スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

ALP、下がったよぉ~♪

gigi_059.jpg楽しみにしていた伊豆旅行のわずか1週間前に
調子を落とし、泣く泣くお宿をキャンセルした
今年の夏。
ALP(アルカリフォスタファーゼ)及び
TCHO(総コレステロール)の値が
上限値を大きく超えていた、7月。
閉塞性胆管疾患や胆汁うっ滞性肝疾患など、
いわゆる肝機能障害を疑われたのでした。
それまでの胃薬に加えて肝臓のお薬も併せて飲むようになった、ジジさん。
どうにも苦いのか、フードに混ぜた薬を上手に残すワザまで覚え、挙げ句の果ては
療法食を門前払いする、ハンガーストライキ大作戦!
こんなときくらい、おいしいものを食べさせてぇ
gigi_060.jpg
健康への道は、食べること。
食べなくては何も、始まりません。
1年も続けてきた療法食(i/d缶)をやめて
手作り食に切り替えたのは、この頃からでした。
低アレルゲン性のドライフードをオヤツ代わりに
新しい食生活を始めた、ジジさん。
浮いていた肋骨は目立たなくなり、
徐々に増えてきた体重もベストの4Kg少々で定着し、疲れやすかった体力も復活。
有り余る元気は、目に余る(!)ほど。の、(肝臓系)闘病中なのです、が。

gigi_058.jpgそろそろ、血液検査かな ...
そんなジジに気をよくしたのか、
下町の医者らしく治療費を抑える方向に診療する
先生が滅多にやらない高額な検査
(とは言っても1万円はしないけれど)を
やりましょう、と。
この3ヶ月、ジジの病は快方へ向かっているの?
先生よりも僕らの方が知りたかった血液の状態。
飛び跳ねる毎日からすれば悪い方へ落ちているとは思えませんが、唯一、心配なのは。
素人が考えた食事の、栄養面での、アンバランス。
前回とは違った項目で、マックスを振り切ってたりしたら ...
どーしよう

結果は、素晴らしいものでした。
ALP = 基準値: 47U/l ~ 254U/l、7月 : 758U/l → 今回 : 145U/l
TCHO = 基準値: 111mg/dl ~ 312mg/dl、7月 : 450mg/dl → 今回 : 139mg/dl
肝機能に関する項目は見事に、クリアしたようです♪
GOT、GPT、TPなども正常範囲内にあり、炎症を起こしていた消化器系は現在、
健常に働いている、と判断しても良さそうです。

前回、尋常ではなかったALPの値から、別途、追加したCRP(C-反応性蛋白)検査。
10mg/dlを越えたら、組織の壊死を考慮しなくてはいけない血液マーカーで
重度の 12mg/dl を記録してしまったジジさんでしたが ...
すべての項目で正常値を達成した今回、CRP検査はしなくても良いでしょう、と。
なんとなく、健康優良児のお墨付きをもらった、ような感じもしたり。

3ヶ月飲み続けた肝臓のお薬から解放された、今夜。
ご褒美に、ジジさんの大好きなイタ飯を作ってあげようと思ったのですが ...
また値が悪くなったら嫌だから。油ものはやめてくれぃ なんて。
人間のおかーさんからダメ出しを頂き、ご馳走を食べ損なった犬の、ムスメ。
でも。
たくさん褒めてもらえたから、良かったかな?
gigi_062.jpg


20:00 | アレルギー性疾患 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
ジジのイタ飯 | top | 走ったぞ~

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://iggg0721.blog17.fc2.com/tb.php/21-07f55c1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。