スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

とおりゃんせ

gigi_087.jpg行きはよいよい、帰りはこわい 道が
ジジさんにはあります。
散歩の道順によっては
帰りはよいよい、行きはこわい にもなる
そこは、天神さまの細道ではありません。
床屋さんへと通じる細道なのです。
この細道、
ジジさんにとっては鬼のいる道。
でも、行くのです。今日も ...

もののけ漂い始める夏の夕暮れ時、
灯りをともした三色ねじり棒が手招きする
妖しき街角。
御用がないなら通りゃんせSTOP
用はありますぅ~
ど~してもそこを目指す理由は
サインポールの向こうに、ありました。
赤、青、白に輝く光の、その先に。
gigi_423.jpg
実は、ジジさん。
床屋さんのご主人に会いたいのです。
お店の前に着くとこの通り、
ドアを叩いて来訪の意を伝えます。
中にお客さんがいたとしても
お構いなしにこれですから、同伴する
散歩人としてはちょっと、羞恥心。

ガラス越しに見える小さな訪問者に
気付いたご主人、
シザーを片手にお仕事中でした。
それでも空いてる片方の手を振って
微笑みかけてくれるます。
人情豊かな下町の床屋さんなんです。

せっかく来たのにかまって貰えなくて
ガッカリのジジさん? 
gigi_424.jpgかと思えば、さにあらず。
目と目が合うだけも満足のようです。
想像するに世界で2番目に好きな人が
ここのご主人なんではないか?
と、僕は思ったりしています。
じゃあ、一番目は誰?
おかぁーさん  ハイ、ハイ

さて、ご用の済んだジジさん。
そろそろ帰りましょうか?
ん~、どーしよう ...
我が家へと向かう路地の様子を
恐る恐る伺います。
最初の一歩を踏み出せないわけは、
床屋さんの裏口にありました。
だって、そこには。
おっきな犬がいるんだよぉ~
床屋さんの看板犬、トルくんです。
gigi_086.jpgたくましい外観とは裏腹に
とっても優しくて穏やかな性格なんです。
道行く人々や犬たちの誰とでも気軽に
遊んでくれる下町のボス、なのに。
ジジさんだけは、怖がって近寄ろうとは
しないのでした。
遊ぼうよって
誘ってくれてるのにねぇ~

帰りはこわい とおりゃんせ。
行きも帰りもよいよい 細道にするには、ジジさんの気持ち次第。
いつかは挨拶ぐらいしてくれることを期待して、今日も床屋さんの細道を歩くのでした。





tags: 京島
20:00 | ジジの散歩 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
ご近所さんと出会う | top | 木場公園で仲よしこよし?

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://iggg0721.blog17.fc2.com/tb.php/70-9d8806c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。