スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

お台場遠足

odaiba_016.jpg何度も訪れたことのあるお台場ですが、
その13号埋立地の西端にある潮風公園へは
行ったことがありませんでした。

そういえば。
七つの海をひとつに結ぶ 船の科学館
入ったことがないジジさんとジジ父です。
ジジ母だけはその昔、
入った記憶があるとか、ないとか ...

odaiba_020.jpgまっ、どうせ。
イヌの入れぬ博物館ですから、
船の科学館についてのどうのこうのは
関係ないんですが、そのお隣潮風公園は、
ちょっと気になる存在です。

秋の長雨が始まった(のか?)9月末に
抜けるような青空が顔を出した日曜日、
その辺りへ行ってみることにしました。

odaiba_017.jpg名は体を表す。
潮風が心地よく吹き抜ける潮風公園。
対岸に見える大井埠頭や品川埠頭には
陸揚げを待つ荷を満載したコンテナ船が
停泊してたり、東京湾を巡るクルーズ船
なんかも見えたりで、海浜公園らしい
景色を堪能できるのでした。

海沿いの散歩道を歩けば、そのまま
お台場海浜公園 へ出られると、地図に
あります。
距離は ... 、2Kmくらいでしょうか?
とりあえず。
デックス東京ビーチを目指して出発~

しおかぜ橋を渡って公園の北側へ。
この橋を横切るように首都高速湾岸線の
海底トンネルが走ってるんですって!
驚くべきはニッポンの土木技術 ... ??

odaiba_018.jpgodaiba_019.jpg
でもぉ ... くるまは みえませんよぉ~  海底トンネルだからねぇ


odaiba_022.jpg橋を渡って道なりに歩いて行くと
レインボーブリッジが見えてきました。
左手には海、右手には草原が広がります。
陽気に誘われた大勢の人が、
釣りをしたり、バーベキューをしたり、
お散歩したり ...
少し暑くなってきたので、木立の中へ。
彼岸花の赤い色が目にも鮮やか。
あれれっ、ジジさんは?

odaiba_021.jpgodaiba_023.jpg
草地を見つけると思わずスリスリ~   そして、母から教育的指導を頂くジジさん


odaiba_025.jpgどこへ行ってもスリスリですね。
また風呂に入れられちゃうぞ~

木立を抜けた遠足隊は北東に進路を
取って海沿いに歩きます。
忽然と表れた、自由の女神。
セーヌでも、マンハッタンでもないのに
なぜにお台場で、自由の女神?

フランス政府公認のレプリカである
この女神像は、日本の フランス年 なる
文化交流の名残、のようです。
時は、1998年。サムライブルーが初めて
ワールドカップに出場した年、
ここお台場のビッグサイトでは
フランス祭が開催され、セーヌ川の
自由の女神がやってこられたんですが、
さすがに本物はお帰りになられたようで。
J'aime la France !


odaiba_026.jpgodaiba_027.jpg
自由を象徴する女神の足下で 自由と民主主義を宣言するジジさん

odaiba_034.jpgodaiba_035.jpg
公園内のマリンハウス、テラス席でひと休みする の絵

odaiba_028.jpgジジさんの自由と民主主義はたぶん
メシをくれ~ぃ
ってことでしょうから、海岸沿いの
マリンハウスでランチタイムです。
テラス席はイヌも同伴できました。
よかったね♪
ひと休みしたら、パレットタウンへ向けて
歩いてみましょうか。

odaiba_029.jpgodaiba_030.jpg
台場地区と青海地区を結ぶ天空の渡り廊下、テレポートブリッジを歩くジジさん

odaiba_031.jpg大きな観覧車のあるパレットタウンには、
イヌも歩けるショッピングモール
(ヴィーナスフォート1F)があります。
新しくなったペットシティ PECOS で、
母はお買い物~♪

ペットショップも変わった?
イヌ歴は浅い僕でも、2年前にはなかった
光景が、ここにはあるような気がします。
子犬達が仲良く遊ぶ販売用ゲージ
(幼犬時の社会体験も経験済み?)、
プレミアムフードや自然派オヤツの棚、
小綺麗な動物病院の併設 ...
そして。驚いたことに、
里親募集のコーナーがありました。
愛らしい表情でお客さんを魅了する子犬達
とは違って、ゲージの中でひっそりと空を
見つめる迷い犬。なんだか、
複雑な気持ちになってしまうのでした。

odaiba_036.jpgodaiba_037.jpg
子供たちに愛想を振りまくジジさん と 母の買い物をひたすらに待つジジさん


odaiba_032.jpgお買い物を兼ねたショップ見学を終え
さて、次は船の科学館に針路をとって
遠足を続けましょう。

  道路脇の空き地から見たフジTV →
ヴィーナスフォートのある青海地区は
広い空き地があちらこちらにあります。
国際的な都市開発を目指しているんだ
そうですが ...

odaiba_033.jpg故青島都知事がスケッチした未来地図も
今のところ絵に描いた餅?
ところがどっこい、
ただでは起きない、臨海副都心。
青海Q街区計画なる大規模開発が予定されて
います。開業は平成24年春、とのこと。
どんな風景ができあがるんでしょうね?

船の科学館から(出発点の)潮風公園へ
舞い戻り、噴水広場で小休止です。
雲が厚くなってきました。夕方6時より雨となっていた天気予報、当たってしまいそう。
そろそろ帰りましょうかね ...

odaiba_039.jpg
今回の足取り。潮風公園から潮風公園まで。四角形に4Kmちょっとのコースでした!




スポンサーサイト
12:50 | ジジの散歩 | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑

てぃばぶキッチンのお焼き

tibabu_028.jpgなにやらご執心のジジさんです。
まぁこういう場合、
ほとんどは食べ物がその対象で、
しかとつかむ母への 思慕の情
さほどでもない、ようでございまして。

然るに、花より団子なジジさんが執着する
母の手には美味しいものがなにか、
握られているのは間違いありません。

試食サンプルのフード?
プサコさんのウナボーン?
ジジ母特製ササミジャーキー?
う~ん、ちがうんだなぁ

違いのわかるオンナ、ジジ嬢が
すがってまで食べようとするオヤツ。
それは ...

tibabu_029.jpg
てぃばぶキッチン特製、お焼き!なのでした。

ティアラちゃんとバブルくんと一緒に木場公園へお散歩に行った日、
てぃばぶさんから頂いたオヤツ。
綺麗なラッピングをほどけば、カップの中には甘い香りが。
カボチャベースのヨーグルト入り お焼き なんですって
カボチャもヨーグルトも大好きなジジさん。
好物の素材がふたつも入っていれば、すがりつきたくもなりますよねぇ~

tibabu_026.jpg
お焼きを 奪われまい と、必死のジジさん

tibabu_027.jpg
かーちゃん もっとおくれよ~ と訴えるジジさん

tibabu_025.jpg
え”っ これで さいご ですかぁ !!! と驚くジジさん


そっか~、手間暇掛けたオヤツなんだ、って。イヌにもわかるんですね。
作る人の顔が見える食べ物って大事なんだなぁ、と改めて思った
てぃばぶキッチンさんの お焼き なのでした。



12:00 | ジジの食 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

背中スリスリ大連発

mizumoto_087.jpg水元公園へやって来ました。
この前遊んだのは確か6月の半ばころ
ってことは ...
およそ3ヶ月ぶりの、水郷の里です。

過ぎゆく夏を惜しむように、
来るべき秋に備えるように、
園内の草木は種や実をつけ始めています。
木立を抜ける風も爽やかに乾いています。

mizumoto_088.jpg9月第3週の日曜日。
ジジさんの行きたいところへ連れてって
あげようと考えたジジ父は、
ご近所さん集合で錦糸公園へ行った時
ことを想いました。
ジジさんは背中スリスリがしたいんだね~

(背中スリスリ)ベストポイントを
知っているジジさん、水元公園の地図は
頭の中に入っているようです。
我先に目指す、クリーク近くの大草原。見渡す限りの草むらの中で今日は
思う存分、やってやるぞぉ~なんて、考えてるみたいです。

mizumoto_085.jpg
お気に入りの草原で、まずは周囲にイヌの気配がないかを探知するジジさん

mizumoto_086.jpg
危険度ゼロとわかれば ... もう遠慮はいりませんねぇ

mizumoto_090.jpg
頬で芝の感触を確かめて、ひっくり返ります。(左上から時計回りに)


mizumoto_092.jpg
場所を変えて、また、ひっくり返るジジさん。芝の違いがわかるのか?


mizumoto_093.jpg解き放たれた願望は留まるところを
知りません。
あっちへ行ってはスリスリ、
こっちに戻ってもスリスリ。
時を変え、場所を変えても
やってることは同じ。
ナニが彼女をそうさせるんでしょう?
こんな楽しそうなジジさんを見ると
庭付きの戸建てが欲しくなります ...


mizumoto_094.jpg
ふと立ち止まり やっても いいですかぁ? と問いかけるジジさん

mizumoto_095.jpg
同じ草原でも、茂る草や土の湿り具合なんかが違う模様 ...

mizumoto_096.jpg
天に向けて四肢をばたつかせるこの瞬間が最高のようで ...

mizumoto_097.jpg
(たとえて言うなら)満面の笑みを浮かべて起き上がるところ ...

mizumoto_098.jpg
もういっかい やっても いいですかぁ? とねだるジジさん


mizumoto_091.jpgこの日、背中スリスリ大連発を見てて
気付きました。
ジジさんの場合、
右肩から入って右回りに一回転
なんですね~
ってことは、右利きなんでしょうか?

それにしても、いつ頃から
ひっくり返るようになったんだろう?
まだ1歳だった頃は、こんなことしてた
記憶はないんだけどなぁ ...

さて。
スリスリ連発で満足しきったジジさん、
早くも帰り支度。3ヶ月ぶりの水元公園
なのに、お散歩も省略のようです。

再び、頭の中の地図を頼りに駐車場へ
急ぐジジさんですが、ちょっと待て!

顔は草木の種だらけ、背中は枯れ草だらけ、足は泥だらけ、ではないですか。
このままクルマには乗せられんなぁ~
駐車場へと戻る途中のベンチ、取り出されたタオル、身構えるジジさん。
草木の種を払い、枯れ草をつまみ、でも。泥だけは取れません。
ん~、こりゃ、ダメだ
もしかして。かえったら(大ッキライな)フロですかぁ ... ???

mizumoto_089.jpg
嫌な予感通り。帰宅早々、風呂に入れられたジジさんなのでした~




13:00 | ジジの散歩 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ご近所さん集合!の2回目

friends_016.jpg第一回目から約半年
ご近所さん集合!の、第2回目です。
時は ...(白露の頃だというのにまだまだ
暑かった)9月12日の日曜日。
場所は ...(この日は冷房が効き過ぎてて
寒かった)亀戸のワンカフェ。
集まったのは ...(生まれは色々だけど
下町育ちの)イタグレ6頭なりぃ~
今日のみんなは、どんな感じ?

friends_017.jpg
ちょっとお澄まししてみましたぁ~ by ティアラ

friends_018.jpg
イヤコラセ~♪ 来年の錦糸町河内音頭盆踊り大会に向けて練習中~ by バブル

friends_003.jpg
なになにぃ~?(レンズに Kiss !!) by ルナ

friends_002.jpg
横顔もオトナになったでしょ~ by リケ

friends_004.jpg
ほらぁ、ふつうの大きさでしょっ! by ハル


friends_022.jpgご近所さんの中でも特にご近所さんの
ティアラちゃんとバブルくんはよく
会ってるんだけど、相変わらず
ティアラちゃんはモデル嬢のように
姿勢正しく毅然としてて、
ひょうきんもののバブルくんは
何をするにも仕草がおかしくて。
半年ぶりに会ったルナちゃんは
やっぱり小さくて可愛らしく、
同じく半年ぶりのリケくんは
(ビックリするくらい)大きくなって
ますますハンサムに。
初めて会ったハルくん、ウワサ以上に
デカグレーーー(!)
でも、気立ては優しくて良かったよ~

弾む会話の合間に人間達はランチを、
遊ぶ絶え間にイヌたちもお昼を ...
と、思ったら。

friends_021.jpg1日3食の食いしん坊はジジさんだけ、
だったのでした。
みんな、いかがですか~?
ワンカフェさんのワンメニューから
ジジさんが選んだのは鶏団子。
ボリュームたっぷりなので、みなさんへ
お裾分けです。
美味しかったかなぁ?

friends_001.jpgfriends_005.jpg
カフェでくつろぐイタグレの皆々様


friends_010.jpgそんなこんなで気付けば外はもう夕暮れ。
汗ばむ陽気も影を潜め、気持ちいい空気が
漂ってます。
ちょっと散歩でもしましょうか?

長居してしまったカフェを出て錦糸公園へ
行くことにしました。
みんな仲良く一列歩行 ... なんだけど
← ひとりだけ。微妙に間を空けるやつが!

friends_014.jpgfriends_013.jpg
バブルくんが来ても視線をずらし、ルナちゃんが遊んでても知らぬフリ

friends_012.jpg箱入り娘というか、内弁慶というか、
社交性に欠けてるんですよね~
ジジさん、このままでいいのっ?

仲良くじゃれ合うリケくんとハルくん
木の枝で遊ぶルナちゃん
みんなに挨拶してまわるバブルくん
抱っこをせがむティアラちゃん
背中スリスリに夢中のジジさん

同じ地域で暮らす同じ犬種でも性格は、それぞれ。
でもそこが楽しいご近所さん同士。次回もまた、みんなで楽しくやりましょうね~♪

friends_011.jpg
芝の感触を確かめるジジさん。この後、大好きな背中スリスリへ ...



17:00 | ジジの日常 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ジジさんのサスペンス劇場 ... 隧道編

izu2010_53.jpg天城を舞台にした物語と言えば、
川端康成の 伊豆の踊子 ですが、もうひとつ
感慨深いサスペンスがありました。

三十数年昔のこと、16歳の私は、はじめて天城を越えた。天城のトンネルを通り抜けると、別な景色がひろがっていた。私は、他国を感じた ...
松本清張の 天城越え です。

izu2010_54.jpg天城には現在、新旧ふたつのトンネルが
存在します。
物語の舞台になったのは旧天城トンネル
- 天城山隧道 - で、石造の全長445.5m、
明治37年(1904年)の開通です。

伊豆旅行、二日目。
熱川から沼津を目指す旅一座は、
物語と同じように天城を越えたのです。
いや、正しくは。
抜けたのは新天城トンネルで、静岡を目指す16歳の少年が歩いた天城山隧道へは、
わざわざ(!)立ち寄ったのでありました。

izu2010_59.jpg
日本の道100選にして国の重要文化財である天城山隧道

izu2010_55.jpg伊豆の背中を貫く大動脈 国道414号 を
外れ、野趣に富む林道を分け入ってまで
ここへやって来た理由は ...
天城山隧道はパワースポット!
というジジ父の一言にありまして、
その出所定かでない言葉を信じた
ハチママは、いちスピリチュアルファン
として思ったのでした。
立ち寄る意味はあるわよね~、と。

izu2010_52.jpg
天城山隧道へ歩を進める旅一座

izu2010_57.jpgそして不思議なことに。
隧道の入口に立った瞬間、彼女の両肩には
なにか、が。
重くのしかかってきたのでした。
早くパワースポットへ ...
気の力を求め
ガス灯(を模した電球)が妖しく点る
隧道の中へと足を踏み入れた
ハチママの運命や、いかに?

izu2010_56.jpg
なにかに追いかけられるように、ひたすら走るジジさん


昨年の伊豆旅行で 1/7しか巡れなかった 河津七滝が、この先にはあります。
そこまで歩くことはないにしても、500mに満たない隧道くらいは抜けるかと思われた
入口よりほんの、100m位の位置で。

(ホントに)パワースポットなの? と、つぶやくハチママ。
え”~、誰がそんなこと言ったの? と、驚くジジ母。
いや、その。パワースポットかなぁ ... と思ったんだけど と、弁解するジジ父。
デマ、か

パワースポットは根も葉もないジジ父のたわごとと知れた瞬間、一同、回れ右で
来た道を引き返したのでした。
それでは物語の終わりを見れないではないか~ と、ひとりごちるジジ父を
置いていくように ...
izu2010_58.jpg
入口は大きく、出口は小さい、天城山隧道なり~


ところで。ハチママに取り憑いたなにか、は。なんだったんでしょうねぇ~?
踊り子に会いたい一心で天城を走った一高生の〔私〕だったのか、
修善寺の酌女と仲良く歩いた16歳の〔私〕だったのか。
謎が謎を呼ぶ、天城山隧道です。




tags: 伊豆
17:00 | ジジの旅行 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ジジさんのサスペンス劇場 ... 絶壁編

izu2010_34.jpgサスペンスといえば、
断崖絶壁に聖母たちのララバイ、そして。
火曜サスペンス劇場
とっくの昔に放送を終えているというのに
昭和の世代は旧いものばかりが記憶に
残ってたりするんです ...
追いつめられる犯人、
開き直る男、独白する女。その背景には、
切り立った崖と白い牙をむく波濤。
そこは、何処?
ここだろぅ~
城ヶ崎海岸
東伊豆の名勝にしてサスペンス劇場の
定番ロケーション。昨年、
一文字違い(城ヶ崎ではなくて城ヶ島)で
し損じた ジジさんのサスペンス劇場
その続きは今度こそ。
創造できるのかしらん?

izu2010_37.jpg荒涼とした岩肌、飛沫を上げる波、
グラグラと揺れる足下。
眼下に覗く景色はまさに、
火サスそのものの、門脇吊橋。

沸き上がる好奇心と渦巻く恐怖心 ... は、
カメラ片手に観光客よろしく歩くジジ父
だけが抱いたようでして、先を歩く
ジジさんには至って、普通の道なり~

izu2010_36.jpg
そんなに こわいんですかぁ? と、足を止めたジジさん

izu2010_35.jpg
ちぃ~っとも こわくないです ってのは強がりか?

izu2010_38.jpgizu2010_39.jpg
ジジさんが渡った 長さ48m高さ23m の門脇吊橋。上下左右に、微妙に揺れます


スリリングな吊り橋を渡った先は哀しい物語が宿る 半四郎落し
あぁ、こういう場所で数々のシーンは撮られていたのね~
そう思ったカメラマン(ジジ父)は、ロケハンのために崖っぷちまで行ったのですが、
下をのぞき込んだ途端に足もすくむ、高所恐怖症。
ジジさんのサスペンス劇場どころではなかった、のでした。
izu2010_46.jpg
吊り橋を渡った先の 半四郎落し から崖下を見た(つもりの)図


izu2010_40.jpg気を取り直して、
もう少し先へ進んでみましょう。
ピクニカルコース(遊歩道)に沿って
海へ下るように進むと、ちょっとした
広場がありました。
溶岩岩石海岸のここは、うっかりすると
足を切りそうなほど鋭い岩がゴロゴロ。
サスペンス劇場のラストシーンには
うってつけの場所かもしれません ...

izu2010_42.jpg
海に行く手を阻まれた逃亡犯。万感こもごも至る瞳は何を物語る?

izu2010_43.jpgizu2010_44.jpg
追いかけて来た姉さんへ別れを告げ、意を決したように踵を返す逃亡犯

izu2010_47.jpg
ワタシがやりましたぁ~ 罪を独白する逃亡犯

izu2010_41.jpg特に意図しなくても
写真を何枚か並べただけで、なんとな~く
サスペンスじみてくるのが、城ヶ崎。
本場は違うのであります。

念願の城ヶ崎に立ち寄ることができて
大満足の旅一座でした。
その夜、宿の一室で話題になったのは
やっぱりサスペンス劇場 ...

izu2010_51.jpg片平なぎさ演ずる葬儀屋の女社長とその
婚約者、神田正輝演ずる医師の二人が
狩矢警部もお手上げの難事件を解決して
いく 赤い霊柩車 でございます。
いい歳して、いつまで婚約者なんだ とか
山村美紗ものには必ず出てくるよね~
(娘の)山村紅葉って
 とか
あっこは~ん の
大村崑(1級葬祭ディレクターの秋山さん)
がいい味出してるよねぇ
 とか。
大いに盛り上がった 赤い霊柩車 では、ありますが。ちょっと、待て。
あのシリーズは確か 金曜プレステージ(フジTV系)では、なかったか?
日テレの火曜サスペンス劇場じゃあなかったわけでして。しかも、舞台は京都。
城ヶ崎なんて、ひとっつも関係ないサスペンスだったんですよねぇ ...



tags: 伊豆
17:59 | ジジの旅行 | comments (3) | trackbacks (0) | edit | page top↑

新作ですのよ♪

tibabu_021.jpgと、ある日の夕方。
ご近所の てぃばぶさん とお茶することに
したジジ母は、これまた近くの喫茶店
真美い庵 へ行ったのでした。

飾らぬ時間が流れる店内で
下町談義と一緒に頂きましたぁ~
てぃばぶ夢工房の新作ですぅ
あーーー、ビックリ♪

tibabu_017.jpg
てぃばぶさんの新作〔スカート付きノースリーブ ボーダー仕様〕なり~

女の子だというのにワードローブの中身は男子服(?)ばかりのジジさん、
スカート付きのお洋服は初めてです。
着てみた感じは、いかがでしょう?

tibabu_019.jpg
(おしりのひらひらが)はずかしぃ~!  by ジジ

tibabu_018.jpg
そこが かわいいんですのよーーー♪  by ティアラ


そうそう、このお洋服は ティアラちゃん & バブルくん と、お揃いなんです。
もちろんバブルくんのはスカートなし、ですけどね。
これを着て、みんなでおでかけしたいね~ と思う、ジジ家なのでした。
tibabu_020.jpg
寝そべるバブルくんの真似をして、床に伸びるジジさん


実はこの日、てぃばぶキッチンさんからもプレゼントを頂きました。
(暑い日に)喉ごしのよろしいジュレです。
写真を撮る間もなくジジさんが食べちまったので、どんなものかは コチラ
ご確認くださいませ。

お洋服にオヤツ。てぃばぶさん、ありがとうございました~


17:00 | ジジの服 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

楽風雅殿 2010 夏 ... その3

izu2010_21.jpg熱川の朝です。
今夏に入ってから、すっかり早起きに
なったジジさん
おさんぽへ つれてってぇ~
朝の6時から。
頼む相手は、ジジ母。
寝坊助のジジ父には早朝散歩の相手は
務まりませんので、あしからず ...

izu2010_23.jpg楽風雅殿のある一帯は
海を望む小高い丘の閑静な別荘地です。
野鳥がさえずる木々の回廊を抜けると
突然、海が見えたりするのです。
こんなところで人生を過ごせたら
いいんですけどねぇ~
去年はこのあたりでゲロしてしまった
ジジさんですが、今年は大丈夫でした。
少しは丈夫になったのかな?


izu2010_22.jpg
別荘地の見晴台(?) 朝日きらめく相模湾が綺麗なり

izu2010_24.jpgizu2010_25.jpg
早朝散歩から帰って 部屋の日だまりで 二度寝するジジさん


izu2010_27.jpg散歩に出る人、温泉に浸かる人、
眠り続ける人。
思い思いの時を過ごすうちに、朝食の
お時間となりました。
楽風雅殿のおもてなしは続きます。
旅館の朝食って、残したくなるものが
一、二品、あったりするよねぇ

そんなことをおっしゃるグルメチーム
男子ですが、こちらはどうでしょう?

izu2010_26.jpg
残すものがなにもない! と、グルメチーム男子を驚かせた楽風雅殿の朝食
素朴ながら、その実、手の込んだ和食は、一日の元気の源


izu2010_30.jpg昨夜に続くご馳走で、もう動けない~
くらいにお腹が苦しくなってしまった
旅一座ではありますが、
そうもゆっくりしていられません。
泊まる宿が大事だった旅行ですから、
次の目的地へ何時まで 的な切迫感はない
けれど、やっぱり少しは観光もね ...
名残惜しいけれど、
そろそろチェックアウトしましょう。

izu2010_29.jpgizu2010_28.jpg
窓から差し込む朝日の中で まったりと出発の時を待つジジさん



(二度目の)ジジ家とハチ家、そして、(初めての)グルメチーム男子1名と女子2名の
楽風雅殿 2010 夏は、こんな風に過ぎていったのでした。

izu2010_31.jpg
うまい料理と力強い温泉、そして、宿の至る所にある さりげない気遣い に感謝



23:15 | ジジの旅行 | comments (5) | trackbacks (0) | edit | page top↑

楽風雅殿 2010 夏 ... その2

izu2010_20.jpg満腹の微笑みを抱えエッチラ、オッチラと
部屋に戻ってきた旅一座ではありますが、
時刻はまだ夜の8時台。
寝るには早いんだなぁ~

そんな時に嬉しいのが、好きな場所に、
好きな姿勢で、好きなことができる
畳敷きの和室。
寝っ転がったり、飲み続けたり ...

そして、ここにも。
好きな場所に、好きな姿勢で、好きなことをしているイヌが!
実はジジさん、ハチ姉さんのパパに首ったけらしい ... と、
そんな噂を耳にしてはいたのですが、この日、この夜、僕は初めて。その事実を
目にしたのでしたぁ

izu2010_17.jpg
ハチ姉さんのパパを独占するジジさん。おまえさんは誰の子~?


izu2010_12.jpg苦しかったお腹も落ち着きを取り戻し、
そろそろ寝る時間です。

ここは、熱川温泉。
名の通り 熱い川 は70℃の源泉として
楽風雅殿の湯殿に届きます。
力強い湯が凝った体をほぐします。
寝る前に、
もうひとっぷろ 浴びてきましょうかね♪

izu2010_10.jpg
23時までの時間制限はあるけれど、いつでも何度でも入れる温泉

(続く ...)


12:00 | ジジの旅行 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。