スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

9月の海

1ヶ月前の、お話です。
去りゆく夏が残してくれた高気圧が頑張る、9月の、とある日曜日。
キャバリアのハチ姉さんに誘われたジジは、海へ行くことにしました。
でも、海は。歩いて行ける距離にありません。
ど~するんでしょう?
任せてよ 、とばかりにハチ姉さんはご自慢の愛車を用意するのでした。
gigi_019.jpg
ヤンキースタイルの、7時25分の位置にステアリングを持ちながら、
しかと前を見据える姿は頼もしいのですが ...
どうやらペダルには、足が届いていないようです。
kasai_001.jpg
あのぉ、どこへ行くの?
葛西臨海公園♪
で、いつ出発するの?
それが、動かないの、このクルマったら

そんなやり取りが犬同士であったのか ...
このままでは埒が明かないので運転は
ハチ子パパさんが代わることにし
僕らは一路、葛西を目指したのでした。


東京ディズニーランドの西隣にある、葛西臨海公園。
海を身近に感じられるここは、浜風のそよぐ草原がとても気持ちの良いところです。
広々とした緑の絨毯に、ハチ姉さんもジジも大ハシャギ。
hachi_001.jpg
普段の、おっとりした姿からは想像できないほど走る走る、ハチ姉さん。
釣られてダッシュするジジですが、その視線はどこに ... ?
gigi_021.jpg
嬉しそうに走る犬の姿は、いつまでも見ていたいものですがこの広場は、
ドッグランではなかったのでした。
暴走しないうちに呼び寄せて、海辺へと歩を進めてみました。

帆船のマストに吊られる斜張橋、なぎさ橋を渡ればそこは、葛西海浜公園。
葛西臨海公園とは異なり、港湾局が管轄する扇形に広がる人工の渚は、
波打ち際で水と戯れられる砂浜が用意されています。
海との境界線をコンクリートの護岸で分離してきた東京は、どちらかというと
嫌水的な発想が主体だったように思えますが、このような光景を目にすれば
親水的な考え方で街をデザインし直すべきではないの? と。
いち都民としては思うわけですが、我が家の犬のムスメも。
寄せては返す波の正体を、確かめてみたいようです。
gigi_026.jpg

gigi_027.jpg

gigi_028.jpg
まぁ、なんでいうか
海って冷たいし、甘くないから、
興味なし~


あらら ...

独り砂浜で佇むジジさん。
もの想いに耽っている
ようですが、実は。
貝殻を追いかけて
海に入ってしまい
放心しているところ。
シャワー程度でも
大騒ぎの彼女ですから
水の中はさぞや
怖かったんでしょうね


気取った振りをして海を眺めるジジさんとは対照的に、浜辺を楽しむハチ姉さん。
長い毛が濡れてもお構いなしに波と遊ぶ無邪気さが、犬らしいんだよねぇ
hachi_006.jpg
楽しい時は、あっという間に過ぎ去ります。
そろそろ、帰宅時間。
海を楽しんだハチ姉さんと、海を試してみたジジさんは、仲良く公園を散歩しながら
本日の反省会。
gigi_034.jpg
なんで、浜辺で遊ばなかったの?
だって。臭いんだもん、あの水
もう!それが海ってもんだろうに
そっか。じゃ、今度来た時、ワタシも走るねぇ~

ってな、感じでしょうか
16:54 | ジジの日常 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
フリスビードッグ? | top | 手作り食

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://iggg0721.blog17.fc2.com/tb.php/17-eb1d0e52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。