スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

膵炎?

gigi_010.jpg
単なる夏バテならいいんだけどなぁ。
体の中でなにかが起こってる、かなぁ?

先生の予感は悪い方向であたってしまいました。
生まれて初めての巨大な注射に耐え、
あまり美味しくなさそうな療法食をぱくつき、
我慢して胃薬を飲んでくれたジジでしたが、
完治したわけではなかったのです。

時たま戻すことはあってもそれは食べたフードだけ。
例の黄色い液体(胆汁液)が吐き出されることはなかったので、僕らも少し
安心し始めた頃。
今度は、下痢が続くようになってきたのでした。しかも ...

血が混じってる?

何かあったら、すぐに来てください。
先生にそう言われていた僕らは再び、ジジを抱え、病院を訪れたのでした。
あらぁ ... (来ちゃったの?)
そんな先生の表情が全てを物語っていたのかもしれませんが、当の本人(犬)は、
賢明に尻尾を振り振り病院の方々に愛想を振りまきます。
まるで、自分は元気だから痛くしないでネ、と。アピールするかのように ...

元気そうに見えるけど、そうでもないんです。
う~ん、私は。膵炎を疑っているのですが ...
今日から入院しましょう!

血液検査の結果を見ながら説明を続ける先生は、決心したように告げるのでした。

入院! ですか?

膵臓の造る酵素、その数値があまりにも、悪いのだそうです。
症状から見ても膵炎の疑いが濃厚であり、まずは、最初のステップとして
消化器系全体に休息を与えることが最優先である、とのこと。
つまり。
たった今から。48時間の絶飲絶食です!

とういわけで、哀れなジジは。
自分の置かれた状況を理解できるはずもなく、看護婦さんに抱かれ
病室へと運ばれていったのでした。
入院期間は、4日間。
見知らぬ環境の中で過ごすジジも心細いだろうけれど、
彼女のいない4日間を過ごす僕らにとってもそれは、長い時間だったのでした。
16:56 | アレルギー性疾患 | comments (5) | trackbacks (0) | edit | page top↑
お友達は大切 | top | 病に倒れた夏の日

comments

# はじめまして。
こんにちわ。
キャバリアと暮らしているnicoと申します。
初心者ブロガーで使い方もままならず、迷子になっていたときに
訪問者履歴の中からこちらのブログを発見しました。
ジジちゃん体調はどうですか?
ジジちゃんも、ご家族も不安な日々を過ごされたのでしょうね。

実は、うちの犬も6月に心臓の疾患がみつかり、現在治療中です。
お互い、心配や不安はつきませんが、少しでもワンコのために
今できることをしてあげたいですね。

少しでも早くジジちゃんが回復してくれることを祈ります。


nicoさん | 2008/08/23 12:29 | URL [編集] | page top↑
# はじめまして、nicoさん
はじめまして、nicoさん。
犬が苦手のジジにとって唯一、気を許せる犬友達が
近所のキャバリアのなんです。
ルビーの女の子で、ジジより3ヶ月お姉さんの彼女は、
ジジを妹のように可愛がってくれてますi-100
イタグレとキャバリアは相性がいいのかなぁ?と思っていたら。
中世のヨーロッパでイタグレとキャバリアが仲良く遊んでいる
風景を描いた絵画がありました。
なんかの図鑑で見かけたわけですが、そんな歴史があったんだと
妙に納得した僕です(笑)

ヤムヤムちゃんも、お薬飲んでるんですね?
嫌がりませんか?
心臓疾患は、弁の問題なのかなぁ ...
でも、定期的に検診を受けて薬を飲んでいれば
大事には至りませんよね。

それと、僕もブログ初心者なもので、書き方を間違えたのですが。
実は、ジジの入院は過去のお話でした。
とはいっても、週一での通院は続いており、完治したわけではありません。

持病って、特に良くもならないけれど悪くもならないことを言うようなので、気長に暮らしていけば良いかなぁ、と思っています。

どうぞ、これからも。
よろしくお願いします♪
ジジ家さん | 2008/08/24 18:29 | URL [編集] | page top↑
# たびたびお邪魔します。
こんにちわ。
入院は過去のお話しだったんですね。ゴメンナサイ
だけど、不安でたまらなかったことでしょうね。心中お察しします。

イタグレとキャバリアの相性いいんですか!
残念ながら、まだイタグレのお友達はいないんですよ。
どちらも交友的だからでしょうか~

心臓は多分キャバリアに多い弁の問題だと思います。
散歩中に痙攣を起こして倒れ、その時に心疾患がみつかったんです。
ありがたいことにうちの犬は食い意地がはっているので
フードに混ぜれば全く問題ないんですよね。笑

ジジちゃんはお薬嫌がりますか?
イタグレは食も細い子が多いのでしょうか。

病気も完治というよりは、いかに抑えて、安定させるか・・・
上手く付き合っていかなくちゃだめですね。

季節の変わり目・・・ジジちゃんも、ご家族さまも
体調にはご自愛くださいね。

もしよろしければ、リンクさせて頂いてもいいですか?
nicoさん | 2008/08/27 11:51 | URL [編集] | page top↑
# ありがとうございます
本人の頭の中と書いたことの間に時間的なズレが ...
書くのも見直すのも同じ人間がやっているから、
このような間違いをしでかすわけで、書き物って難しいです i-230
以後、気をつけようと思います。

入院した時はそりゃあもう、不安でたまらなかったです。
たったの4日間でしたが、されど96時間で、
生きて帰ってくればそれ(だけ)でいい!くらいに思ってました。
おかげさまで五体満足で戻ってはきましたが、完治までは至らず。
アレルギー性消化器系疾患などと、現代的な(?)病名のもと
通院生活は、ほぼ一年です。

たまに行くドッグランで、激しく遊ぶイタグレとキャバリエに
遭遇したことがありますので、ジジと近所のルビーちゃんに限らず
イタグレとキャバリアは相性がいいんです、たぶん i-100
きっと、キャバリアの社交的な性格が幸いしてるんでしょうね♪

散歩中に痙攣は、ビックリなさったでしょうね。
そんな事態に遭遇したら僕なんて、ただただ固まるばかりかもしれません。
でも、それをキッカケに疾患が見つかったのだから、良かったですよね。
比較的軽症の時にわかれば、病に対する備えもできますし、
食生活を含めた日常も改善できるわけだし ...

そうですか、ヤムヤムちゃんは食欲旺盛
いいですねぇ~ i-50
仰せの通りイタグレは食の細い子が多いようで、我が家のジジも
とーってもムラがあります。
食べたり、残したり、の基準がジジにとってはあるようですが、
飼い主としてはわからないのです(笑)
同じく、薬はフードに混ぜています。
今のところ問題なく飲んでくれていますが、選り分けながら
食べる癖があるので、将来的に問題になりそう

更新が滞りがちなブログですけど、ぜひ、リンクしてください。
僕も、させていただいてよろしいですか?
ジジ家さん | 2008/08/28 23:07 | URL [編集] | page top↑
# ありがとうございます。
早速リンクさせていただきました。

物言わぬ彼らの緻密な変化をくみ取ってやらなくちゃな~と
日々、悪戦苦闘です。
ジジちゃんは、感情豊かですか?
うちの犬は大袈裟なほど感情も、表情も豊かなので、
比較的わかりやすいんですが。

だけどあまり過敏になり過ぎないように注意しながら。
そのへんのバランスが難しいんですよね。

犬種も疾患も住んでいるところも違いますが・・・
この空のもと、同じように愛してやまない家族と今を生きているんだな~
と思うととても励みになります。

こちらこそ初心者ブロガーですが、よろしくお願いします。

nicoさん | 2008/08/29 09:51 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://iggg0721.blog17.fc2.com/tb.php/13-814465b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。