スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

楽風雅殿(後編)

izu_013.jpg夜が明けました。
窓からうっすらと差し込む朝日が
心なしか優しい熱川の朝。
時刻は ... 、まだ 5:30 というのに
もうお目覚めのジジさん、
お散歩へ行きたいようです。
旅を楽しむ気持ちはイヌにもあるん
ですね。宿の周囲は閑静な別荘地、
朝の清々しい空気を味わいながら
散策するのも悪くありません。

izu_015.jpg

izu_016.jpg波をオレンジ色に染める、朝日。
別荘地ならではの
オーセンティックな光景は、
空の狭い東京ではお目にかかれぬ絵柄。

そんな景色に気分も高揚するジジさんは
丘を駆け下り、道の匂いを確認し、
潮風に鼻をふくらます、のでした。
いつもなら、まだ寝ている時間です。
こんなに朝早くから遊んで大丈夫?

おかーさんの心配は嫌な方向に
当たってしまいました。
坂を駆け上る途中で歩を止めた
ジジさん、8月の路上にゲロです。
戻したものは
昨夜に食べたものと胃液。
血は ... 、混じっていませんでした。

さて。どうしましょう?

izu_020.jpgお部屋に戻り、一眠り。
その間にこれからの行動計画を
練り直します。
このまますみやかに帰京し
病院へ直行すべきであろう、と。
結論を出しかけた頃に目覚めた
ジジさん、おもちゃ袋から
フリスビーを取り出してきました。
あぁ、よかった。
遊ぶ気力は元気のバロメーター。
この様子なら、すぐに帰らなくてもよさそうです。
ホントに遊べる体力があるのか確認したいところですが、ここは自分の家でありません。
フリスビーでは遊べんのぉ ...
ちっ、ざんね~ん
その落胆ぶりも元気な証拠、ですね。
首都高や東名高速の渋滞、
アップダウンとカーブが連続する海岸沿いの国道135号線、
気温30℃を越える夏の日差し、初めて訪れた部屋で過ごす一夜。
疲れが出たんだね、きっと。
それでも、ゆっくりできる宿のおかげで調子も戻り、
(行動計画は縮小したものの)旅のその後を楽しむことができました。


楽風雅殿のおもてなし、その締めは量感たっぷりの、朝食。
鰺の干物が美味いこと、美味いこと。
昨晩の伊勢エビさんも今朝は味噌汁の出汁となって、再登場。
おかわりしたいくらいだったのですが、もう満腹でダメでした。
浴衣をまとったお箸(手作りの箸袋です)が物語る、楽風雅殿さんの心遣い。
ひとつひとつが美味しい記憶となって心に刻まれた、伊豆熱川の夏です。
izu_017.jpg


今回の旅は、旅慣れぬジジさんの宿泊体験が一番の目的でした。
とはいえ、伊豆は関東一円でも名高い観光地。
楽風雅殿を起点に行ってみた処を次回、紹介してみたいと思います。
一緒に行ったジジ友も、ネ ...



20:26 | ジジの旅行 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
ウブドの森で | top | 楽風雅殿(中編)

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://iggg0721.blog17.fc2.com/tb.php/84-5be79b3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。