スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

ジジの記録 ... 2009年3月

2月を無難に過ごしたジジさん。
朝晩に飲んでいる胃薬のおかげか、腸は正しく働いているようです。
食欲旺盛、お通じ正常。
万事このまま3月を乗り切ってくれれば ...
※ 過去の闘病記録です

gigi_406.jpg2009年3月1日
2歳と1ヶ月の朝は
お米と牛肉と野菜を煮込んだおじや 100g で
始まる。
食器を舐め回す勢いで、あっという間の完食。
昼にピナクル 15g を、
晩は、お米と鶏肉と野菜でしつらえた大好物の
鶏おじや 160g を食べる。
デザートに豆腐のオリーブオイル和え、なんて
新メニューも。
胃腸が反乱を起こさなければよいのだけれど。

2009年3月2日
まるで。モッツァレラチーズの風合いで
口に溶ける 豆腐にオリーブオイル は食する
人間を楽しませてくれますが、ではでは
olive.jpgイヌにはどうなのよ?
喉ごしよく、美味しく頂けましたぁ
とのことで、ウンチも正常。
心配された胃腸の反乱は起きなかったようです。

2009年3月6日
朝からお腹が、ゴロゴロ。
gigi_412.jpg朝食 100g を少し残すが、午前中をぐ~たら
過ごすうちに調子も戻る。
昼食と夕食はよく食べるも
ウンチはいつもより少ない、1回であった。

2009年3月7日
定期通院日。体重 3.95Kg、平熱なり。
両まぶたに吹き出物ができていたが
gigi_410.jpg痒そうな素振りもないので ... 、様子見となる。
診断を終え、決意したように先生が告げる。
そろそろ、薬を1日1回に戻しましょう
昨年暮れより約2ヶ月間、朝晩2回の胃薬は、
今日から朝1回で良いことに。
相変わらず飲まなくてはいけないけれど、
その回数が減るというのは、大きな前進。
gigi_414.jpg2009年3月13日
薬を減らして、約一週間。
特に変わりなく過ごしてきたが今朝は
お腹が少し鳴っていた。
朝食の鶏おじやを完食したことから
単に空腹で鳴っていただけ、と解釈する。

2009年3月15日
gigi_408.jpg再び、朝からお腹がゴロゴロ。
朝食にあげた大好きな鶏おじや 70g も少し
残してしまう。
これは、吐くか? 
と思われたが、1日を元気に過ごす。
夕食の鶏おじや 180g は恐ろしい勢いで
食べ尽くす。
ん~、朝の食欲不振はなんだったのだろう?
gigi_413.jpg
2009年3月17日
いつも雑炊ばかりではジジさんも飽きるよねぇ
おとーさん、バカの一つ覚えでまたまた
チキンリゾットを作ってしまう。
オリーブオイルで食材を炒めるこれって、
疑惑のメニューではなかったかしら?
眉をしかめるおかーさん、だった。
manma_01.jpg
2009年3月18日
無添加、手作りのスローフード マンマリゾ
試してみる。
ジジさんが食べ慣れている手作り食を
レトルト食品の手軽さで提供できるなら
外出時や非常時に使えると考えたからである。

gigi_409.jpg2009年3月20日
ジジさんのマンマリゾ試食キャンペーン、3日目。
嗜好性も高く、お通じも清く正しかったので、
非常食用としてマンマリゾ採用決定!

2009年3月21日
定期通院日。体重 4.05Kg、平熱なり。
100g 程、体重が増える。
gigi_415.jpg日に1回の胃薬はこのまま継続。
フィラリア血液検査の後、予防薬接種。
ついでにアレルギー検査用の採血も。
そう。いよいよ、アレルゲンの正体を探る
ことになったわけで、結果は後日。
フィラリア陰性のご褒美におとーさん、
またまたチキンリゾットを作ってしまう。
180g を喜んで食べたジジさんだったが ...

2009年3月22日
夕べに作り置きしていたチキンリゾット 100g を
朝に、ピナクル 25g を昼に完食するも。
夕方になって突然、胃の中のものを吐き出す。
10分間に8回ほどの嘔吐、最後は白い胃液。
だが、しかし。
人間の狼狽を余所にイヌは元気な様子。
gigi_416.jpg夜(20:30頃)になって、いつものように
鶏おじや(不安なので、50gに量を絞る)を
食べる。その後、正常なうんちをひとつ。
大事に至らず、安堵のため息。
ところで、この嘔吐事件の原因は ...
熱を加えたオリーブオイル、と推測される。
豆腐にかけた生のオリーブオイルは問題なかった
が、オリーブオイルで食材を炒めた時に限って
なにかが起きていたのであり。
result_01.jpg当面、ジジのイタ飯 はおあずけ、だなぁ ...

2009年3月26日
アレルギー検査の結果が。
検査機関は 動物アレルギー検査株式会社
検査項目は アレルゲン特異的 IgE 検査 とのこと。
ジジさんの結果はなかなかに興味深く、実は
食物に対してはすべて陰性だったのである。
怪しそうだった小麦もトウモロコシも鱈も
数値上は問題ないということで、では。
何に反応しているのか? といえば、
ダニ、スギ、カビ、なのであった。
花粉症にしてハウスダスト・アレルギーなのが、
生後2年と1ヶ月で知るジジさんの真実である。

2009年3月31日
gigi_407.jpgよく食べ、よく出し、よく眠る。
今日も一日、元気に過ごす。
アレルギー検査の結果からすれば
何を食べてもよいことになるけれど
事はそう単純でないのだろう、と思う。
犯人として具体的な食物があがってくれれば
対応もしやすいが、どうもスッキリしない感じ。
とりあえず、室内環境でも見直すか ...


加熱しても酸化しにくいオリーブオイルですが、ジジさんの場合はこれで
調子が落ちる、と。遅まきながら理解できた3月は、他にも
薬の回数が減ったこと、新しいフードを試したこと、アレルギー検査をしたこと、等々
いろいろとあった月でした。
そのアレルギー検査ですが、ジジさんが受けたのは
血清中の抗体でアレルギーに関係する IgE 抗体を各種アレルゲンと反応させて
結果を導く検査のようです。
春になると鼻水を垂らすジジさんなのでスギに反応したところは想像通りでしたが
牛肉、豚肉、鶏肉、卵、牛乳、小麦、大豆、トウモロコシの主要食物。
羊肉、七面鳥、アヒル、鮭、鱈、ナマズ、ししゃも、ジャガイモ、米の除去食。
代表的な食べ物に対して陰性であったのは意外でした。
この結果は素直に喜ばしいのですが、その一方で、数値が全てではないとも
思うのでした。
食物と空気環境とストレスの複合的要因で発症していることも考えられるわけで。
より正確さを求めるとすれば リンパ球検査 が必要らしいけれど、今のところは
そこまで求めなくてもいいような気がするのでした。

ジジは本当に。アレルギー性消化器系疾患なんだろうか?
小さな疑問を持ちつつ、弥生3月を終えたのでした。



17:00 | アレルギー性疾患 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
美食の館 | top | 木場公園

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://iggg0721.blog17.fc2.com/tb.php/64-5f02283a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。