スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

新年早々 ...

201101_014.jpg元気よく年を越し
いつもと変わらぬ毎日を過ごしつつ
新しい年もそろそろ2週間という頃の
1月13日、夜遅く。
ジジさんは珍しくウンチを2回も出し、
食べた晩ご飯を戻したのでした。
ウンチは柔らかめながら下痢と言うほど
ではないし、吐いたものに血も混ざって
いませんでした。

201101_013.jpg重篤な症状とは思われないけれど、
続く14日を何も食べずに過ごしてしまった
のは、問題ありのような。
食べたものを戻し、食欲は失せ、時たま
小刻みに震える小さなカラダ。
この様子、腸炎の再発?
過去の嫌な記憶が蘇ります ...

15日の朝一番で病院へ行ったのでした。
体重 4.05Kg 体温 39℃
たった一日で300gも体重が減り、体温は少し高めです。

詳しい診察が始まりました。
一年半ほど前に腸炎を患ったジジさんなので、まずは腹部レントゲン。
胃の中は空っぽ、腸の中もガスはなし。どうやら、腸炎ではないようです。
続いて、血液検査。
201101_017.jpg・白血球数:
   32,700個/μl(6,000 ~ 15,000)
   興奮、炎症、白血病
・GPT/ALT:
   117U/l(17 ~ 78) 
   肝細胞の障害または壊死
・ALP:
   529U/l(47 ~ 254)
   胆汁うっ帯性肝疾患、
   副腎皮質ホルモン性肝障害

・Ca:
   9.0mg/dl(9.3 ~ 12.1)
   上皮小体機能低下症、壊死性膵炎、
   腎不全

・CRP(C反応性蛋白):
   16mg/dl(0 ~ 1)
   10以上は重度の炎症、組織壊死

 ※()内の数字は基準値

   緑字は考えられる疾患

基準値の倍もある白血球数が意味するのは、ジジさんの体内で何らかの炎症が起きている
ということでして、では。その炎症はなんだろう?
特に値の悪い GPT、ALP、Ca の結果から ... 肝臓の炎症と推測されたのでした。

201101_015.jpg何か(変なものを)食べませんでした?
はて? あるといえば、あるし。
ないといえば、ない ...
基本的な食事はコントロールされている
と思うけれど、オヤツが無法地帯です。
キビナゴ? ブタ耳? アキレス?
消化が悪そうなものを好んで食べてた
近頃のジジさん、肝臓に負担をかけて
しまったのかもしれません。

水分と栄養分と抗生剤をブレンドした点滴を受け、とりあえず帰宅を許されたのは
いいんですが、最後に(先生から)ふたこと。
CRPも高いので膵臓の検査をしますが、値が悪かったら入院ですよ~
それと。しばらくの間は療法食(i/d)にしてくださいね。


その検査、ずいぶんと前にやった記憶が。
あの食事、しばらく食べていなかったのに。
膵炎疑惑再び!で、療法食生活に舞い戻ってしまった、ジジさんなのでした。



【症状メモ】

  1/13 お留守番(留守中にうんち1本)
     20:30 ... 豚肉+健康一番を食べる
     22:00 ... ふつうのうんち一本
     23:00 ... やわらかめのうんち1本
     23:10 ... 食べたものを戻す(ほとんど消化されていない)

  1/14 食欲なし
     朝、昼、晩と出されたものを食べずに寝て過ごす
     15:40 ... 柔らかめのうんちを少し
     16:30 ... 胃液を吐く

  1/15 熱がある感じ。体が震える。病院へ
     体重 4.05Kg(300g減)、体温 39℃(少し高め)
     レントゲン *腸内にガスがたまっていないことを確認
     血液検査  *値が悪いので膵臓(膵炎)検査をオーダー
     点滴、療法食(i/d缶)へ
     15:00 ... i/d 20g ガツガツと食べる
     20:30 ... i/d 30g よく食べる

  1/16 熱は下がった模様。
     病院へ 体重変わらず、体温平熱へ(37.8℃)
     点滴、注射、胃と肝臓の薬
     この日の i/d缶 → 朝 30g、昼 50g、夜 60g


201101_016.jpg
本来だったら大喜びで食すはずだったオヤツの福袋もしばらくは、おあずけ ...



16:30 | アレルギー性疾患 | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑
療法食の経済学 | top | 迎春

comments

# ジジさん~!!
あけましてi-100

ドキドキしながら読みましたi-238
その後いかがですか?
そうなんですよね、獣医さんに聞かれても
心当たりがないような、ありすぎるような。。。食に絶対の自信があっても、留守番のストレスやら空模様、気温まで。
スイッチは必ずあるはずなのにi-258

私もレインの最後の血液検査の結果をひっぱりだして見てみました。
日付は奇しくも去年の1月15日。
翌日に4歳の誕生日を控え、史上最悪の体調でした。
ALT・133
AST・63
赤い数字で《肝疾患》の疑いとあります。

前日深夜に全て出し切るようにうんちをし、最後は赤黒いスプレーのように血が飛び散りました。早朝、大音量のお腹ぐるぐると黄色に赤い点々の嘔吐。寒いのに誰も寄せつけず部屋の隅で震えていました。大至急病院へ。

出血性胃腸炎という病名はつきましたが実はコレ、何らかの原因による症状の名前だそうで。脱水症状がひどいので点滴をし救命胴衣のようなぷよぷよ体型で帰りました。夕方には処方されたW/Dと胃腸薬をガツガツ食べる復活ぶり。
本当に何だったのか。。i-230

ジジさんも食欲は出て良かったですね。
食べる姿を見るだけでホッとしますよねi-264
その時は《4歳になれないかもしれないi-241》と涙させたレインも1月16日に無事に5歳になりましたi-221
早いものです。。。

長々とコメント、失礼しましたi-229
一日も早く良くなることをお祈りしてます。

今年もどうぞよろしくi-189












レイン母さん | 2011/01/19 19:57 | URL [編集] | page top↑
#
ジジちゃん、大丈夫ですか?
i/dは、うちも最初の病院の時の処方食でした。
うちも缶でしたけど、意外に喰いつきいいんですよね。

病院、セカンドオピニオンする時はうちの名前出してくださいね。
ルナも膵炎疑われたけど、ちょっと違ってて、治療の結果よくなってきているし。
膵炎なんてことがない事を祈ってます。

なんかあったらブログからメールくださいませ。
ルナ・リケさん | 2011/01/20 00:25 | URL [編集] | page top↑
#
こんにちは~、レイン母さん ♪

ドキドキさせてごめんなさいね~ i-100
おかげさまでジジは元気にやっております。
むしろ元気すぎるくらいの、旺盛な食欲が怖いです。
ステロイドは服用していないと思う(先生に確かめていない故)んですが、
薬でハイになってる ... なんてことはないのかしら?
まぁ、ゲッソリしているよりはいいんですけど。
膵臓の検査結果も良好で、膵炎疑惑はなくなりました。
まずは一安心です。

時たま下痢や嘔吐もあった去年でしたが、点滴を受けるほど悪い症状に
陥ることもなく、胃腸はすっかり丈夫になったと思ってました。
今回の一件、そんな飼い主の過信が招いてしまったのかしら、と反省です。
少しくらいなら ... な~んて食べさせたものもあったしなぁ i-230

急に寒くなったとか、お留守番してたとか、人間達が忙しいとか。
食べ物以外にも要因はありそうです。
環境の変化でたまったストレスが表に出てきた可能性もあるかな?

療法食による食生活のリセットは、美味しいものを知ってしまった
今のジジにとってつまらないものかもしれません。
いつまで飽きずに食べてくれるか、根気比べになりそうな ...


一年前のレインくんの様子、悪かった頃のジジと似たような症状で
光景が目に浮かびます。
もうダメじゃないか、って。僕も思ったことがありました。
ジジ母も、うんうん頷きながら読んでました。
レインくん、無事に5歳になって、よかったねーーー i-214

そうそう、点滴すると救命胴衣を着たような体になっちゃいますよね。
薬が効くとケロっとした表情で食事にありつくところも、おんなじデス。

こちらこそ、今年もどうぞよろしく v-354
ジジ父さん | 2011/01/20 15:41 | URL [編集] | page top↑
#
こんにちは~、ルナリケさん ♪

ご心配をおかけします。
ジジは大丈夫ですよ~ i-100
幸いにも膵臓検査をパスしたので、ちょっとお腹の調子を崩した程度 ...
という感じ?

ルナちゃんも、i/d缶を食べたのね。
確かに、食いつきはいいですよね。
でも、ジジの場合はすぐに飽きるのでこの先が思いやられます i-230

セカンドオピニオン ...
先生によって見立てや治療方針も異なりますものね。
今の先生、悪くはないんですが言葉が少し足りないんですよねぇ ... i-232
ジジが信頼しているので通ってますが、保護者としては
違う意見も聞いてみたいような?
(ルナリケさんとこの先生は怖そうだけど)

ありがとうございます。
なんかの時はメールしますね i-150
ジジ父さん | 2011/01/20 15:59 | URL [編集] | page top↑
# 一安心ですね(。-_-。)
症状が早めに落ち着いてよかったですね(^-^)
急な症状はドキドキもんですよね(;´Д`A
でも、よかった、よかった。
私事ですが、先日3頭目の保護犬を受け入れました!(◎_◎;)チワワとパピヨンのミックスらしいんですが、生活歴が全く分からない仔でした。
病院にて健康状態を確認すると、フィラリアと弁膜症で心臓はパンパンに膨れてました(>_<)
普段は元気に過ごしてますが、なんだかんだで病気がちな仔は気になりますよねp(^_^)q
かめきちさん | 2011/01/22 01:31 | URL [編集] | page top↑
#
こんばんは~、かめきちさん ♪

ありがとうございます。
今回は軽くて良かったです、ホントに。

かめきちさん、すご~い。
アナーシャちゃんとプティちゃんに妹(弟?)が加わったんですね?
猫も3匹いらっしゃるようですから、とっても賑やかなんでしょうね
大家族って、いいなぁ i-100i-101

どんな風に育ってきたかわからない保護犬を受け入れるって、
頭に思い描くよりも大変なことなんですね。
以前の飼い主がちゃんと予防さえしてればフィラリアなんて
かかるはずもなかったのに。かわいそう ...

でも、状態がわかれば対処もできるし。
かめきちさんの元で安心しながらゆっくり暮らせば
これ以上悪くなることはないと思うな~ i-228
ジジ父さん | 2011/01/23 00:27 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://iggg0721.blog17.fc2.com/tb.php/224-cf5c7ea4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。