スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

ジジの記録 ... 2009年2月

先月末に熱を出したジジさん。
CRP(C-リアクディブ・プロティン)反応で強い陽性反応を示し、測定不能という
恐ろしい結果を記録してしまいました。
意味するものは、重度の体内炎症、もしくは、組織の壊死です。
先生の的確な処置により、すぐに立ち直りましたが、果たして今月は ...
※ 過去の闘病記録です

gigi_398.jpg2009年2月1日
誕生日と知ってか知らずか、朝から
元気いっぱい。
今日で2歳の、ジジさんです。

2009年2月4日
先月末に行った膵炎検査の結果が出る。
検査機関は IDEXX LABORATORIES
gigi_397.jpg検査内容は Spec cPL 検査 とのこと。
結果は ...
・犬膵特異的リパーゼ → 30μg/L 以下
・犬トリプシン様免疫活性 → 41.4ng / ml
で、両項目ともに基準値以内。
膵炎疑惑はこれにて、一件落着?
このまま薬を飲みながら様子を見ましょう
先生も胸をなで下ろす、嬉しい知らせなのでした。
gigi_402.jpg
2009年2月7日
定期通院日。体重 4.05Kg、平熱なり。
ん~、心持ち乳腺が腫れているようです
触診を終えた先生、想像妊娠かなぁ? だそうで。
前回のヒートからはまだ、3ヶ月。
ちょっと早いけれど、そろそろ来るのかしら?

2009年2月8日
思うところあって、食生活を変えてみる。
昨年末の嘔吐事件以来、朝昼をドライフードとし
胃腸の調子を伺ってきたけれど、ここ最近、
ドライフードはほとんど食べないのであり。
そこでドライフードはお昼だけとし、朝晩を
手作り食へ変えてみよう、というものである。
この案、どうだろう?
gigi_401.jpg
2009年2月15日
新しい食生活パターンはジジさんにも好評で
朝食、昼食とも、よく食べるようになる。
定期通院日。体重 4.1Kg、体温 38.3℃
特に問題なし、だけれど。
朝晩2回の胃薬は 続けましょうね なんて
含みを持った笑顔で先生は言うのでした。
gigi_404.jpg
2009年2月16日
副食のピナクルを求めて 豊洲 へ。
新しいオヤツとしてボーロも買ってみる。

2009年2月17日
つまみ食いしたブロッコリーを戻す。
人間用の、固ゆでブロッコリーだったから
これはジジさんの、自業自得というもの。

2009年2月18日
豚丼 100g を平らげ朝からご満悦のジジさん、
代々木公園で宙に舞う。
朝をしっかり食べると元気だね。

2009年2月20日
朝 : 豚丼 100g 、昼 : ピナクル 20g 、
gigi_405.jpg晩 : 鶏おじや 120g を食べる。
それでも足りないのか、なにか食べるものを求めて
家中をウロウロ。
何もあげないと心を鬼にしていたおかーさん、
ついに根負け。
カッテージチーズと自分が食べていたパンを少し、
お裾分け。
美味しいつまみ食いに満足して、うたた寝する
ジジさんではあったけど ...

2009年2月21日
朝、起きた時からお腹が鳴っている。
鶏おじや 80g を完食したけれど、30分後に
食べたものをそのまま戻してしまう。
昨夜のパンに反応?
午前中は寝て過ごすも、昼には復活。
ササミの水煮 50g をペロリ。
gigi_400.jpgその後、
用事で出かけたおかーさんを迎えに上野へ。
調子良さそうなので水元公園まで足を伸ばし
元気に走り回る。

2009年2月22日
定期通院日。体重 4.0kg、平熱なり。
特に問題なし とのこと。薬はそのまま継続。

2009年2月23日
サンプルでもらった
ケイナイン・トリビュート をお昼に試す。
宮崎県産の鶏を用いた国産フードという
触れ込みであるが、ジジさんには
フィットするんであろうか?

2009年2月24日
canine.jpg頭に吹き出物、出現!
試食したケイナインに反応?
原因を探るため、しばらく止める。

2009年2月26日
頭のニキビが消える。
再び、ケイナインを与えてみる。
ジジさんにとってピナクルに次ぐ
フードとなってくれればよいのだけど。
gigi_399.jpg
2009年2月28日
定期通院日。体重 3.95kg、平熱なり。
誤差の範囲とも言えるけれど、
あれほど食べているのに減っていた体重。
見た目も、抱いた感触も、デブグレ状態な
ジジさんだけに、4kg 台を割っていたのは
意外であった。
とはいえ、今月は総じて順調に過ごせた
ひと月である。
2回ほど吐いているけれど、そのどちらも
食べたものを戻しただけなので、大きな
問題とは言えないし、下痢もなかったので
胃腸の調子は安定してきたようだ。
朝晩2回飲んでいる胃薬が
よく効いているんだと思う。


昨年末の嘔吐事件以来、主治医の勧めもあって
朝昼を療法食、晩を手作り食とした食生活を送っていたジジさんですが、
療法食は早々に、見向きもしなくなってしまいました。
食欲はあるけれどそれ(療法食)だけはご勘弁、って感じです。
さて。どうしましょう?
療法食をあまり信用していない僕らとしても止めるのは賛成なんですが、
そうかと言ってすべてを手作り食にしてしまうと、例えば
栄養の偏り、外出時の食事、軟らかい食べ物ばかりになってしまう、等々。
なにかと不都合はありそうです。
せめて一食くらいはドライフードを食べてもらいたいような ...
そこで、療法食の代わりにピナクルを与えるようにしたのですが、
どうも喜んで食べている風ではない、のでした。
では、ピナクルに代わるフードはどれ?
(手作り食で)舌が肥えてきたのには困ったものです。

今月は、膵炎診断の結果が良好だったことに安堵した月でもあります。
先月の症状は限りなく膵炎に近いものだったのですがジジさんの膵臓は、
膵臓として機能しているようで、あぁ、よかったぁ~
と、なると。あの CRP 測定不能 は ...
なんの臓器が炎症を起こしていたのでしょうか? 

結果が疑問を呼ぶ2月、だったのでした。



12:00 | アレルギー性疾患 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
木場公園 | top | ジジの記録 ... 2009年1月

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://iggg0721.blog17.fc2.com/tb.php/62-7a18676c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。