スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

ジジの記録 ... 年の瀬の試練

半年ぶりにゲロしてしまった、12月中旬
先生と相談した結果、1日おきだった胃薬を日に2回へと戻し
手作り食と療法食とをバランスしながら与えることに。
年の瀬迫る2008年12月下旬、ジジさんにはまだ試練が残っていたのでした。
※ 過去の闘病記録です


gigi_384.jpg2008年12月16日
今日から朝晩の1日2回、胃薬を飲むことに。
朝はロイヤルカナン 低分子プロティン を 20g、
昼に同じく低分子プロティンを 20g、
晩は鶏肉を中心としたおじやを 110g 食べる。
うんちは2回で、どちらも正常。
薬は鶏肉に押し込んで飲ませる。
gigi_387.jpg2008年12月18日
朝の低分子プロティンを残すが、
晩に用意した手作りのおじやは完食する。
うんちは2回だが、間隔が短いのと
少し緩いのが気になる。

2008年12月20日
低分子プロティンを拒否するようになる。
gigi_383.jpg手作りのおじやは喜んで食べることから
食欲自体は旺盛である。
やはり、療法食は不味い?
嘔吐より一週間と少し。
胃薬が効いているのか、体調はすこぶる良好。
固めのうんちを2回。食事量が足りない?

2008年12月23日
07:50 朝食前にコロっとしたウンチ。
   食べる前というのが、少しおかしい ...
09:15 低分子プロティンを口にしない。
   薬を入れたササミ 5g を食べる。
10:00 嘔吐を続けざまに2回。
   1回目は朝食べたササミ、
   2回目は胃液のみ。
11:00 下痢。
出すものを出してスッキリしたようだけど、
gigi_380.jpg念のため病院へ。体重 4.2kg で変化なし。
大腸の活動が弱っている との所見。
今飲んでいる胃薬に加え整腸剤を追加し、
様子を見ることに。
21:00 白米、牛肉、じゃがいも、大根を
   煮込んだおじやを 120g 完食。
今月、二度目の嘔吐である。
治りそうで治らないジジさん、薬なしでは
消化できない体質なんだろうか?
gigi_382.jpg
2008年12月24日
ジジさん、2回目のクリスマス・イヴ。
ケーキでお祝いしたいところだったけど
昨日の今日では無理なお話し。
クリスマスツリーの前で気分だけでも。
胃薬に加え本日より整腸剤(朝1回)を飲む。
朝の低分子プロティン、晩の鶏おじやとも
ペロリと完食。うんちはなし。

2008年12月29日
今年最後の通院日。体重 4.3Kg へ微増。
触診、聴診、(飼い主への)問診から、
特に問題はないでしょう、との診断。
この状態で新年を迎えられるように
gigi_378.jpg胃薬と整腸剤は継続。

2008年12月31日
2008年も今日で終わり。
今年一年の感謝を込めて近所の神社へお参り。
山あり谷ありの一年だったけれど、
こうやってお散歩できるんだから幸せ、だよね。
手作り食と並行してあげている療法食
低分子プロティンはあまり食べたくないようで
食器に入れた 20g を完食する日は少ない。
手作り食は、食材を限定した煮込みごはんとし
魚類、焼き飯などはしばらく与えないことにした。
毎日同じメニューでも喜んで食べている。
うんちは日に2回のペースへ戻ってきたけれど
たまに膜が付いている時あり。
腸の調子は完全ではないものと推測される。



2008年。
振り返れば、誕生日を過ぎて少しの頃 に激しい嘔吐、5月連休 でまたしてもダウン、
夏の暑い日 に肝臓の炎症、寒くなってきた今月に半年ぶりの嘔吐、と
色々あった一年でした。
市販ドッグフードから手作り食へ切り換え、胃腸的には何事もなく
半年を過ごしたところで吐いてしまった、12月。
治ったかなぁ ... という淡い期待も無残に打ち砕かれた、平成20年暮れだったのです。



20:00 | アレルギー性疾患 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
ジジの記録 ... 2009年1月 | top | 犬のデリカテッセン

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://iggg0721.blog17.fc2.com/tb.php/60-b63858bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。