpg
おぉ~ でっかいなりぃ

間近で見るタワーの迫力に、おかーさんもジジさんもビックリです。
通勤時にこの前を通るおとーさんも、日々の成長に驚いてますから ...
gigi_507.jpg
とーちゃんはこのみちをとおって おしごとにいってるのねぇ~

gigi_503.jpg活気あふれる建設現場で一息ついた
お散歩隊は、
ここまで来たついでにもう少し
先へ進んでみることにしました。

タワーの東端 押上 から
タワーの西端 業平 へ。
北十間川に沿う裏路地から
並行する浅草通りに出るとすぐに
船の姿が視界に入ります。

oshinari_01.jpg幼稚園にも見えるここは
大横川親水公園 の入り口なのでした。
その名のとおりかつては、水の流れる川
だったそうですが、
諸々の理由から埋め立てられ
1800メートルに及ぶ親水公園として
生まれ変わったのが、1993年とのこと。
園内には、滝、釣堀、広場などがあり
水路沿いに遊歩道も整備されています。

続きは ここにしよう! と考えたおかーさん、ジジさんと一緒に散策開始です。
真っ直ぐ進めば錦糸町まで行けますが、その距離は 1.8Km。
帰りを考えると ... 、今日のところは途中で引き返すことにしたようです。

gigi_505.jpg
たくさん あるきましたぁ

下町の住宅街を縫って、タワーを見て、親水公園の一部を歩いた、2時間超のお散歩。
元気に歩くジジさんを見て、また来ようねぇ~ と思う、おかーさんなのでした。



22:17 | ジジの散歩 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ジジと母のお散歩 ... 河原編

gigi_492.jpgメタボジジです。

冷たい空気が支配する外の世界には
興味を示さず、薬いらずとなった
胃腸が食欲を促進する毎日に
密かな危機感を抱くおか-さんは、
日差しがあって風のない日に限り
ウダウダするムスメをせかして
長い距離のお散歩へ出かけるのです。

春の陽気を思い出すこんな日は、フリスビー遊びができるように河原の土手へ
行ってみたりするのですが ...

gigi_493.jpg
ひだまりがきもちいいので、おひるねしますぅ

家の中でも外でも、ひたすらに寝るジジさん。
寝顔がブサ可愛いので まっ、いっか~ と思う、おかーさんなのでした。


tags: 旧中川
22:00 | ジジの散歩 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

キャッチ & リリース

gigi_491.jpgお手 も おかわり もできないジジさん
ですが、お座り と 待て は得意です。
それと近頃ではフリスビーの
空中キャッチもできるように
なりましたぁ
... といっても、成功するのは
5回に1回くらいのものなんです。
でも、一年前に比べたら
大きな進歩だよねぇ~
これで、キャッチした円盤を返してくれれば言うことなし、なんだけど
一度咥えたものは放してくれないのでした。
捕まえて放す。キャッチ & リリースがゲームの基本だと思うけれどジジさんの場合は
キャッチするまでがゲームなんですね ...


gigi_501.jpg
おかーさんがフリスビーを手に取った瞬間、走り出します

gigi_497.jpg
落下地点を見定めて、思いっ切りジャンプ

gigi_498.jpg
キャッチ成功 お見事!

gigi_500.jpg
得意満々に戻ってくるジジさんです

そう、戻ってくることも覚えました。
だた、戻ってくる先がフリスビーを投げたおかーさんではなく
カメラを構える僕のところ、ってのがご愛敬ではあります。

では、もう一回。ジジさんの華麗なる空中演舞を ...
gigi_496.jpg
ひねり技です。飛んだ位置が悪くても若干なら修正できるようです。

gigi_499.jpg
修正不能な位置関係の場合は、うらめしや~ なポーズをとってくれます。


gigi_490.jpgフリスビードッグは、
イヌと人間とのコンビネーションが
試されるスポーツなんだそうです。
キャッチの確率をあげるには
投げる側の技術も問われるわけで、
僕らも練習しなくてはダメなんですね。
でも ...
リリース、捕まえた円盤を放すのは
特別な技術なんていらないはずだけど。
もしかして
ジジさんと僕らの間に信頼関係が構築できていない? ってことなのかしらぁ~




22:00 | ジジの日常 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ムーミンをさがして

moomin_21.jpgフィンランドの作家
トーベ・ヤンソンの世界が
埼玉県は飯能市にあると知り、
ちょっと調べてみました。

あけぼの子どもの森公園
自然との共生・自我と自由の尊重
理念とする市民公園で、その世界観が
トーベ・ヤンソンの ムーミン童話 に
通じることから、園内は幻想的な
空間が広がっているようです。
開園は平成9年とのことなので、
もう12年も経ってるんですねぇ ...
実は
埼玉に住んでいたことのある僕ですが、
この公園の存在は知りませんでした。
まだイヌと暮らす前だった頃のこと、
公園で遊ぶ!
っていう発想がなかったんですね。

moomin_10.jpgジジさん優先の休日を過ごす近頃の
僕たち。
お天気の良い日は公園へ行くのが
定番となっていますが、そういえば
なにかを題材にした公園、いわゆる
テーマパークなるものへは
出かけたことがないのでした。
ジジさんにしてみれば、
見晴らしの良い大地と
スリスリできる草むらがあれば
自然のままの公園で満足なんですが、
たまには演出された公園も良いかも
しれません。

なんて口実をつけつつ本当は、
ファンタジー好き(?)な
おかーさんの希望もあって
ムーミンをさがしに
行ってみることにしたのです。

moomin_01.jpgトーベ・ヤンソンの世界を持ち込んだ
あけぼの子どもの森公園は市民公園
という性格上、入園料を頂きません。
さらに。駐車場も無料!
太っ腹な飯能市に感激しつつ丘を登ると
木立の中から姿を表す巨大なエリンギ。
どうやらムーミン屋敷のようです。
さっそく中へ、入ってみましょう。
ムーミン達はいるのかな?

moomin_05.jpgmoomin_04.jpg
moomin_07.jpgmoomin_02.jpgmoomin_08.jpg
moomin_03.jpgmoomin_09.jpg

moomin_06.jpg屋敷の中は時の止まった空間でした。
ムーミンもリトルミィもいないようです。
朝まで寝ていたと思われるベッドは
綺麗に整頓され、暖をとったであろう
リビングの暖炉も火が消されています。
開け放されたままのドアが、
ちょっと外に出かけてきます ...
と語りかけているようでした。
どこかで遊んでいるのかな?

moomin_11.jpgムーミン屋敷の下手にはとんがり屋根の
小さな小屋がありました。
池へと続くクリークの中に立つそこへは
桟橋を歩いて渡るようです。
スナフキンが座っていそうですね♪
だれもいませ~ん
獲物を狩るハウンド犬らしく、
真っ先に小屋を目指したジジさんでしたが
生きものの気配はなかったようです。

もぬけの殻である小屋を後にして、
池の方へ行ってみることにしました。
お日様の気持ちよいこの日、
ムーミン達は水浴びしてるかも?
杉の木立が気持ちよい小路を
池へ向かって歩きます。
枯れ木が積もった地面が足に優しい
ムーミン谷だったのでした。

moomin_13.jpg池の畔まで来ましたがやっぱり
誰もいません。
もしかすると山の方へピクニックに
行ったんでしょうか?
地図を見ると、ムーミン谷の裏手には
山があり、ハイキングコースも
用意されているようです。
お昼を食べて行ってみよう ...
あ”っ、食べるものがない~

moomin_15.jpgmoomin_14.jpgmoomin_16.jpg

moomin_18.jpg持って来たお昼ごはんはジジさんのだけ。
腹ごしらえできた猟犬は元気いっぱいに
ムーミン探しを始めましたが ...
満たされぬ腹を抱えた人間達は。
見晴らし橋を渡り、
デッキウォークを登り、
滝を見る頃にはすっかり
疲れ果ててしまったのです。
なにか。食べものを~
ここムーミン谷には食べ物屋さんは
ありません。
園の入り口にある土産物屋さんまで
戻らないと、お弁当は売っていない
のでした。なんて書くと、
その土産物屋さんは遙か遠くのようですが
実際には、1分ほどの距離です。
でも、なんでしょう。
戻る気がしないのです。

moomin_20.jpgムーミンの世界から人間の世界へ
一度出て、また入るってのが、
どうにもいけません。
夢の続きは途切れない方が
よろしいようで。
ハイキングはまたの機会にしましょう。
今度はお弁当を持って、ね
← 散策した園内の地図

moomin_19.jpgムーミンを探しにやってきた
あけぼの子どもの森公園。
ムーミン達には会えなかったけれど
見るものは愛らしく
木々の香りも優しくて、
とっても楽しいところでした。
ちょっと遠いのが難点ですが、
ジジ散歩コースのひとつに決定!

とはいえ、イヌは建屋の中に
入ることができませんので、ジジさんにとっちゃ関係ないですね ...


moomin_17.jpg
探していたムーミンですが ...
フローレンと一緒に管理事務所にいました~




22:28 | ジジの散歩 | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。