スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

ジジの記録 ... 2009年1月

手作り食に切り換えてから半年というもの、嘔吐も下痢もなく順調に
過ごしてきたわけですが。
暮れも押し迫った先月、突然、体調を崩してしまったジジさん。
新しい年の始まりは、どうだったのでしょう。
※ 過去の闘病記録です

gigi_388.jpg2009年1月1日
スリングバッグでお出掛け~
今年こそは電車に乗りたい。ということで
お正月早々、練習に励むのでありましたが。
バッグの中でおとしくしていられるほど
大人ではなっかた、ようでございます。
そんなわけで元気に迎えられた元旦。
朝は低分子プロティンを 20g と
薬を入れたササミ 15g を完食。
昼の低分子プロティン 15g は残す。
夜に鶏肉と白米と野菜を煮込んだ
おじや 120g を完食。
胃薬は朝晩の2回、整腸剤は朝1回。
うんちは2回で、健康的なもの。

2009年1月7日
gigi_394.jpg新年最初の通院日。体重4.3Kg、平熱。
安定してきたので胃薬だけにしましょう
先生の表情にも笑顔が戻り、クリスマスイヴ以来
約2週間飲んできた整腸剤を止める。
胃薬は相変わらず、朝晩の2回。
朝のお食事 - 低分子プロティン(療法食)の
食い付きは、またまた悪くなってきた。

gigi_393.jpg2009年1月10日
昨年の嘔吐から約半月間、
晩の手作り食は鶏おじやとしてきたが。
胃腸の調子も良いようなので、
おとーさんが腕をふるって
豚チャーハン(オリーブオイル炒め)を作る。
120g をペロリと完食。

2009年1月11日
朝からお腹がゴロゴロと鳴る。
午前中は何も食べず、晩になって食欲回復。
原因は昨日の(油っぽい)豚チャーハン?
おとーさん、大いに反省する。

2009年1月12日
療法食の低分子プロティンには目を向けない。
pinacle_01.jpg朝昼のドライフードをピナクルへ変更してみる。

2009年1月16日
手作りの食事を知ってしまうとドライフードへの
興味を失ってしまうのだろうか?
療法食よりは美味しいと思うピナクルだけど、
ジジさんの食い付きはいまひとつ。
鳩に横取りされても構わないようである。

tara.jpg2009年1月24日
手作り食で気になる栄養のバランス。
鶏肉、豚肉、牛肉ばかりでは、栄養素も
偏ってしまうんではなかろうか?
おとーさん、旬の鱈で雑炊を作ってみる。
120g を喜んで食べたが ...

2009年1月25日
gigi_396.jpg10:00 朝食のピナクルに手を付けない。
11:30 下痢気味のうんち。
12:45 ササミを食べず、チーズで薬。
13:10 チーズと薬を戻す。
14:20 チーズと胃液を戻す。
17:30 初めて水を飲む。
19:20 鶏おじや 40g を完食。
昨夜の鱈雑炊を疑われ、料理人のおとーさん
gigi_392.jpg再び、大反省。父子共に元気ない一日を過ごす。

2009年1月27日
定期通院日。体重 4.15Kg、体温 39.1℃
微熱あり。食欲はあるが、けだるそう。

2009年1月28日
朝から元気がなかったので朝食を大好きな
鶏おじやにしてみたが。珍しくも残す。
どうも様子が変なので、病院へ。
体重 4.05Kg、体温 39.2℃、診察台で嘔吐。
血液検査の結果、ALP、GPT が高めではあるが
基準値以内。しかし。
白血球 → 29,300個 / μl、CRP → 測定不能(!)
膵臓の炎症が疑われる らしく、
即日入院を勧める先生であったが。
gigi_379.jpgうちへ帰りたい と訴えるジジの目は哀しいほど
切なかったのである。
なにかあったらすぐに病院へ来ることを条件に
今日の所は自宅で様子を見ることに。
ステロイド、栄養剤を点滴。

2009年1月29日
本来なら絶食とするはずの1日だけれど、
gigi_395.jpg何か食べさせてぇ~ と朝から催促される。
素人判断はいけないけれど、
飼い主判断としては いけそうな 感じ。
白米、ササミ、ジャガイモを煮込んで 40g ほど
食べさせてみる。嘔吐も下痢もなく寝て過ごす。
夜には本来の元気を取り戻す。

2009年1月30日
gigi_389.jpg朝から元気! 昨日と同じメニュー
白米 + ササミ + ジャガイモの煮込みご飯を
昨日より少し増やした 50g で、様子見。
昼と晩も、同じメニュー、同じ量を食べる。
疑われた膵臓の炎症は治まったのだろうか?

2009年1月31日
通院日。体重 4.15Kg、体温 38.7℃ 也。
体重に変化がないこと、平熱に戻ったこと、
尻尾を振りながら愛想を振りまく様子から
膵炎疑惑は晴れた模様であるが ...
念のため、膵炎診断を受けることに。
検査用の血液を採取する。結果は後日。
(実際のところ)どうなんだろう?
午後から浅草へ。
下町界隈を元気に歩く。


2009年、1月。
一昨年の夏以来再び、膵炎を疑われてしまったジジさん。
なんとか入院を免れたものの、状態はさほど良くなかったのでした。
久しぶりに嘔吐と下痢をした昨年末から、さほど日数も経過していないのに
オリーブオイル(消化負担)や鱈(新しい食材)を与えてしまった僕に
非はあったのでした。

喉元過ぎれば熱さを忘れ ... ては、いけないんですね。
自戒を込めて、の闘病記です。


20:00 | アレルギー性疾患 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
ジジの記録 ... 2009年2月 | top | ジジの記録 ... 年の瀬の試練

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://iggg0721.blog17.fc2.com/tb.php/61-dc42622c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。