スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

ジジさん、東大に入る!

201104_038.jpg東大に入る!
と言ってもイヌは(たぶん)受験資格が
ないので、入学したわけではありません。
東大の、敷地に、入る! が正解でして。

勉学とは縁もゆかりもない一匹のイヌが
なぜ、ニッポンの最高学府へと足を
踏み入れたのか?
それは、散歩の達人 WAKAママさん
主催した イタグレで谷根千を歩こうの会
に呼んで頂いたから、なのでした。
実は、このお散歩会。
先月の17日、暖かな日曜日のことでして
時期外れの話題で恐縮です。
(記事にするのが遅すぎました ...)

参加した、6家族、7人、7イタグレ。
ブラブラ歩いた谷根千の想い出、です。
弥生門の前で記念の一枚をパチリ →

201104_039.jpg
振り向いてメンバー全員がいるか? を確認する散歩の達人 WAKA くん。
ジジ母が一目惚れしたハンサムガイながら、ジジさんは全く興味なし ...

201104_041.jpgそもそも。
ニッポンの英知が集結する東京大学に
東大どころか国立大学すら門前払いで
あった凡人が、自由に歩いてもよい
(おまけにイヌまで一緒でも)なんて
知らなかったわけでして。
弥生門を跨ぐその瞬間、脇に立つ
守衛さんから その者通るべからず
ダメ出しをもらってしまうような気も
したんですが ... 拍子抜けするほど
簡単に、入れたのでした。

さて、その東京(帝国)大学。
偏差値70超の優秀な若人が集う
本郷キャンパスは権威と格式に
満ちあふれているのでありまして
例えばこちらの工学部の建屋などは、
禁欲的で厳粛な雰囲気が漂うのでした。
← 内田祥三氏設計のゴシック様式

東大で思い浮かぶ情景、僕の世代ではやっぱり、安田講堂。
火炎瓶から吹き出す真っ赤な炎と黒い煙、放水車の水と催涙ガスが入り交じった白い煙。
学生運動の象徴とも言えた安田講堂の、その前庭で。
201104_040.jpg
せなか スリスリ~ な、ジジさん。全共闘も今は昔なり

201104_042.jpg
東京都の登録有形文化財第1号である安田講堂は、大正14年の竣工

201104_043.jpg
安田講堂を振り返れば、銀杏並木の美しい正門へと続くメインストリート


東大散策は続きます。
安田講堂の隣(南側)には、権威ある建築群とは打って変わった、侘び寂が。
徳川3代将軍 家光公 の時代に遡る、加賀藩前田家による庭園 -育徳園- の跡でして
後に 夏目漱石がここを舞台にした小説 三四郎 を書いたことから、三四郎池と
呼ばれているのでした。
201104_056.jpg
漱石ゆかりの三四郎池前で集合写真 ... ?
微妙な距離感を保つジジさんのせいで、集合できない一団なり

まるで、stray sheep。迷える子羊のジジさんには敷居が高かった、集合写真。
三四郎も笑っていたかもしれませんね。

でも。東大のキャンパスには美しい背景が揃っています。
集合写真を撮りたい、撮ってみたい場所は、至る所にありまして今度は
医学部2号館(本館)の前庭で、リトライです。
201104_046.jpg201104_045.jpg
モデルのなんたるかを知っているティアラちゃんとバブルくん、さすがのポーズ♪
モデルのモの字も知らないジジさん、でんぐり返しでハイ、ポーズ!

201104_047.jpg
続いて、大人衆で集合。余裕のティアラちゃん(左端)と WAKAくん(右端)
その間で緊張気味のバブルくん、がんもくん。さぁ、どうかな?

201104_048.jpg
シャッターを切る瞬間にピタリとカメラ目線を作るイタグレ大人衆の面々
表情、姿勢、立ち位置、すべてに完璧なんであります

201104_049.jpg
じゃあ、全員で♪ と思ったら。またまた距離をおいて座るジジさんに
座らないピケくんに、遊びたいスピカちゃん。
ティアラちゃんとバブルくんは愛想を尽かして退散~

201104_051.jpg簡単なようで難しい、集合写真。
イタグレさんが隣にいると遊びたくて
しょうがないイタグレがいれば、
存在を消すように離れてしまう
イタグレもいます。
遊べるピケくん、スピカちゃんは
隣の面子に慣れさえすれば集合写真を
撮れそうですが、逃げるジジさんの前途は
厳しいなぁ~、と思う保護者なのでした。
← 我関せず、マイペースのジジさん

ラテン系らしく陽気に、勝手気ままに歩く
イタグレ達を優しく迎え入れてくれた
東京大学本郷キャンパス。
重要文化財や歴史的建造物に囲まれた
秀美なキャンパスは、イヌの散歩にも
心地好いと知れたのは大きな収穫です。
また こようねぇ~

201104_052.jpg
もともとは旧加賀藩前田家上屋敷の御守殿門であった赤門
東大といえばこれ、の朱色の門でお約束の記念写真


イタグレで谷根千を歩こうの会は、続きます
散歩の達人 WAKAママさんが設定したルートはこの後、根津神社へ。
ある意味、東大以上に感激してしまったのでした ...


23:00 | ジジの散歩 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑
綱吉の神社 | top | ジジと母の谷中散歩

comments

#
いつもシャイなジジちゃんからは想像出来ない大胆なスリスリ姿!あっぱれです。
ジジちゃんまた遊んでね~
はるママさん | 2011/05/11 14:16 | URL [編集] | page top↑
#
ワンコ連れで入る東大には
池あり、趣のある建物から近代建築まで
不思議空間でしたア~

ジジさんのスリスリはリラックス表現~
みんなが居てもできるジジさん進化してますよ☆

ティアラ、バブルもモデルなんて
とんでもない・・・
ただ、座るだけ´ですから。。。

また、行きたいお散歩コースですね~
ジジ父企画、ヨロシクね♪
食べ歩きしたいなぁ^^
てぃばぶさん | 2011/05/11 18:12 | URL [編集] | page top↑
#
こんばんは~、はるママさん ♪

なんたって東大の芝ですから。
その辺でのスリスリよりグレードは高いですよね (^^;

はるくんはバスに乗れますか?
都バスで飛ばすツアーでもしましょっ i-100
ジジ父さん | 2011/05/11 22:12 | URL [編集] | page top↑
#
こんばんは~、てぃばぶさん ♪

ホントに不思議な空間でしたね。
帰ってから色々と調べてみたんですが、あの中には
貴重な建築物がゴロゴロ ...
何気なく通り過ぎた建物が重要文化財だったなんて!
大学とはいえ最高学府ともなるとキャンパスからして
違うんですなぁ~

ひっくり返ってお腹を見せるということは
周囲に脅威を感じてないってことですものね。
たくさんのイタグレさんがいてもできたんだから
確かに進化してるのかな?

ただ座るだけ、ができないんです ...
ティアラちゃんとバブルくんは何時でも何処でも何度でも
それができるんだから、立派なモデルですよ♪

谷根千には美味しいものがありそうです。
また、行きましょうね。
でも企画するのは苦手だからなぁ ... i-230
ジジ父さん | 2011/05/11 22:55 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://iggg0721.blog17.fc2.com/tb.php/242-37768a71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。