スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

綱吉の神社

201104_058.jpg墨田区とは、ちょっと違うぞ?
同じ下町ながら趣きある街並みの谷根千
初代将軍 家康公 に仕えた大給豊後守
(おおきゅうぶんごのかみ)の屋敷が
あった千駄木、六代将軍 家宣公 の生家
(三代将軍 家光公 の三男 徳川綱重 の
屋敷)があった根津、
15代将軍 慶喜公 が眠る谷中(霊園)...
谷中、根津、千駄木。
それぞれの街の頭ひと文字をつなげた
文京区と台東区にまたがるこの一帯は
江戸の昔より将軍家と関わりが深かった
のでありまして、(江戸の)新興住宅地で
あった墨田区(京島)界隈とはそもそもの
成り立ちが異なるんであります。

東大を後にしたイタグレお散歩隊が
次に立ち寄ったのは、そんな街の歴史を
今に伝える根津神社だったのです。

201104_057.jpg
参道より神橋を渡ると出くわす、見事な楼門(国指定重要文化財)

根津神社の由緒は、今から千九百年もの昔に日本武尊(ヤマトタケル)が創祀された
とされてます。
まぁ、ヤマトタケルノミコト自体が実在していたか定かではないので、このご由緒も
伝説のように思えるのですけど、それはさておき。
室町時代の文明年間(1469~1486年)、江戸城を築城された太田道灌が社殿を
奉建されたあたりから、歴史好きの琴線に触れ始めるわけでして。
江戸時代に入り将軍家も世代交代を幾度か繰り返した、宝永3年(1706年)。
五代将軍 綱吉公 が大改造を施し、現在の姿になります。
なるほどぉ、だから。なのね
201104_059.jpg
日光は東照宮を連想してしまう絢爛豪華な将軍文化の唐門を
幕臣か大名のごとく跨ごうするイタグレ2頭(左にジジさん、右にがんもくん)

だからなのね。と合点したのは、この根津神社。
楼門から始まって唐門、透塀、社殿、灯籠に至るまで、境内のあちらこちらが
重要文化財なのに、イヌが堂々と(!)足を踏み入れてもよろしい、からでして。
それもこれも、綱吉公ゆかりの神社だからこそ、なんですね。
犬の散歩はご遠慮ください なんて気の利かない看板が立つ我が家の近所の天神様に
比べ、生類に対する愛の深いこと。
そこのけ そこのけ おいぬさまが おとうりぞ
201104_060.jpg
唐門をくぐり抜け権現造りの社殿へ
イヌがいても参拝者は気にするそぶりなし

生類憐れみの令 を発令した綱吉公は殊の外、犬が好きだったそうでありまして、
江戸城には100匹もの狆がいたそうです。
そんな将軍様が天下普請した神社ですから平成の今でもイヌが参拝できるのだ、と。
この日のお散歩隊は(僕も含めて)大いに納得したんですが、本当かしら?

根津神社の境内には、お稲荷さん(乙女稲荷神社)も鎮座されておりまして
至る小道には目にも鮮やかな千本鳥居がありました。
歴史好きのサスペンスファンとしては嬉し楽しのエントランスです。
201104_061.jpg201104_062.jpg
異空間への入口を前にして、一瞬、足を止めたジジさん
この奥で、小房の粂八とおまさ がヒソヒソ話をしているようでもあり、
十津川警部と亀さんが情報交換をしているようでもあり ...

歴史絵巻もサスペンス劇場もありませんでしたが鳥居をくぐるのが楽しすぎて肝心の
お稲荷さんを忘れてしまいました。
狐さん、怒らないでくださいね

不忍池を出発点に東大から根津神社へ、2時間と少々のお散歩をしてきた
イタグレで谷根千を歩こうの会。ここらで休息です。
201104_063.jpg201104_065.jpg
イヌも同伴できるカフェ、ez-Fran さんにて小休止
なぜか入口のマットが気に入ってしまったジジさんです

渇いた喉をアイスドリンクで潤し、空いた小腹をランチメニューで満たし、
お散歩の感想やらイタグレのことやらを話していたら、あっという間の夕刻。
6家族、7人、7イタグレで歩いた下町散策はここで、散会となったのでした。

201104_064.jpg
谷根千はお散歩が楽しい下町。WAKAママさんの粋なコース設定に感謝です



tags: 谷根千
17:00 | ジジの散歩 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
ジジさんのGWダイジェスト | top | ジジさん、東大に入る!

comments

#
あ~、鳥居の赤い道。
そうそう、サスペンス好きには結構憧れ?
都内にもあったんですね。私も通りたいっ!
季節のいいうちにロング散歩、いいですね~。
そして、カフェでひと休み。
今度、案内してくださいまし。
ルナ・リケさん | 2011/05/15 20:37 | URL [編集] | page top↑
#
こんばんは~、ルナリケさん ♪

そうなんですよ~、近場にもあったんです、千本鳥居が。
本場、伏見稲荷ほど立派じゃないけれどそれでも
雰囲気満点で、サスペンスファンとしては通って損なし!
今度、ご一緒しましょうね (^^/

そうだ。チーム墨田の谷根千お散歩会、やりましょっか?
ジジ父さん | 2011/05/15 22:02 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://iggg0721.blog17.fc2.com/tb.php/243-3df4bd30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。