スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

高尾山を歩く ... 4号路編

201106_044.jpg6 + 1 本の、登山コースがある高尾山。
そのうち麓と山頂を直接結ぶのは、
1号路 3.8km 約1時間30分
  薬王院に至る表参道。ほぼ舗装路
6号路 3.3km 約1時間30分
  沢伝いに山頂を目指す自然路
稲荷山コース 3.1km 約1時間30分
  別尾根を伝って山頂を目指す自然路

の、計3本。残りの4本は周回路や連絡路
となるので、素直に下山するならこれら
3本のどれかがルートになるわけでして。

登ったら下りなくてはならぬ高尾山、
201106_042.jpgさて。どの道を下ったものか?
来た道、稲荷山コースを戻るのは
なんとなく芸がないような気もするし、
舗装路の1号路では風情の足りぬ感じが
あるし。とはいえ、沢沿いの6号路を歩き
続ける自信も(足腰には)ないんでした。

山道で短めのルートがあれば ...
な~んて我が儘な要求にも答えてくれる
201106_043.jpgのが高尾山のいいところ。自然豊かな
連絡路、3号路、4号路があったのでした。
この道を歩いて中腹まで下り、もし足が
棒のようであったなら
文明の利器(ケーブルカー or リフト)に
頼ってしまおう、という算段です。
では、どちらの連絡路を?
吊り橋があるという4号路で、今回は
山を下りることにしたのでした。

201106_051.jpg201106_050.jpg
自然研究路のサブネームを持つ4号路は   山に生きるものたちのニオイがそこらに
フラットな歩きやすい土の道       立ちこめているんでしょうか?

201106_045.jpg
ちょっと物足りないですわ、この道~ 階段も渡り石もないからねぇ ...

201106_046.jpg201106_047.jpg
快調に山を下ってきたジジさんですが    見つめる先にあったのはブナの森に潜む
なにかを発見して急ブレーキ!        4号路の目玉、吊り橋でした

201106_048.jpg
この橋を渡りたいがために歩いてきた4号路
うっそうと茂る緑の中、深い谷間に架かる吊り橋は、絵になりますね~

201106_049.jpg
森の精が舞う沢に架けられた吊り橋を進む
下を流れる川は蛇滝(霊場の滝)の水源なり

201106_052.jpg
里へ戻ってきたような賑やかさを覚えたら4号路は終点です
風情あるこの門は
神様と会う前に心を清めなさい と申される浄心門
この門の先は薬王院有喜寺へ通じるわけですが、今回は遠慮させて頂きました

201106_053.jpg
山ガールも思わず見とれてしまう大木は御年450(推定)の たこ杉
伝説によれば、山の天狗衆が参道を整備する際に邪魔だったこの杉が

切られてしまっては大変 と根を丸めてしまった ... んだとか


201106_057.jpg土からコンクリートに変わった道、
4号路は連絡の役目を終え麓までの
道案内を1号路へと譲ってしまいました。
ということは、ケーブルカーの駅も間近。
駅近に店があるのは街も山も一緒で
ちょっとした茶屋がありました。
でも、イヌは。入店できないみたいです。
外のベンチでひと休みしながら考えます。
このまま歩いて下山しようか、と。

そうしよう! と決めて歩き始めた1号路。
しかし、これが。
想像以上にキツかったんであります。

堅い路面と急激に下る傾斜が
足首に、膝に、太腿に、過大なる負荷を
かけるのでありまして
箱根駅伝は6区の山下りが如何に過酷な
区間か、と感じ入った次第 ...

201106_054.jpg201106_055.jpg
登山ガイドが初心者に勧める1号路     飛ばすと足が止まってしまう下り坂
しかし、あなどってはいけません      ペース配分が大事だよ~、ジジさん

201106_056.jpg
ヘトヘトになりながらも、なんとか到着した清滝駅前広場
下り道が こんなにも辛いのだ! と知った、高尾山の山歩き
次に来た時は、ケーブルカーかリフトで下山しようね ...


201106_020.jpg
山ガールの高尾山初登頂記録(黄色い線がジジさんの歩いたルート)
清滝駅 → 稲荷山コース → 山頂 → 4号路 → 浄心門 → 1号路 → 清滝駅
の行程で歩いた距離は約7Km、高低差は400m程もあったのでした




tags: 高尾山
17:00 | ジジの山歩き | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
湿疹というか | top | 高尾山を歩く ... 稲荷山ルート編

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://iggg0721.blog17.fc2.com/tb.php/255-39ab5071
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。