スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

In the Heat of the Night

gigi_068.jpgそろそろ始まると思うから気をつけてね
人間のおかーさんはそう言い残して
家を出たのでした。
始まる ... って、あぁ、アレね
男親にはわからないオンナの世界。
犬のムスメはそろそろ、ヒートの時期らしい。
前回は5月だったから、6ヶ月後の今月は要注意!
ということだそうで、その日、男ひとり、イヌいっぴきで遊びに行こうとしていた僕に
ムスメの尻から目を離すなよ、と母らしく忠告したのでした。
とはいえ、まだその気配を感じられなかった僕としては、まだ先の話だろうと軽く考え
いつもの水元公園へと向かったのでした。

gigi_067.jpg暖かな秋晴れの中、
初秋の風景を楽しみながら園内を散歩し
広い原っぱでフリスビードッグの真似事をし
それから。
たくさんのワンコたちが遊ぶドッグランへ。
前回のように誰かと遊べたらいいなぁ ...
なんて淡い期待を持ちながら。
でもね、この日の犬密度は高すぎた(らしい)。
フェンスをくぐった瞬間に、またもや、固まってしまったジジさん。
まずは、数に圧倒されてしまうのです。
それでも勇気を振り絞って、少しずつ。少しずつ行動半径を広げてはいたのですが。
へっぴりジジさんにしびれを切らして挨拶にやってきたジャックラッセルくんの登場で
事態は一変します。
180度ターンで逃げ出すジジさんを 遊んでサイン と受け取ったジャックラッセルくん、
2頭の華麗にして壮絶なチェイスは、レンズを向ける間もないほどの速さ。
瞬発力のイタグレと持久力のジャック、なんて。呑気に構えるほどに状況は楽観的では
ないようだけれど、悲鳴を上げて僕の元へ逃げてくるジジさんでもないわけで、さて。
走り回るムスメを救ってあげるべき、なんだろうか?
悩むうちに僕は、気付いたのです。そういえば、ジジのお尻(周辺)...
少しふっくらしてないか?

gigi_066.jpg思い起こされるのは、今朝の、おかーさんの忠告。
人の目にはまだ不確かだけど、
犬の鼻にはもう明確なフェロモンが
発散されているんだろうか?
犬の社交場で風紀を乱す存在に
ジジさんはなっているんであろうか?
ちょっと心配になってきた僕は、
ジジさんを抱き上げお尻のあたりを確認。
幸いにも赤いものは出てませんでしたが、
なんとなく丸みを帯びてます。
いろんなところが ...
今日はここまで
ドッグランを退出し、駐車場へと向かう道。
西に傾き始めた太陽が描き出すジジの分身。
お馬さんみたいだ、ね

あらら、ジジったら。ヒートだったのねぇ~
家に着き、お風呂場で足を洗ってる最中、僕にもわかったのです。
鈍感な男親でも、目に見える印は間違えようがありません。
ジジさん、1歳と8ヶ月。3回目のヒートは予定通り、今月にやってきたのでした。

gigi_069.jpg
なんとなく気怠く、妙に眠たい、んだそうです。
人間のおかーさんが言ってました。
だから、ジジさんも目を開けているのが辛くてしょうがないって感じです。
それぞれの休日を過ごした僕と妻の話しを、寝袋に入りながら一生懸命聞こうとする
ジジさんですが、瞼の重みはどうしようもないみたい。
素直に寝ればいいものを、今日一日遊べなかったおかーさんが恋しいのかな?

そういえば、水元公園ドッグラン。
小型犬エリアにある小高い丘の上で一点を見つめていた、ジジさん。
(今日からオンナなんだから)ボーイフレンドを探したいの
そう言ってるようにも思えるヒート初日、だったのでした。
gigi_065.jpg


20:00 | ジジの日常 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
越えられない一線 | top | ジジのイタ飯

comments

#
憂い顔のジジちゃんが、初めて出会ったあの頃から時間が流れていることを教えてくれました。。
すっかり大人になりましたね。

フィオーレはすったもんだの果てにやっと避妊手術を終えることができ、今じゃその憂い顔も見ることはできませんが。。

代わりといっちゃあなんですが^^;
今じゃ男の子を凹ます迫力を身につけました。

ジジちゃんしばらく深窓のお嬢様生活ですね。

イリフィオママさん | 2008/11/05 22:35 | URL [編集] | page top↑
#
イリフィオママさん、こんばんは~
もう一年は経っていますものね、初めてお会いした時から。
そのぶん、大人になってるんですね。ジジも僕らも (^^;

フィオちゃん避妊手術のくだり、ブログで拝見させて頂きました。
フィオちゃん、頑張りましたね ♪

当初、僕らも手術を受けさせようと考えていたのですが、主治医が首を縦に振りませんでした。
ジジは麻酔が怖い、のだそうです。
先生の経験測では、体質的に麻酔は危険であろう、ということで ...
婦人病発生リスクと麻酔リスクを天秤にかけた上での判断でした。
ついでに(手術を必要とするような)骨折もさせないで!と釘を刺されておりますi-230

深窓のお嬢様生活(笑)は、まだまだ2週間くらい続きます~
ジジチチさん | 2008/11/06 23:56 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://iggg0721.blog17.fc2.com/tb.php/23-7eb1c0eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。