スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

ジジ散歩 ... 浅草編

gigi_221.jpgう~ん、やっぱり行きたくないですぅ
だったら、置いてくよぉ~
え”~、じゃあ。行きますゥ
そうだ、そうだ。いい子ねぇ~
でも、寒そうなだなぁ ...
gigi_222.jpg
西からやってくる低気圧が東京に雨を降らすまで
あと半日。(予報では)夕刻より傘が必要らしい。
出かけるなら今をおいて、他にない。
行く先は、浅草。
お参り? それもあるけれど ...
僕らには買いたいモノがあったのです。
それは浅草でしか手に入らない代物。
毎年、買い求める、江戸の小玩具。
縁起物でもあるから、(陰暦の正月である)今月中に
買い求めたいと思っていたのです。
というわけで、浅草。
gigi_223.jpg
我が家からは片道、3Kmほどの距離。
すっかり出不精になってしまったジジさん、
久しぶりの長距離散歩。大丈夫かな?

西に向かって押上の街を、歩きます。
新しい東京タワー が急ピッチで造られるこの辺り
地上600mの電波塔と競い合うように天へと伸びる
41階建てのタワーマンションも、その全貌が
あらわになってきました。
アタシの関心は地面だけよん
そうそう、そうでした。
(マーキングされた)電柱が大好きなジジさん、
空を見上げても臭いはない、もんね。

gigi_238.jpg
押上を抜け、向島に入ります。
お散歩は快調です。が、ここでちょっとお買い物。
レトロモダン ... 、っていうか、本物のレトロな喫茶店
カド があるからです。
イヌは入店できないのでお茶を楽しむことはできませんが
名物のくるみパンをテイクアウトすることはできます。
とっても美味しいので、通りかかるとつい、買ってしまう
僕たちなのでした。
さあ、ここまで来れば。
隅田川はすぐそこ、です。
gigi_224.jpg
gigi_225.jpg
はしけを曳いて川上へ向かうタグボートの
力強いエンジン音がのどかに響く昼下がりの
隅田川。
僕らが歩く川沿いの遊歩道には、
丘からやってきた鳩と
海から飛んできたカモメが
微妙なテリトリー意識の元でくつろいでいます。
鳩は地面、カモメは欄干。
1羽1羽は可愛らしいのですが、集団となると。
ヒッチコックの を想い出す
ちょっと怖い感じの光景だったり。
でも、そんなことは。
ジジさんには関係ありません。
目の前にある、鳥の群れ。
それは、サイトハウンドの本能が目覚める瞬間。
gigi_226.jpg
視線は前方に固定され、
後ろ脚に力が漲るの、この感じ。
あぁ、ここではやめてぇ~
案の定。鳩の群れへ突っ込んでいくジジさん。
平和なひと時を楽しんでいた鳩の群れは一瞬で
乱れ、その余波は欄干で休んでいたカモメ達にも
及びます。
奇声をあげながら飛び立つカモメ、カモメ、鳩。
スクリーンの中にあった、そのシーン ...
鳥の群れにいるのは金髪ではなく茶髪の我が
妻ではありましたが。
ちょっと思ったのですが、ヒッチコックって。
ブロンド美女が恐怖に顔をゆがめる姿を
好んで撮っていたように思いませんか?


gigi_227.jpg

gigi_228.jpggigi_229.jpg
 もーーー。飛びついちゃダメ、でしょう
 だって血が騒ぐんですもの~
 そんな会話をしたとか、しないとか ...

gigi_230.jpg
隅田川沿いの散歩道に別れを告げ、
江戸通りを横断し、馬車道通りを渡ります。
そこはもう、浅草寺。伝法院通りの東の外れ。
ここから先、馬から下りるように、との札。
社寺の境内へ入るには馬に跨っていてはならない
武家時代からの礼儀作法が今に残っていました。
(車両進入禁止ってことですね)
gigi_231.jpg
平日であるにもかかわらず、多くの人で賑わう浅草寺。
ここは毎日が、お祭りなんですね。
人で溢れる12m幅の仲見世通り、
ジジ散歩は踏みつぶされる危険性大、です。
仲見世の裏道を歩いて宝蔵門へと向かいましょう。

本堂手前の、宝蔵門。
小舟町と書かれた大提灯が目印のここには
その昔、仁王門と呼ばれた浅草寺の山門とのこと。
でも、確か。ここは浅草二丁目。
小舟町ってナニ?
gigi_232.jpg
調べました。
どうやらこの大提灯、
四代将軍 家綱公 の時代に
日本橋は魚河岸の信徒から
奉納された、のが始まり
なんだそうです。
以来、350年。
受け継がれる、歴史と伝統。
浅草寺と日本橋小舟町の
粋な関係。
なるほどねぇ
そんな歴史小話を背景に
ジジさん、記念撮影。
あ”~、ジジがピンボケぇ
小舟町の民がピントを
引き寄せてしまった、
のでしょうか?

その頃、人間のおかーさんは
仲見世でお買い物。行くは、
江戸趣味小玩具の 助六 です。

gigi_233.jpg江戸の昔は、
八代将軍 吉宗 の時代。
質素倹約を重んじる吉宗公が
発令した贅沢禁止令。
庶民の玩具は華美な装飾や
大きさなどを制限されたのだ
そうです。
その頃の趣を今に伝える
小指サイズの玩具が所狭しと
並べられる助六さん。浅草は
仲見世らしいお店、です。
gigi_234.jpg
お目当ての小玩具を買うことができた
人間のおかーさん、気分は上々です。
お腹も空いてきたことですし、どこかで
ランチでも ...
ワタシもっ!

再び、伝法院通りへと戻り、お腹を減らした
犬のムスメもご一緒できるお店へ向かって
浅草六区方面へ歩いていきます。
をっ、鼠小僧次郎吉?
どこぞで掠めてきた千両箱を小脇に辺りを
見回すは、呉服屋の、瓦の上。
十手持ちを探しているのでしょうか?
それとも。盗んだお金をばらまくところ?
gigi_235.jpg
イヌが入店できるお食事処は少ない浅草です。
イヌもご相伴できる居酒屋(但し、店先の長テーブル限定)
なら、あるにはあるのですが。この寒さの中、
外で食事するのはご勘弁願いたいところ。
そこで、僕らが行ったのは浅草唯一のドッグカフェと噂の
Cafe Rest' Cuzn でした、が。
行った日が悪かったのか、時間帯が良くなかったのか。
印象としては、ど~も、いまひとつでした。
少しばかり
気分を損ねてしまったので食事も早々に店を出て、
かっぱ橋道具街の方向へと歩きます。
gigi_236.jpg
気になるお店があったのです。
ペットのためのアジアンスタイル
そんなコンセプトが素敵な asiwan さん。
実は今までにも何度か、
行ったことはあるのですが、
お休みだったり、店主不在だったりで、
振られっぱなし。今日は ...
よかった。やってました。

初めて入る店内は、見事なまでのアジアン・ティストです。
チーク材、バンブー、ウォーターヒヤシンス、,,, 。
純朴な素材に癒されるのは人間、ではなくて、イヌであるところが凄い!
ハウスにベッドに、クローゼット。 ん~、ムスメに買ってあげたいモノばかり♪
とりあえず、今日は。ぬいぐるみを買って帰りましょう

浅草まで行って帰った往復6Km超のジジ散歩は、無事に終了です。
途中、抱っこされることもなく自分の足で歩ききったジジさん。
家に着くなり夢の中、のようです。
gigi_239.jpg

ところで、僕らが買い求めた江戸の小玩具は今年の干支、丑の置物なのでした。
豆粒ほどの大きさですが、手の込んだ造りに職人技を覚えてしまいます。
gigi_237.jpg
隣のタマゴちゃんと比べると驚異の小ささがわかる助六の丑


tags: 浅草
20:20 | ジジの散歩 | comments (5) | trackbacks (0) | edit | page top↑
2歳になりました | top | ジジの記録 ... 再び

comments

#
いやぁ どうもありがとうございます
まるで修学旅行にでも出掛けた様な気分を味わえました
私 生まれも育ちも現在所 
東京は『とっても怖い大都会』と思い込んでる田舎モノです
学生の頃の修学旅行は九州か信州
東京のトの字も知らないので 珍しいものばかりです
いつものジジちゃんの記録も とっても興味深いですが
こういう記事も新鮮だし なにより勉強になりました
東京と言っても広いんですねぇ
勝手なイメージで申し訳ないのですが
『大都会のビル街で犬を飼うなんて信じられない』と思い込んでました 
目から鱗とでも言いましょうか 誤解が解けました
ありがとうございます 良かったぁ♪

ジジちゃん 長距離&長時間のお散歩
その後の疲れや体調変化はないですか? 元気かな?
ウチの野生児は・・・お手上げですぅ(涙)
じょじょぼうさん | 2009/01/30 05:23 | URL [編集] | page top↑
#
そうだっ 書き忘れ・・・
タマゴちゃんの横の丑サン
相当な細かさなんでしょうねぇ
私 近眼に乱視で ボンヤリとしか見えてないのですが
日本古来の伝統芸の一つですかね
とってもお洒落なご夫婦を想像してま~すv-10
じょじょぼうさん | 2009/01/30 05:27 | URL [編集] | page top↑
#
実は僕も田舎者ですから、じょじょぼうさんと同じく
東京ってところは怖いところだと思ってました(笑)
でも、住めば都。
暮らし始めると印象は大いに異なりました。
たぶん、下町に居を定めたからだとは思うのですが、
コンクリートジャングルの合間に大小様々な公園があったり、
寺社が点在していたり、トタン張りの長屋があったり、で。
お散歩コースには楽しい風景がたくさんありますよ~ (^^;
って言うのは人間のお話で、裸足のイヌは
(アスファルトではなく)土の上を歩きたいのかなぁ ... なんて思ったり。
都会で暮らすワンちゃん達はちょっと不憫かしら ???

久々の長距離散歩をしたジジはこの夜、下痢しましたi-195
寒い中、ちょっと無理させてしまったのかもしれません。
でもって、翌日からは元気に過ごしていたのですが ...
一週間後、点滴を受けるところまで調子を落としてしまったのでした。

実は初めて鱈を食べたのですが、どうやら、これがまずかったようで
また薬が増えてしまいましたi-230
事の経過はいずれまた、記事をアップしたいと思います。

そうなんですよ、この丑さん。
日本の伝統、巧の技、って感じです。
小さいけれど手抜きは一切なくてまさに、職人芸。
こういうものは大事にしたいですよね。
あまりに小さくて写りが良くないんです、この写真。
もう少しアップした写真を他の干支と共に載せてみますね~

あっ、それと。
お洒落な夫婦なんて、そんな、そんな ...
動物臭漂うジャージにドテラが普段着ですからi-280
ジジチチさん | 2009/01/31 23:30 | URL [編集] | page top↑
#
やっぱり下痢しましたか・・・
運動(散歩)も限度を超えると下痢になるみたいですよ
JOJOがそうです
嬉しそうなもんで ついつい長く遊ぶと翌日はPです

鱈は どんなものですか?
ワンちゃん用?それとも魚屋さんの人が食べるもの?
どちらにしても 塩分を抜いてあげるのが良い様ですよ
JOJO 魚大好きなんですが白身魚しか合わないので
鱈はよく買いますが 何度も茹で直して塩分と灰汁抜きします
これで少しぐらいのPなら治まると思うけど
体質に合わないのならNGですね
ワンのオヤツとして売ってる乾鱈も 同じ様にしたほうが良いですよ
海水の塩分だけでも相当な負担みたいです
じょじょぼうさん | 2009/02/01 10:07 | URL [編集] | page top↑
# 散歩で ...
久々のお散歩で調子に乗りすぎたみたい、です。
無理をさせてはいけないとわかっていても、ダメですねぇ ...
元気なふりをしがちなジジさんなので、気をつけないと。
JOJOくんも頑張っちゃうタイプなんですね、きっと。
でも。続けるべきか、引き返すべきか、見極めが難しいですよね?

鱈、なんですけど。
これは調理を担当した僕の、ミスです。
魚屋さんの人が食べる鱈を、水洗いした程度で煮込んだ、鱈鍋のような
お食事だったんです。
というのも、調理前に(切り身の段階で)舐めた感じ、塩分はない
ように思えたからなんです、が。
今更ながら考えてみると、じょじょぼうさんが書かれたように
海で生きるお魚さんだから潜在的な塩分って多いわけですよねぇ ...
反省、反省i-183

なので、鱈自体が問題なのか、塩分過多なのか、不明ではありますが
嘔吐、微熱、CRP値異常、となり。
点滴→薬(ガスターブロック)→酵素検査中(リパーゼ、トリプシン等)、です。

診断、および、処置が的確だったおいかげで今は元気にしてるけれど、
酵素検査の結果が出たら、入院かも~ なんて脅されています、先生に。
ジジチチさん | 2009/02/01 16:21 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://iggg0721.blog17.fc2.com/tb.php/42-ff37e248
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。