スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

ジジさんの演歌劇場 ... 稲取

izu2010_70.jpg鳥羽一郎の顔は記憶にないのですが、
マイクを離さぬ部長の顔だけは
しっかりと思い出される、兄弟船
カラオケで何度も(!)聞かされるうちに
歌詞まで覚えてしまった、兄弟船

波の谷間に命の花が咲いている のは
こんな漁港かしらん? と
思ってしまった伊豆は稲取海岸なのです。

izu2010_71.jpg楽風雅殿の楽しき夜に周辺観光地を
案内するパンフレットで 港の朝市 なる
紹介文を目にした旅一座は、翌朝
そこへ向かうことにしたのでした。
宿のある熱川から市の立つ稲取へは
ごく僅か。
男気の似合う漁港へ降り立った途端、
立ち姿も凛々しくなる海オンナ、
ジジさんなのでした。

izu2010_72.jpg
兄弟船は親父のかたみ おれと兄貴のヨ~ 夢の揺りかごさぁ~

izu2010_73.jpg一緒にいるのは兄貴ではなくて姉貴!
ですが、それでも波に揺れる兄弟船は
気になるようで、いつまでも見とれる
ジジハチ・コンビなのでした。

そんなジジハチを眺めているのも
悪くはないですが、ここへ来た目的は
港の朝市でありまして、やっぱり
僕も市場を見学したいなぁ ...

izu2010_74.jpgやけに気の合う兄弟鴎 を港に残し、
市の立つ建屋の中へ。
目に飛び込んできたのは今朝、水揚げ
されたばかりの海の幸!と、言いたい
ところでしたが。
日が悪かったのか、時間が遅かったのか
買い物客と売り物は(思ってた以上に)
少なかったのです。まぁ、それでも。
朝市らしい光景とニオイは漂ってます ...

izu2010_75.jpg
網の上で旨そうなニオイを放つサザエ(と、干物) どうする? 食べる?

izu2010_77.jpgサザエの壺焼きは大好物の僕ですが、
幸か不幸か 楽風雅殿 の美味しい朝食
を平らげた後では、さらなる食べ物を
受け付ける余裕など、なかったのです。
う~ん、惜しい。実に、口惜しい
朝から美味しい食事を出す楽風雅殿が
ちょっと恨めしく思えた
伊豆は稲取の、朝市だったのです。

izu2010_76.jpg朝市の立つ東伊豆町役場から
国道135号線へ戻る道は、伊豆稲取駅を
見下ろすように登っていきます。
緑深い山と群青色の海に挟まれた
2面2線のホーム。
絵に描いたような駅を中心に広がる
稲取の街。
少し寂れた、小さな漁師町。
郷愁を誘う稲取は演歌の似合う街 ...
と思ったら、やっぱりありました。
きみが泣くから海が泣く 海が泣くから月も泣く 忍び酒汲む稲取岬(愛恋岬)
鳥羽一郎は歌ってたんですねぇ、稲取を。



tags: 伊豆
17:00 | ジジの散歩 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
はじめての撮影会 | top | ジジさんんの演歌劇場 ... 浄蓮の滝

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://iggg0721.blog17.fc2.com/tb.php/215-2fc3489f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。