2010年 05月
04 | 2010/05 | 06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

ジジさん、電車に乗る

asakusa_030.jpg時は一ヶ月ほど遡りますが、桜咲く4月の
とある日曜日。
3歳2ヶ月のジジさんは生まれて初めて
電車に乗ったのでした。
乗ったのは東武線30000系緩行列車、
浅草から5分ほどの旅路です。
たかが5分、されど5分。
それは電車初体験のイヌにとって
どんな時間だったのでしょう?

tobu30000.jpgイヌを電車に乗せるという意味では僕らも
初体験ですから、勝手がわかりません。
駅員さんに聞いたところ、
お代はいらぬがバッグから出ないように!
とのことです。
んっ、ちょっとやっかいかしらん?

泣くとか吠えるとか、他人様に
迷惑をかけることはない(と思う)
ジジさんですけど、問題は
温和しくバッグに入っていられるのか?
ということでありまして。

車内の風景やら車窓を流れる景色やらを
見たくて、顔を出してしまうじゃあ
なかろうか ... 、たぶん、おそらく。
でも、やってみなくてはわからないことも
あります。案外、バッグの中でいい子に
しているかもしれません。

幸いにも曇天の休日、いつもなら職場へ急ぐ乗客で殺気立つ通勤電車も、
のんびりした雰囲気を携えながら停車しています。
駅と駅の間が短い線区ですから問題を起こすようだったらすぐに降りられるし、
思い切って乗ってみることにしたのでした。

asakusa_031.jpg
表に出ぬよう スリングバッグ + ブランケット で鉄壁の作戦に出たジジ母


空いてる車両の、まばらな乗客の中に犬嫌いの人はいないんじゃないか? と
希望的観測を持ちつつドア付近に陣取りました。
発車ベルが鳴り、ドアが閉まり、VVVFインバータが唸りを上げます。
隅田川を渡るための、半径100mの右急カーブに鉄輪が軋みます。
知らない音、覚えのない揺れ、存じ得ぬ空気に、外の様子が気になり出したジジさんは、
ブランケットを押し上げてスリングバッグから顔を出してしまったのでした。
asakusa_033.jpg
発車早々に顔を出してしまったジジさん と 隅田公園の満開の桜


これでは、駅員さんとの約束反故、鉄道会社の規約違反です。
ダメダメと頭を押さえるジジ母、みせてみせてって首を伸ばすジジさん
押し問答はガタンゴトンと響くレール音みたいに繰り返されるのでした。
asakusa_032.jpg
車窓に流れる線路を見つめるジジさん、ナニを想うや?


結局、二駅ほどで降りた、ジジさんの 鉄子の旅
他の乗客にイヌの存在を悟られることなく過ごせた点では上出来でしたが、
外を見ないと気の済まない性格は今後の課題であります。
鉄旅の素質はあれど、鉄濃度が濃すぎるのかもしれませんね


tetsu_001.jpg
東武鉄道の規約
小動物の車内持ち込み について

小犬・猫・鳩またはこれに類する小動物
(猛獣および蛇の類を除く)で、下記に
該当するものは、
無料でお持ち込みいただけます。

○長さ70㎝以内、
 最小の立方形の長さ・幅および高さの
 和が、90㎝程度の容器に収容したもの
 で、かつ、
 他のお客様に危害をおよぼし、または
 迷惑をかけるおそれがないと
 認められるもの

○容器に収容した重量が10㎏以内のもの




スポンサーサイト
tags: 浅草
17:00 | ジジの散歩 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ジジと母のタワー記録 ... 380mの頃

skytree_022.jpg下町の一大事、東京スカイツリーです。
400mにならんとする高さもそうですが、
なんといってもその姿を一目見ようと
訪れられる人々の数が、この界隈の
キャパシティを超えつつあるような
気もしたり ...

先のゴールデンウィーク、東西に450mの
建設地へいらっしゃった見物人の数は
延べ4万人とか!
現地に近づくのは容易でない土日祭日が
続いています。

シリーズ、ジジと母のタワー記録 第3回
は、東京タワー(の高さ)に
いよいよ迫った328mの頃から、
第一展望台の基礎が組み込まれ
(さらに積み上がった)380mの頃、
までです。


さとと-タワー京成曳舟駅付近から
   スカイツリーの立つ業平・押上の隣町、北東におよそ1kmの距離にある曳舟は
   ただいま再開発の真っ最中です。
   ここにできる予定の大型ショッピングモールは主婦の一大(関心)事?
skytree_027.jpg
▲ 地上41階の高層マンション イーストコア曳舟二番館 と並ぶ 328mのスカイツリー


さとと-タワー江東新橋付近から
   ジジさんのお気に入り、旧中川の河川敷。
   右岸と左岸を行き来する橋のひとつに蔵前橋通りを渡す江東新橋があります。
   その西側(亀戸側)から見るスカイツリー、349mの頃
skytree_028.jpg
▲ スカイツリーからは約2.5kmの距離。この橋を渡るとイヌも入れるホームセンター


さとと-タワー京島の路地から
   旧き良き東京の面影が残る京島の街は狭い路地が入り組んでいるので
   住民以外は迷ってしまうんです。でも、これからは
   スカイツリーを目印に位置を把握することができそうですね。
skytree_029.jpg
▲ ツリーに向かってまっすぐ歩いていけそうですが、そうは問屋が卸さぬ京島の路地


さとと-タワー旧中川の河川敷から
   旧中川の左岸、江戸川区から臨むスカイツリーです。
   距離は2.5kmほどですが、思いの外視界は開けていて
   ツリーもよく見えるのでした。
skytree_030.jpg
▲ フラットな草地が広がる旧中川の左岸(平井七丁目付近)


さとと-タワー駒形橋東詰から
   隅田川を渡す駒形橋の本所側が東詰です。(浅草側は西詰)
   ここは五叉路の交差点ですが、写真奥の方向(ジジの尻の方)へ進む
   浅草通りの横断歩道に立てば正面にスカイツリーを眺めることができます。
skytree_023.jpg
▲ 350m付近に第一展望台の基礎が組み込まれました(上部のふっくらした部分)


さとと-タワー隅田公園(牛嶋神社)から
   墨田区側の隅田公園から眺めるスカイツリーです。
   ここは、撫牛が祀られる牛嶋神社のすぐ近く。もとは水戸徳川家の下屋敷、
   さらに古くは、源頼朝が豪雨で立ち往生した地、なんだとか。
skytree_024.jpg
▲ 380mに達したスカイツリー


さとと-タワー源森橋手前の三ツ目通りから
   辰巳から言問橋までを南北に結ぶ三ツ目通りが北十間川と交差する、源森橋。
   スカイツリーからは西北西に 600m ほどの距離です。
   このあたりを定点観測地点にされている方も多いようです。
skytree_025.jpg
▲ 高架上を走るのは東武200系特急電車 りょうもう号


さとと-タワー源森橋付近から、もう一枚
   スカイツリーのお膝元 業平 までは歩いて5分の源森橋は、
   縦に長いツリーを横に長いカメラへ収めるにちょうど良い位置関係
   なのかもしれませんね。
skytree_026.jpg
▲ 380mのツリーより大きなジジさんの図



17:00 | 下町界隈 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

モデル道は難しいなりぃ

gigi_544.jpg雨の日曜日はやることがなくて困ります、
イヌも人間も。
まぁ、こんな時は。引きこもり状態のまま
一日を過ごしてもいいんだけど、それには
ひとつ問題があって、明日から始まる
新しい週に向けて食べるものがない、と。
それはこまりますぅ~
ジジさん(と、ついでに僕らの)
食材を買いに行きましょうかねぇ ... ?

tia_07.jpgなんて言いながらそれぞれの午後を
過ごすうちに時刻は既に、3時。
動き出すなら今、です。
ジジ母のお気に入り、安くて新鮮な食材が
自慢のスーパーマーケット 新鮮市場
行こうと準備を始めていたら、
てぃばぶさんからメールがきました。
ワンカフェに、いま~す
おぉ、なんと奇遇な!
ジジ母が行こうとしているスーパーと
てぃばぶさんがいるドッグカフェとは
目と鼻の先の位置関係。買い出しついでに
お茶することにしたのです。

出動拒否のバブルくんはお留守番で
カフェにいたのはティアラさん。
お上品に見つめる目線の先には、
ジジに出されたカフェのおやつが
あったりします ...

tia_09.jpgお上品に、って冠言葉を付けたくなる
ティアラさん。その理由は例えば、
こんな時にあったりします。

カフェのソファをお借りして
仲良し記念撮影をしたとしましょう。
同じイタグレ女子でもご覧のように →
姿勢の凛々しさが違うんであります。
(ちなみに隣の胡散臭い輩がジジ嬢なり)

tia_10.jpg
美しい姿勢を知ってるティアラさんと ぐ~たらな姿勢しか知らないジジさん


ティアラさんは、天性のモデル嬢。
レンズを向けるとすぐにポーズとってくれて、しかも、そのまま静止していられる
なんてことは、なかなか真似のできるものじゃありません。
(ポーズを作る手間のかからない分)構図に集中できる、カメラマンにとっては
誠に申し分のないティアラさんなのです。
ジジさんも少し見習ってくれないかなぁ

tia_08.jpg
目ヂカラも魅力のティアラさん



17:00 | ジジの日常 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ジジさん、野鳥を観察す

mizumoto_055.jpgと、ある日の水元公園。
ジジさんが立つのは
鳥獣保護区域であります。
園内マップではバードサンクチュアリと
記されてるんですけど、看板を見れば
保護されるのは鳥と獣。
ワタシも保護してくれぃ
こんな時は
獣だと言い張る四本足のジジさん。
でもねぇ、保護すべきは自然に暮らす生き物たちで、家でぐぅたらしてるイヌは
含まれないようですよ。
・・・・・
じゃあ、何が保護されているのか、見に行ってみましょうか?

mizumoto_056.jpg
観察舎ののぞき穴から外の様子を伺うジジさん

mizumoto_057.jpg
なっ なっ なんか へんなものがいますよ とーちゃん

mizumoto_058.jpg
そこにいたのは川鵜(?)の大群でありました

水郷の公園、水元。ここのバードサンクチュアリは水鳥たちの聖域なんですね。
保護されている鳥獣が自分とは違う生き物らしいと納得したジジさんは、
興奮することもなく静かに、野鳥を観察したのでした。

野鳥観察犬ジジさんですが、水元公園へ来たからには
おさんぽ~ というわけで。
鳥たちにちょっかいを出す前に園内を散策したのでした。

mizumoto_059.jpg
いよいよ夏本番の水元公園は緑が目に眩しいくらいです

mizumoto_060.jpg
木立を吹き抜ける風も心地よい、初夏の水元です

mizumoto_062.jpg
水路を渡る桟橋も涼しげな装いに

mizumoto_061.jpg
(井の頭公園と同じように)水中にもののけの気配を感じたジジ嬢

mizumoto_063.jpg
そして。やっぱりやってしまった、背中スリスリ ...




16:41 | ジジの散歩 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

Sajilo Cafe

kichij_001.jpg住みたい街ランキングで堂々の全国一位を
獲得する吉祥寺。
何度か訪れてはいますが、そういえば。
ジジさんは行ったことがなかったっけ。

学生の街にしてサブカルチャーの発信地
である吉祥寺、すぐ隣には井の頭公園。
連休の暇を持て余す人間と
草地で背中をスリスリしたいイヌの思惑が
絡み合った5月4日のみどりの日、
僕らは武蔵野の台地を目指したのでした。

真夏の暑さがやってきた昼下がり
まずは腹ごしらえを、と。
事前に調べておいたドッグカフェへ
行くことにしました。
いや、正しくは ...
イヌも入っていいかもしれないカフェ
であります。

kichij_002.jpgイタグレを飼われてる方のブログで
読み知った Sajilo Cafe
行くと決めた瞬間に探し出した吉祥寺の
カフェ情報だったので、
最も重要な場所(地図)以外はよく
読みもせず、店の外観やら、料理やら、
イヌも堂々と入店できるのか、等々は
知らずに五日市街道を歩いたのでした。

うっかりすると通り過ぎてしまいそう。
小さな佇まいが逆に意識を呼び寄せる
サジロカフェの店構え。
年季は入っているけど簡素で清潔な建屋が
うまいもの屋さんを予感させます。
で。なんのお店?
とメニューを見れば ...
カレー屋さんだったのでした。
ついでに。
イヌは入れるんでしょうか?

kichij_003.jpg小さな店内に
溢れんばかりのお客さんはすべて人間。
残念ながらイヌは
いらっしゃらないようです。
あらら ... 、イヌは
入っていけないカフェだったか? 

(犬種は)なんですか?
日本人にしては彫りが深く
外人にしては日本語が普通であることに
戸惑いを感じつつ、カウンター越しに
問い返す男性がかっこいいのは
めっけもんだと思いながら、
イタグレです と答える僕。

いいですよ
快く受け入れてくださったのは
(後で知ったのですが)店主の
neel さん、でした。

kichij_004.jpg
みなさんの邪魔にならないよういい子にしてネ と母に教育的指導を受けるジジ嬢

kichij_007.jpg
頼んだのはランチセット A カレー1種にナンとサラダとラッシー

kichij_005.jpg
あれれ ワタシのは? あっという間になくなるカレーに未練たっぷりのジジさん


kichij_006.jpgカウンターの中で忙しく動かれる
店員さんのやりとりを聞くに、やはり、
日本の方ではないようです。
インド? パキスタン? ネパール?
事前情報に乏しくどこのお国のカレーか
(その時は)判りませんでしたが、
辛みを抑えつつほんのりとした甘みが
舌に優しいルゥと
外側はパリッと内側はモチモチのナンとの
コンビネーションが食をそそります。

ルゥの器やナンのバスケット、
テーブルを照らすランプ、
壁を飾るアクセント。
店内のひとつひとつに気持ちが行き届き
美味しく食事を頂ける空間は
居心地がいいとも言い換えられて、
お裾分けを頂かなかった我がジジ嬢も
温和しく過ごしてくれたのでした。

お会計の時に話してわかったのですが、
主の neel さん、イタグレと暮らしてらっしゃるんだとか。
だから、イタグレを飼われる方のブログで紹介されていたんですね。
お近くの方ですか?
(残念ながら)遠いんです。でも、また来ますね
そんなやりとりも味の記憶に残るサジロカフェのランチでした。


食後は吉祥寺の街へ。
井の頭公園へ向かって歩けば、人、人、人。
途切れることのない人の波に小さなイヌも右往左往しながら、なんとかたどり着いた
井の頭恩賜公園。でも、そこも。
自由に歩くのが難しいほど、すんごい人の渦だったのでした。
kichij_008.jpgkichij_009.jpg
七井橋を渡る最中、池にもののけの気配を感じ立ち止まるジジ嬢

kichij_010.jpg
そこに現れたのは井の頭池の主、大きな鯉でした


住みたい街ランキング一位の吉祥寺は、遊びに行きたい街ランキングでも
上位にあるんだろうなと思わせる、みどりの日の混雑ぶり。
イヌがお散歩するには平日に来た方がいいみたいですね。
kichij_011.jpgkichij_012.jpg
笑うブルテリアは雑貨屋さんの置物   ウェスタンな店構えの Water Dog Garden
ちょっと歩いただけでも面白いものが目に飛び込んでくるのがこの街の魅力




12:00 | ジジの散歩 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

幕張でお散歩

makuhari_001.jpg海を見たい と言ったのは
ジジさんだったかジジ母だったか
定かでないけれど、
人間ふたりと犬いっぴきを乗せた車は
国道357号線を東へ向かったのでした。
5月3日の憲法記念日、郊外へと向かう
高速道路は朝から麻痺しています ...

てな、渋滞情報を聞きながら走れば
いつの間にやら標識には幕張の文字が。

makuhari_004.jpg幕張と言えば
今日は日本最大級のペットイベント
Pet博 2010 が開催されていたのでは?

ちょっと覗いてみようか、と。
一瞬は思ったのですが、しかし。
会場となる幕張メッセの駐車場には
の字が赤く輝き、行き場を失った車の
列が右往左往している天下の王道、
その中の一台になってしまうには
あまりにも太陽の光がまぶしい
海辺の街だったのです。
やっぱり海を見よう
渋滞するメッセ大橋を左折し、
海岸沿いの道を千葉港方面へ進むと
右手の車窓には打ち寄せる波の
白い波頭がチラホラと。
海岸は思いの外、近いようです。

makuhari_008.jpg(ナビではなく)地図によれば
この辺りの海岸は公園として
整備されているようで、
花見川を挟んで西側が幕張海浜公園、
東側が稲毛海浜公園となります。

とりあえず、駐車場が目に入った
幕張海浜公園を探索することにして
クルマを降りたのですが ...

陽光を受けてキラキラと輝く水面に誘われて海岸へ出てみると
そこには強い海風が渦巻いていたのでした。

makuhari_002.jpg
吹き付ける海風に恐れをなすジジ嬢

風が苦手のジジさん、海から岸へと吹き付けるオンショアにプルプル。
こんな光景をどこかで見たなぁ ... 、と思ったら
一年前の、憲法記念日。三崎は城ヶ崎でも、やっぱり風に震えてました。
やってることが同じですねぇ、イヌも、人間も。

makuhari_003.jpg
波打ち際へ行こうにも風が邪魔して動けない、のでした


海辺で固まっているジジさんがあまりに不憫なので、
木々が風を遮ってくれる公園広場へ場所を移すことにしました。
緑の大地を見つけたジジさん、からだがムズムズしてきたみたいです。
makuhari_006.jpg
期待に満ちたまなざし。これからナニをするつもり?

あ~あ、やっぱりね。どこへ行ってもやってしまう、背中スリスリ。
これさえできれば、幸せなんでしょうねぇ ...
makuhari_005.jpg
潮風を含んだ大地はまた、感触が違うのかしらん

千葉マリンスタジアムを敷地内に抱える幕張海浜公園の面積は 67.9ha も
あるんだそうです。
木陰が気持ちよさそうな小道や池泉回遊式の日本庭園とか、面白そうです。
ただ、舎人公園よりちょっと大きいこの公園は一日で探索できる広さじゃないわけで。
公園探索は日を改めることにして、行ったことのない幕張、ベイタウンを
お散歩してみました。

makuhari_007.jpgパリ、ミラノ、ボストン?
統一されたデザインの建物と
碁盤目に整えられた区分けが
西洋の街並みを彷彿とされる
幕張ベイタウン。
確かに、美しい景観なんですが。
なんでしょう、ゴミゴミした下町に
住んでいると綺麗すぎて怖いような
感じも受けたりします。
もう少し生活の臭いがあっても
いいような気はするんですが、それじゃあ、下町になっちゃうか ...
さらに街中へ入り込めば違う一面に出会えるのかもしれないけれど、なにせ風が強く、
早々に引き上げたのでした。
幕張海浜公園と共にここも、また、来てみましょうね。



tags: 幕張
22:08 | ジジの散歩 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

遊歩道ができたよ~

nakagawa_038.jpg五月晴れで幕を開けた5月、
我が家の近所の観光地
- 古来からの名所 亀戸天神 は藤まつり、
 未来の名所 スカイツリー は特に
 なんでもないはずだけど -
は、
どちらもたいしたにぎわいようです。
そういえば、
ゴールデンウィークですものね。

(天候不順だった)先月を
引きこもり犬として部屋で過ごしていた
ジジさんは ... といえば、
抜けるような青空に誘われてベランダで
日光浴している、5月2日の日曜日
ではちょっと、と。
そこまでお散歩へ行くことにして
旧中川へとやって来たんでありますが。
ここでビックリ!
道が続いてるぅ~

nakagawa_034.jpg粛々と進行する
旧中川の親水護岸整備工事は
右岸の未整備地帯(の一部)へ
遊歩道を造り上げていたのでした。

フェンスに遮られ、車が行き交う道路へ
一度出る必要があったお散歩も、
これからは水辺をそのまま歩くことが
できるようになるんですねぇ~
とはいっても、まだ部分開通。
全通すれば、7kmにちょっと満たない川沿いのお散歩コースが出現するわけで
イヌもその日を待ち望むのでありました。

nakagawa_040.jpg
防波ブロックの岩を並べた川岸には葦を育成させるためのスペースが

nakagawa_037.jpg
芝を植えたばかりの敷地が広がる遊歩道脇

nakagawa_039.jpg
土手とつながる階段は通行止め。まだ行っちゃダメだよ~

nakagawa_041.jpg
出来立ての散歩道を我が物顔で歩くジジさん


親水化工事を終えて久しい箇所の土手には雑草が緑の絨毯を造り、
葦が生い茂る水の中には小魚がたくさん泳いでいます。
自然を取り戻しつつある旧中川の風景、東京にいるとは思えないくらいのどかなんです。

nakagawa_036.jpg
土手の緑が目に優しいここはジジさんお気に入りの草地

nakagawa_033.jpg
川岸に茂る葦の根元には小魚がたくさん

nakagawa_042.jpg
おさんぽ たのしや~



tags: 旧中川
17:09 | ジジの散歩 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

引きこもり犬

早いものでもう、5月。
なんだかんだでブログを離れると復帰するにも腰が重くなってしまうようですが、
その間ジジさんは日々、うだうだと ...
どうにも運動不足かなぁ、と思ったら。
4.35kg なりぃ
あらぁ~、おデブさんになっちゃったのねぇーーー

春というのに4月は冬みたいな1ヶ月でしたから、
雨と風と寒さが苦手のジジさんは家から一歩も出ない引きこもり犬になっていた
というわけなのでした。

引きこもって暮らすジジさんの毎日といえば、
タマゴちゃんであそんでぇ~と、言ってみたり
gigi_538.jpg
(一緒に遊んでるとすぐに飽きてタマゴちゃんを放り出すのはいかがなものか)


みてみて。イタズラするよぉ~なんて、計量カップと戯れてみたり
gigi_537.jpg
(見ると喜んでイタズラ、無視すると黄昏れる、ジジ嬢)


うまうまぁ~と、アキレスに噛みついてみたり
gigi_536.jpg
(取り上げようとすると、唸るわ、噛むわ、の悪いコに)


きょうのごはんはなにかなぁなんて、夕飯を想像してみたり
gigi_539.jpg
(寝るでもなく起きるでもなく、ただただ、まんじりと ... )


とまぁ、お家の中でも楽しく暮らすことはできるようですが。
やっぱりお外はいいなぁ って、
お天気の良い日に限り、そう思う、引きこもり犬なのでした
gigi_535.jpg
(春の河川敷は緑が気持ちいいのであります)



17:00 | ジジの日常 | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。