スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

山ガール、ジジさん ... かおりの路ルート編

hinohara_30.jpg山とは、
登ったら降りなくてはいけないものです
が、来た道を引き返すにはあまりにも
険しい沢ルートなのでした。
標高 1,235m から 1,043m へ。
山ガールの称号を授かった(?)
ジジさんにしても、斜面を下るのは
あまり得意じゃないようです。
さて。どうしましょう?

確認するマップには かおりの路 という
ルートが記されていました。
名前から受ける穏やかな印象が優しい路を
想像させますが、なぜか、山歩きコースの
中には含まれていないルートです。
この路を歩くことで麓に到着できるのか?

一抹の不安を抱えつつ僕らは、
野鳥観察小屋を後にしたのでした。

hinohara_31.jpgかおりの路かおり は、木々の香り。
天を目指す幹から、地面に落ちる葉から、
路を補強する廃材から、むせかえるように
濃厚なフィトンチッドが漂うここは
天然の無菌室なのかもしれません。
が、しかし。
かおりの路 は、優しい路 ... 、という
わけにはいきません。

山肌を縫うように切り開かれた
細い細い一本道はところどころが崩落し、
丸太橋によって通じています。
山道らしいそれは不安定な足場であり
二本足の人間は慎重にならざるを得ない
所ですが、四本足のイヌにとっても
渡るのを躊躇してしまう難所であります。
沢ルートでは飛ばし気味に歩いた山ガール
ジジさんも、ここでは
注意深く足を運ぶのでした。

hinohara_33.jpghinohara_34.jpg
組まれた丸太を器用に渡るジジさんはやっぱり、山ガール?

hinohara_37.jpg
標高 1,200m 地点。野鳥観察小屋より35mほど下ったようです。


hinohara_35.jpg生い茂る樹木が景色を遮ります。
登ってくる時に見えた絶景もここには
ありません。
あるのは、生える木、朽ち果てた木。
苔むした大木に自然の摂理を感じながら
一本道を歩く僕らに聞こえるのは、
自分たちの足音だけです。
怖いくらいに静かな山の中で、
城ヶ崎とは違ったサスペンス劇場が
創造できそうだけど、
そんな余裕もないほど足は痛く、
腰は痺れてくるのでした。
山下りは足腰にくるのかしらん?

しばらく歩くうちに静寂を打ち破る
機械音が聞こえてきました。
奥多摩周遊道路を疾走するオートバイ?
... にしては発生源が近いようにも
思えるエンジン音です。

hinohara_38.jpg曲がりくねった路が開けた一瞬、人が
見えました。それも、あり得ない位置に。
近くは見にくくても遠くはよく見える
老眼力を発揮して目を細めれば、その人が
いる場所は木の上(!)なのでした。
なるほどぉ。枝落とし、ですね?
山間に響いていた機械音は
チェーンソーの音だったのでした。

枯れ枝が落ちてこないように?
下で育つ若木に日の光をあてるため?
正式には、枝打ちという作業。木材としての商品価値を高める(節を発生させない)目的もあるそうです。

森を守るためには欠かせない作業をこなす
木の上の方々。考えてみれば、
現場に来るまでで一仕事じゃないですか~
タフじゃなくては務まらないですね ...

hinohara_40.jpghinohara_39.jpg
〔左の写真〕作業の手を休め山ガールに挨拶してくれるチェーンソー・マン。
〔右の写真〕タフな山男に見とれる山ガールのジジさん、前見て歩かないと危ないぞ~

hinohara_41.jpgタフな山男達に見送られながら、山下りは
続きます。
標高 1,162m まで降りてきました。
野鳥観察小屋からは随分歩いたように
思ってたんですが ...
実際には100mも下ってない事実にしばし、
呆然。ちょうど見晴らしの良いテラスが
ありました。
ここらで、ひと休みしますかね。

hinohara_42.jpg
栄養補給にオヤツをもらうの、絵。こういう時(だけ)は聞き分けの良いジジ嬢


hinohara_43.jpg地図によれば、
野鳥観察小屋から麓のレストランへと至る
かおりの路 は、所要時間約40分のルート。
60分は歩いたような気がする
僕らにしてみれば終点は遙か彼方にも
思えますが、ここ かおりの路テラス
行程の2/3くらいに位置しているようです。
ってことは、あと少し?
けもの道のようだった山道も
幅が広がり階段状に整備されて
歩きやすくなってきました。
人里が近いと足下から感じられます。
山ガール ジジさんの足取りも軽やか~

飛ばす山ガールにつられて一気に下った
かおりの路。
ゴール地点のレストランに到着です。
あぁ、でも。駐車場へはさらに
降りなくてはいけなかったのでした ...

hinohara_44.jpghinohara_45.jpg
出発点であり到着点でもある標高 1,043m のレストランで記念撮影
レストランから駐車場へはさらに階段を下りなくてはなりませぬ


お気軽な気持ちで行った都民の森は、スニーカーで歩くのを拒んでいるくらいに
本格的な山でした。
そんな山を、抱っこされることなく自分の足で歩ききったジジさん。
山ガールという新たな特技を習得したのかな?
春になったら(お弁当を持って)また、来ようね ♪

hinohara_46.jpg
都民の森の地図。黄色い線は山ガール ジジさんの走破ルートです



tags: 奥多摩
17:00 | ジジの山歩き | comments (1) | trackbacks (0) | edit | page top↑
ジジさん、イタプーに出会う | top | 山ガール、ジジさん ... 沢ルート編

comments

# 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
さん | 2010/10/18 00:35 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://iggg0721.blog17.fc2.com/tb.php/200-1d353efa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。