スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

ジジの登山日記 ... ロックガーデン編

201105_085.jpgいきなりの、鉄階段!
滝を囲む、そそり立つ崖のような山肌に
張り付く鉄階段は、下から見上げる
ハイカーをあざ笑うかのごとく、垂直に
伸びているんであります。
梯子ですな、これは
とはいえ、このハシゴが。次なる目的地
ロックガーデンへ至る唯一の道、なり。
ならば。ここを登るしかないのですが
問題は、我が家の山ガール。
山ガールは山ガールでもイヌの場合、
この階段はキャンセルした方が身のため。
持ってきて良かった、抱っこバッグ。
スリング・イン、ですよ~
え”ーーー はいるのぉ?
有無を言わさず強制収容されたジジさん
母と一緒に難所に挑戦です。

  ↑ 階段と階段の間には地を這う根も不気味な踊り場が。
    左側に貼られたロープは二本足歩行が困難になった時の命綱

201105_086.jpg201105_084.jpg
抱っこバッグに入れた山ガールを抱え、急傾斜の鉄階段を登るジジ母。
しかし、ジジさん。自分で歩けると(バッグの中で)駄々をこねていたそうな

201105_087.jpgハシゴのような階段でも体を預けられる
手すりが備わっているだけ親切なんです。
階段のないところは、大蛇のごとく
地面を這う木々の根を足がかりに
登らなくてはならないんですから。

ロープを両手で掴み一歩、一歩、
確実に歩むのが理想的でありますが
ジジ母の場合、山ガールの入った
抱っこバッグが体の自由を奪います。
前(腹側)に荷物を抱えるのは危険?
と、この時思ったのでした。
山歩きの基本はバッグパック。
イヌを背負えるバッグがあると
登る山道の選択肢も増えるのかしら。


まぁ、書くほどに危険な道では
なかったので無事に登れましたが、
考えておくべきことではあるような ...

201105_092.jpgイヌ連れは避けた方が賢明な壁も
終わりを告げ、道は穏やかになりました。
抱っこバッグから出られたジジさん、
再び、先陣を切って歩きます。
やがて ...
深い緑の谷へ突き当たりました。

いよいよ、この日の目玉
ロックガーデンに到着したんですね~

201105_090.jpg
deep mountains and deep valleys !  深山幽谷とはこのことか

201105_100.jpg正式名称:御岳岩石園
通称:ロックガーデンは昭和10年、
東京府(!)緑地計画に基づいて造られた
遊歩道なんだそうです。

七代の滝から綾広の滝まで、約1.5Km。
深緑の苔に覆われた岩と
新緑を身に着けた樹木の
緑のコントラストも鮮やかな渓流沿いの
この山道が、人の手で造られたとは!
説明書きを読んでもそうとは信じられぬ
太古の昔が、広がっていたのです。

 ありのままの自然を利用しながら
 不安なく歩けるように手を加えた
 ロックガーデンの遊歩道。
 先人の知恵は100年後を想定して
 いたんでしょうか?
 76年目の素晴らしい景色に感嘆 →

201105_096.jpg
丸太階段では威勢良かった山ガール。
でも、水は苦手なジジさん。
今度は沢歩きです。
渡り石を飛び越えなくては先に
進めません。
かーちゃん ど~しよう?
頑張りましょうね♪

201105_094.jpg
... と母に背中を押され、最初の渡り石に立つ山ガール。歩き方はイメージできたかな?

201105_095.jpg
途中、流れる水が気になり下を覗いてみるジジさん。まだ先があるよ~

201105_106.jpg
あと少し! 湿気を帯びた石は滑りやすいから慎重にネ

201105_102.jpg201105_101.jpg
沢を渡り終えると今度は石組みの階段が出現! 連れの母を見上げ
ここを進むと理解した山ガールは、スキップするように登るのでした

201105_099.jpg
両側から迫る奇岩、怪岩の間を歩く

201105_107.jpg綾広の滝に到着しました。
お伽噺のように幻想的な
ロックガーデンもここで終わり。
渡り石に、石階段。
足場の悪さを物ともせずに
自分の足で登り切ったジジさん、
もう立派な山ガールですね。
   武蔵御嶽神社の滝行に使われる
   綾広の滝。落差は10mほど →


適度に優しく、適度に厳しかった、ロックガーデン周遊コース。
ここから先は尾根伝いに、(出発地点だった)ケーブルカーの山頂駅まで戻ります。
(続く ... かな?)


tags: 御岳山
23:30 | ジジの山歩き | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
ジジの登山日記 ... 終着 | top | ジジの登山日記 ... 七代の滝編

comments

#
ジジさんは難所も余裕顔ですね~
母、お疲れ♪

ワンコを背負えるリュックありますよね~
ジジさんが入ってくれたら
両手が使えて安心ですよね。

軽やかな歩きのジジさん、さすがっ♪
てぃばぶさん | 2011/06/11 23:16 | URL [編集] | page top↑
#
こんばんは~、てぃばぶさん ♪

難所もなんのその、カモシカのようにを歩いてましたよ。
ジジ母も僕もヘロヘロでしたけど ...

ワンコを背負えるリュック、あったんですね。
考えてみよ~
あっ、でも。
ジジを背負ったら荷物を背負えなくなっちゃう?
どうしましょ(笑)
ジジ父さん | 2011/06/13 19:48 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://iggg0721.blog17.fc2.com/tb.php/250-d6eb3481
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。