スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

下町のビッグプロジェクト

skytree_001.jpgその壁が出現したのはいつのことなのか
正確には知らないのです。
浅草は助六さんまで
干支の子(鼠)を買いに行った帰り道、
ということは去年(2008年)のお正月には
このフェンスはあった、わけで。
ここ。だったのねぇ~
計画の存在自体は知っていたし
墨田区が誘致に成功した
なんて話しも聞いてはいましたが、その場所がいまひとつ、定かでない。
地上 600m の電波塔なんて、ホントに造るんかいな?
懐疑的な墨田区民としては場所が特定できない話しは信じるまいと思っていたのですが、
目の前に現れたその壁はウソを言ってるように思えなかったのでした。
skytree_002.jpgskytree_003.jpg
でも、どうなんでしょう?
恐ろしく地盤の弱い墨田区に、世界一の鉄塔を建てるなんてことができるのでしょうか?
半信半疑な、いち区民としては。
芝の東京タワー(333m)を超えるまではやっぱり、信じられないのでした。
それでも現場は生きています。
日々、景色の変わる、業平~押上地区。
地デジ完全移行(予定)の 2011年に向けて、工事は急ピッチで進むのでした。

skytree_004.jpg
事業主体である 東武タワースカイツリー株式会社 が描く青写真は、
地上 610m の電波塔を核に、低層の商業施設、高層の複合施設を組み合わせた
新しい街の提案です。
区役所に飾られていたスケールモデルの、上の写真、
左側が浅草、右側が押上となり、鉄塔が建つ辺りはちょうど、東武伊勢崎線の業平駅
ということになります。
skytree_009.jpgskytree_005.jpg
実際にはどんなロケーションかと言えば。
左側の写真が浅草方面から、右側の写真は押上方面から見た、建設予定地。
それぞれの写真に流れる北十間川の、その奧に、タワーが見えるようになるんですね。

skytree_012.jpg 常磐色に 伝統
萌葱色に 若さ
刈安色に みんなの
黄金色に 未来
紅梅に 華やかさ
江戸紫に
空色に エコロジー
七つの伝統色に込められた意味は
TOKYO SKY TREE が描く下町の未来予想図。
さて。未来は。なないろ、なのでしょうか?



20:00 | 下町界隈 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
スカイツリー物語 ... 基礎固め | top | ジジさん、日本テリアと出逢う

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://iggg0721.blog17.fc2.com/tb.php/53-acc7da99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。