2011年 04月
--日(--)
26日(火)
18日(月)
11日(月)
03 | 2011/04 | 05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

ジジと母の谷中散歩

201104_030.jpg墨田区ではない下町に
新しいお散歩ルートを見出したジジさんと
ジジ母は、再び
都バスで 飛ばすぜぃ~
そう言い残して、家を出たのでした。

目指すのは先日のお花見で立ち寄った
台東区、谷中。
上野と本郷のふたつの台地の谷間にある
人情と風情に豊かなこの街には、
寺内貫太郎の怒鳴り声が響き渡り
諸星光介が走り回っていそうな雰囲気が
あったりします。
作曲家にして大ピ連初代会長の
小林亜星 演じる寺内貫太郎一家、
サスペンスの帝王 船越英一郎 演ずる
捜し屋★諸星光介が走る! どちらも
舞台は谷中の人情味溢れるドラマなり


そんな谷中、真っ先に頭へ浮かぶのは広大な霊園の存在。
徳川家15代将軍 慶喜 をはじめ、鳩山一郎、横山大観、渋沢栄一などなど。
著名な方々が眠ってらっしゃる谷中霊園には、7,000基ほどのお墓があるんだそうです。
都バスで下町探検のジジさん達は、ここから谷中の街へ入っていったのですが ...
園内で迷ってしまったのでした。
201104_031.jpg
谷中霊園の手前にあるフランス菓子店 pâtissier inamura shozo
お店の前に立つドアマンを見習って姿勢を正すジジさんです


居並ぶお墓の中で迷いながらも大きな通りに出ることができ、長い坂道を下る途中で
見つけた素敵な雑貨屋さん - SLOW - へ立ち寄り、
親切な店員さんから頂いた地図を頼りに 谷中ぎんざ を散策することにしました。
201104_034.jpg
JR日暮里駅と東京メトロ千駄木駅の間、東西におよそ 200m の小さな銀座は
戦後の、昭和20年。外地からの復員兵たちが集まって始めた闇市がその起源とか
ゆるりと時が流れる商店街は、ぶらぶら歩きが楽しいのであります

201104_033.jpg
中央区の銀座とは違って地域密着の商店街である谷中銀座は
普段着の買い物客で賑わっているのでした

201104_032.jpg
猫の街 谷中 で、猫の尻尾なカタチをしたドーナッツを作る やなかのしっぽや
ねこなんて どこにいるの~? 猫の姿を探し求める猟犬ジジ嬢なのであります

201104_035.jpg
看板にある 美粧院 とは、美容院の古風な呼び方
谷中の街並みに似に合う店名だったのでパチリと一枚

201103_27.jpg
谷中銀座の突き当たり(でもあり、始まりでもある)夕やけだんだん
谷中に住まう猫が集まってくることでも有名な階段です

ああ 夕やけだんだん あの人も 許してくれそな茜空
夕やけだんだん 猫たちも 富士の尻尾を見ています

... なんて 石川さゆり も歌ってました(続・夕焼けだんだん)


夕やけだんだんを登ったら、道は日暮里駅へ続いていました。
ぶらぶら歩いた谷中の街に別れを告げて、再びバスの乗客となるジジさんとジジ母を
谷中の猫たちが見送っていたとか、いないとか ...
201104_036.jpg
なかなか鳴かない谷中のかなかな
いやぁ~ きょうも たくさんあるいたよぉ

この日は 8,057 歩(4.25km)のお散歩でした


201104_037.jpgおまけ ...
やなかのしっぽや さんで売られている
ねこのしっぽ は、こんなカタチ →
丸くなくても食べればドーナッツ。
ミケとか、タマとか、クロとか、キキとか
尻尾は全部で14匹もいるらしいですよ。

トラ猫の尻尾みたいなこちらは
中にバナナが入ってるナナちゃんです




スポンサーサイト
tags: 谷根千
17:00 | ジジの散歩 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ジジと母のお花見

201104_020.jpg同胞の痛みを分かち合うことで連帯感を
4選を果たした都知事が呼びかけた
この一言が功を成したのか ...
それとも。
日本人が本来持っている奥ゆかしさ故か。
都内の、桜の名所には、
この時季(4月5日のことです)恒例の
ブルーシート - ゴザ席 - はあまり
見かけない、のでした。

201104_021.jpgちょっと寂しい感じもしないではない
けれど。でも、まぁ。たまには。
お酒のニオイがしない桜の樹、ってのも
いいもんです。だって ...
ワタシが おはなみ できるも~ん
そうですねぇ、花見客に邪魔にされず
ゆっくりと桜の回廊を歩けるなんて
滅多にあることじゃないですもんね。

201104_025.jpgそんなジジさんの小さな願いを叶えて
あげるべくジジ母が選んだ場所は、
上野恩賜公園です。
都バスで 飛ばすぜぃ~
うえの桜まつり は中止された今春の
上野公園ですが、人間の都合とは関係なく
園内はピンク色に染まっています。
ジジさんも春の装いでお出かけです。

201104_022.jpg
IG アトリエ M's(てぃばぶ)さんから頂いた さくら色 を来て花見と洒落込むジジさん

201104_023.jpg
う~ん ふうりゅう なりぃ~

201104_024.jpg江戸の時代から桜の名所として知られて
いる上野の山には、今でもおよそ
1,200本もの桜があるんだそうです。
いっぱいあって みきれませ~ん
お花見も体力勝負! と知った
ジジさんなのでした。

さて。上野公園といえば ... 、この人 ↓

201104_026.jpg
上野の山からこの国の未来を見続けている西郷隆盛(と、愛犬ツン)
銅像の下で舌を出してうイヌは西郷どんとなんの関係もあいもはん


201104_028.jpg上野の桜を楽しんだジジさんとジジ母は
谷中へ足を伸ばしてみることにしました。
言問通りを歩いていると素敵な建物を
発見。大正5年築(!)の町屋です。
僕は知らなかったけれど、知る人ぞ知る
かの有名な カヤバ珈琲 さんです。
残念ながらイヌは入れぬようで外観を見た
だけで通り過ぎたジジ母ですが、この街の
深みをもっと知りたいと思ったのでした。

201104_027.jpg
こちらは明治43年に建てられた酒屋を移築した 台東区下町風俗資料館


というわけで。上野の桜に端を発した下町散歩は日を改めて、まだまだ続くのでした ...
この日歩いた距離は 12,194 歩(6.09km)でした



23:30 | ジジの散歩 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

助六の卯

201104_005.jpgなんか大切なことを忘れてるかも ...
と思いながら過ごす平成23年も
いつの間にやら桜の季節です。

探しものはなんですか?
見つけにくいものですか?
カバンの中も机の中も探したけれど
見つからないのに
まだまだ探す気でいたら


夢の中へ。行く前に思い出しました。
干支だ~
平成23年、うさぎ年。
我が家の干支はまだ 寅さん でした。
こりゃあ て~へんだっ!
というわけで、4月最初の日曜日(4/3)
浅草は助六を目指すジジさんなのでした。

201104_006.jpg
出会った(見知らぬ)プードルさんの歓迎に目が泳ぐジジさん ...

201104_007.jpg途中、スカイツリー前のお土産物屋さんに立ち寄ってみました。
いつもの日曜日だったらイヌの歩く余地もないほど混み合ってる界隈ですが、
あの日以来、訪れる人もまばらで
イヌもゆっくり土産物を見ることが
できたのでした。
建設中のスカイツリーはペンになったり
ストラップになったりで、大忙しです。

201104_009.jpg
雷門に到着。観光客で賑わってはいるけれど ... 少ないかも?

201104_010.jpg浅草、仲見世通り。
雷門から浅草寺へと至る250メートルの
参道には89ものお店が軒を並べてます。
徳川の時代から続くワンダフルな商店街は
平成の今も、歩いて楽しい通りなんです。
とはいえ、イヌが歩くには少し窮屈な
通りですから、ジジさんは抱っこバッグで
見物です。
← 歩きたいのに歩けず、しかめっ面

201104_011.jpg
ジジさんと同じように抱っこ歩きのワンちゃん発見! ちょっと重そうですネ

201104_012.jpg外人さんがいない?
天下の浅草、日曜日の仲見世通り。
サムライ、フジヤマ、スシ、ゲイシャの
イメージ色濃いここは国際色豊かな
観光地なんですが、この日はまったく
と言っていいくらいに
外人さんを見かけなかったのです。
チェルノブイリを連想させる FUKUSHIMA
の影響が、大きいんでしょうか ...

神経質に心配しても
暮らしちゃいられませんから僕らは
当たり前に毎日を過ごすんでして、ホラ!
江戸趣味小玩具の店 助六さん だって
普通に商い中ですよ♪

 狭い間口の奥に広がる
 小ぎれいで、小ざっぱりで、小粋な
 豆おもちゃの、大いなる世界 →


201104_014.jpg
本堂前です。常香炉から立ち上る煙が目(と鼻)にしみる、ジジさんなり。

201104_019.jpg平成21年12月から2年の歳月をかけて
化粧直しを施された浅草寺の本堂。
柱の朱も鮮やかに輝いています。
いぶし銀のような大屋根の瓦、実は
チタンでできてるんだそうです。
おいそれとは買えない高級なチタン
ですが、軽くて耐久性に富む金属故に
神社仏閣で使う例が多いんだそうです。
金閣寺の茶室、北野天満宮の宝物殿とか。

201104_017.jpg
CafeRest'Cuzn さんで、レストするジジさん。

201104_015.jpg本堂でお参りした後、
ひと休みすることにしました。
伝法院通りを六区の方へ流れ、
イヌも同席できる CafeRest'Cuzn さんへ。

このお店、かつては
あまり印象がよろしくなかったんですが、
模様替えしてからはジジさん憩いの場と
なってるんです。
模様替えといっても
店先のテラス席がなくなって、
ソファが反対側へ移動して、
店員さんが変わっただけなんですけど。
そのお姉さんが大のサイトハウンド好き
ってわけでして、その一員たるジジさんは
カワイイ、カワイイしてもらえるのが
とっても嬉しいようなんであります。

褒めてもらえると行儀の良いジジさん →

201104_016.jpg
濃厚なチーズが嬉しいチーズケーキとカプチーノで、ホッと一息

201104_018.jpg暖かい飲み物と小腹を満たすケーキと
お姉さんと交わした浅草事情の余韻が
冷めぬうちに、帰ることにしました。
近頃ではバスにも乗ってるジジさん、
公共交通機関での移動も慣れたもんです。

← ルナリケさんに頂いた抱っこバッグ
  に収まって準備万端 ...
  あれれ、鼻面が出てますよ~

 

201104_001.jpg
桜の季節に買ってきた今年の干支。表情豊かな兎の大きさは空豆ほど。
江戸趣味を今に伝える助六さんの干支には毎年驚かされます。



17:00 | ジジの散歩 | comments (10) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。