スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

ジジと母のタワー記録 ... 634mの頃

skytree_20110312.jpg3月1日、13時29分。
600mを突破したスカイツリーは
世界一の自立式電波塔となったのでした。
634mの最高到達点もいよいよ間近、
今日か? 明日か? 明後日か?
3月11日、14時46分
震度5強の激しい揺れに襲われました。
芝の東京タワーでは先端のアンテナが
曲がってしまった、ほどの ...

ジジと母のタワー記録 第7回目 は、1000年に一度とも言われる巨大地震を経て遂に
634mへ達した3月から、衣替えの季節を迎える初夏の頃までです。


さとと-タワージジさんの Wan Point 解説
   東京タワーのアンテナを曲げてしまうほど激しい揺れだったのに
   スカイツリーのゲイン塔は何事もなかったかのように立っていたのは
   ナンデ?
   333mと624m(震災時点)、建物倒壊危険度ランク1の芝と4の押上
   東京タワーとスカイツリーでは高さも違えば地盤も異なります。
   東京都都市整備局の地域危険度測定調査 -建物倒壊危険度- で常に
   ベスト10の一角を占める墨田区は、堆積作用で作られた沖積低地。
   スカイツリーの足下は遙か昔、海や川が運んできた土砂なんだそうな。
   そんなところに作ってもよかったの?
   そんあこたぁ先刻承知の Rising East Project
   地震に対する二重三重の備えがあるから心配ご無用なんですって ...
   そのひとつに、揺れでもって揺れを抑える制振構造があるんです。
   本体とは周期の異なる揺れを持つ構造物(心柱)と重り(頂部制震装置)を
   組み合わせて振動を減衰させるらしいんですが、ん~
   なのこっちゃかわかりませんなぁ
   そういや、いにしえの奈良の時代より幾多の地震に耐えてきた法隆寺五重塔。
   真ん中には柱(心柱)、先端は大きな棒(相輪)があります。
   スカイツリーの耐震性は過去から学んだものなのかもしれませんね。
skytree_hasira01.jpgskytree_seisin01.jpg
タワー鉄骨部とダンパーを介して繋がる心柱は直径8m、高さ375mのコンクリート製
てっぺんでゲイン塔の揺れを抑える制振装置の正体はバネで浮いてる重り


さとと-タワー旧中川の土手から
   震災ショックも覚めやらぬ3月18日、スカイツリーはひっそりと634mに達した
   のでした。ジジさんの定点観測ポイント、旧中川の土手から見る姿も心なしか
   大きくなりましたねぇ。
skytree_20110329.jpg
春はあけぼのの3月、土手で日光浴を楽しむジジさんの背後に634mのスカイツリー


さとと-タワー浅草寺の境内から
   3代将軍家光公により建立された本堂は昭和20年3月10日、B-29が運んできた
   焼夷弾により消失。その13年後に再建された現在の本堂は建材こそ変われど
   姿は往時のままなんだそうです。
   境内の西側から東の方角を見ると本堂の脇に顔を出すスカイツリー、
   江戸と東京のコラボレーションを味わえるのでした~
skytree_20110403.jpg
平成の大営繕を終えた本堂と仁王立ちするジジさんと、634mのスカイツリー


さとと-タワー上野公園から
   江戸の頃は上野山と呼ばれ寛永寺(徳川将軍家の菩提寺)の敷地であった
   上野恩賜公園は、小高い丘のような地形です。
   江戸城明け渡しの中心的な役割を担った西郷どんがおわす場所から少し
   歩くと上野の町並みと共にスカイツリーが見えるのでした。
skytree_20110405.jpg
その距離は7kmくらいあるでしょうか、634mのスカイツリーも小さいなり~


さとと-タワー第四吾嬬小学校の校庭から
   ジジさんの憩いの場 真美い庵 の向かい側にある第四吾妻小学校です。
   学校には縁のないジジさんですが、自由解放日(選挙の投票日)に校庭へ
   足を踏み入れてみました。広くて平らでイヌもいなくて、いいんだけど。
   芝生でないのはなぜだぁ~
skytree_20110410.jpg
アンツーカーの校庭でスカイツリーと同化するイヌ


さとと-タワー旧中川の土手から(江戸川区から二態)
   昭和46年から始まった旧中川の改修整備工事(江東内部河川整備事業)も
   40年の長きを経て平成22年度に終了した、んだそうです。
   ジジさんが背中スリスリにいそしむ土手も、そんな壮大な工事の果てに
   あったんですね~
skytree_20110426.jpg
宙を舞う四肢の間にスカイツリー ... という絵はなかなかに難しいのであります

skytree_20110430.jpg
遮るもののない川では遠く離れてもツリーがよく見えます


さとと-タワー物思うベランダから
   ポカポカ陽気の小春日和、ジジさんの冬服をお洗濯するお昼時。
   ベランダに敷いたクッションで物思う我が家のイタグレ。
   フェンス越しにのぞくスカイツリーでは今日もタワークレーンが
   働いていたのでした。
skytree_20110327.jpg
震災からしばらくの間、少々哲学的であったジジさんです



17:00 | 下町界隈 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
雨模様の犬茶屋 | top | ジジと母のタワー記録 ... 594mの頃

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://iggg0721.blog17.fc2.com/tb.php/271-def910bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。